FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/30のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/YnVyxpGODU 槍だと袖を前に下げた儘 突きを入れられると言う事かも知れぬし 大袖・広袖装備の場合は脇の隙間を狙うのは困難なのかだが 大鎧では草摺の隙間も狙い難いが 小札鎧ならこの上からの突きでも打撃には成ると言う事だろうか
03-30 08:35

https://t.co/q4oPLmjHPd 南北朝期の胴丸では 草摺は幅広であるから 隙間は狙い難いかも知れぬが 下部は皮札利用では有るだろうが 厚みはこの時点では3mmが二重程度には有るのかだが
03-30 08:58

https://t.co/z2Vjmilmkg https://t.co/z2Vjmilmkg 左の内藤如安の最上胴の板金の壺袖は幅が有るから 前に下げれば脇を保護出来る可能性も有るのかだが 最上胴時代にはこうした物が主流だったのかだが 益田元祥像に有る様な大袖も依然有るのかだが
03-30 09:24

https://t.co/KjMWLRJuJc 佐竹義重の最上胴に付く 丁番が付いている大型の袖も有るが 板札よりコストが掛かるので高級品なのかだが
03-30 09:34

https://t.co/2YRJpDPeK2 当世具足でも清正の具足の草摺は 異様に幅広だが 皮伊予札では防御力は余り無いと言う事なのかだが この幅で鉄製の物は有るのかだが
03-30 09:44

https://t.co/H1bEo3QEEZ 清正の別の具足と https://t.co/eMv8159WqA 立花宗茂の具足の草摺も幅広だが 此れも皮伊予札製と言う事だろうか
03-30 09:48

こうした幅広の草摺は 乗馬戦闘用と言う可能性も有るのかだが 立花宗茂は乗馬戦闘をしている描写が多いだろうか
03-30 10:44

最上胴も 初期の物は雑魚歩兵用の革包胴の伊予札の生産性を高める為 此れを板札に代替した物と言う事は無いのかだが 縅糸を利用した高級品は やや後で出て来たと言う事なのかだが 此れが出た後で革包胴が廃れ 素懸縅に代替されたと言う事なのかだが
03-30 11:47

1520年台後半に片手打より長寸の刀が出て来たが 此れは最上胴の鉄板札に対抗した物なら この時点では騎馬武者にも縅糸利用の高級最上胴が可也普及していたと言う事なのかだが 歩兵用の物の数が出て来た時点で出現した可能性も有るのかだが
03-30 11:51

https://t.co/qm3k6n7Gv9 桶側胴が出る直前段階の最上胴は 左の広瀬美濃守の様なタイプなのかだが 草摺は既に革伊予札と成っていると言う事なのかだが
03-30 13:28

「最低3人の打者と対戦」マイナーで新ルール導入 https://t.co/AWCjTin6wg こうした事で防御率が低下する事の埋め合わせとして オープナー起用が多く成る可能性が高いのかどうかだが
03-30 15:59

対馬守藤原貞重 薙刀 刀身不動明王彫 漆塗家紋入拵付 白鞘 銀ハバキ 刀剣武具 [Ee3UP] https://t.co/di3i3DUoaC 左の不動明王の彫物の有る薙刀は 対馬守藤原貞重の物と言う事なら https://t.co/ZaTm3IK6qX 寛文期の物なのかだが
03-30 19:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10751-63a72507