FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ZVJMRqnJjM 左の前田慶次の陣羽織上部に有るのは 雁木紋なのかだが https://t.co/zN8ewhb96F 雁木的な紋も津軽屏風の袴に書かれるから こうした定番的な紋が陣羽織の下部や上部に入る例も有るかも知れぬが
03-28 11:42

https://t.co/ZVJMRqnJjM 雁木的な部分には前田家の梅鉢紋も入るが https://t.co/q1aYVsdDnT 引両紋に別の家紋が上に入る例も有るだろうが 引両以外では有るのかだが
03-28 11:55

https://t.co/7fJuaXDJZ3 孔雀の羽根の紋が入る籠手の家地も有るが 戦国期にはこうした物は無いと言う事なのかだが
03-28 12:26

https://t.co/kjVwJgvPG9 >忠興は小姓の中島甚之充に命じて名刀・浮股信長を持たせておき、席についた折に傍に置かせたが、取りにくい位置になってしまった。しかし酒肴を運んできた米田宗堅がそれに気づき、うっかり触れた風を装ってさりげなくベストポジションに置きなおした。
03-28 14:05

>まずは一献と酒を注ごうとした忠興は抜刀、脇差に手をかけた義定を抜き打ちに斬り、返す刀で主殿介に向かった。主殿介は逃走したが細川家中の者に討ち取られ、義定は供の侍の手を借りて外に逃げたところで倒れて死んだ。   此れは一色義定は 一撃で即死とは成らず共 致命傷を受けていたのかだが
03-28 14:06

細川忠興も一色義定が鎖帷子を着ている可能性を考慮して 首を狙う等したが 浅く入ったので血が出るのにやや時間が掛かったと言う可能性も有るのかだが
03-28 14:09

居合を重視して小型の肥後拵の一種・信長拵の浮股信長は二尺八分半(63cm)だろうし 通常の刀では回避されていた可能性は有るのかだが
03-28 14:19

上段に対し下段側が下に飛び込んで攻撃する メイヤーの教本の技も有るが 同様の形で組討に持ち込む技も有っただろうか イタリア式剣術でドイツ的な上段に対する場合は下の様な例が多かったのかだが https://t.co/dDZ1Alk42S
03-28 15:54

イタリア式下段から 裏刃で中段からの剣を叩き上げる技も有るが パワー的に厳しいと言う事は無いのかだが https://t.co/m9Aa03OsiF ドイツの下段からの車輪斬りならパワーが上回る例も有るのかだが https://t.co/pIdbX8G14H
03-28 16:46

とは言えドイツ式のロングソードにイタリアの片手剣で対抗するには 鎧で受け流すかハーフソードで受けるのが基本なのかだが
03-28 16:51

https://t.co/MRCDrzTjDa 左のフィオーレのダガーの様に 片手剣を使う側がロングソードを持つ手を掴む例も有るかも知れぬが 絵に有る様に相手も手を使って 此れに対抗する可能性は有る訳だろうか
03-28 16:55

https://t.co/RgI7UToLHx イタリア式鎧でもサレットが利用される例は有るが 開放型のチェラータやバーブートの方が多いと言う事なのかだが
03-28 17:01

https://t.co/xrWz70BpT6 下段から上段のロングソードを受けた後で 組む技は上の物だろうが イタリア式片手剣だとハーフソード或いは甲冑で受けてから組むと言う事なのかだが
03-28 17:32

https://t.co/a4fymDossM 一心流鎖鎌術には 刀を鎌で抑えて屈み攻撃する技が有るが 反撃を封じる為剣を手や鎖で抑える例も有るのかだが
03-28 17:52

https://t.co/rsOudh7Y0u 佐分利流では屈んで刀を鈎で抑える技が 有ると言う事なのかだが 十文字槍等では有るのかだが
03-28 18:11

https://t.co/4r49ObORnZ 佐分利流では膝を付いての斬撃等も有るが 薙刀術や剣術では有るのかだが
03-28 18:25

https://t.co/7llroZg80E 此れは膝を付いての 突きと言う事なのかだが
03-28 18:30

https://t.co/goR5M3i1qM サンロマーノの戦いの絵では イタリア式鎧の足先は板金が有る様に見えるが https://t.co/pDbMhTfxqg https://t.co/xSacW5RXhp 実際は左の様な鎖が多数派なのかだが
03-28 19:50

https://t.co/gJX067dAwj イタリア式鎧とセットで利用される鐙は 足先を幾らか保護出来るのかだが 日本の鐙と異なりパイクの突きは阻止し難いと言う事なのかだが
03-28 20:23

https://t.co/kntzXAp83T https://t.co/gciONPJPYO https://t.co/2elbKDLzCf 左のイタリア鎧は 足先に板金は有るのかだが 足先が保護される鐙が絵で書かれる例は今の所見ないが
03-28 20:35

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10749-3b92c63a