FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

在銘 大身槍 (銘 若狭大掾藤原冬廣) https://t.co/CgxsdQhAL0 笹穂槍ならこうした幅の物は 割に多いと言う事なのかだが 厚みはどうなのかだが
03-21 12:13

https://t.co/hFRQYCz5G2 大型の蜻蛉切でも 重ねは1cmと言う事だろうか
03-21 12:24

☆☆☆☆☆ 九昻 筆 武者図 絹本 / 刀兜鎧武具 https://t.co/5IEMBQ0FqU 立涌紋の入る弓懸も有るが 他の定番的紋が入る例も有るのかだが そうした現物は見ないが
03-21 12:27

https://t.co/ZYXKWCFKdB 立涌紋の入る江戸期の弓懸の現物も有るが 戦国期にこうした物は有るのかだが
03-21 12:42

#4491 在銘袋槍 穂 https://t.co/R1OakqR0ov 銘が樋の中に入る槍も有るが こうした物は戦国期には有るのかだが https://t.co/KDDM0LLID3 景平は寛永期から有るとすると 大阪陣辺りでは樋に銘の入る槍等も有るのかだが
03-21 13:26

https://t.co/ql4aghNkfA 左の様な弓懸も 大型の紋が入る物は具足と組み合わされていない可能性も有るのかだが
03-21 14:26

https://t.co/BibpXudw8J この種の脚への奇襲攻撃で ポイントを可也失っている様に見えるが 下段構えなら防げたのかだが 甲冑相手では無効な攻撃と言う事だろうか
03-21 15:06

イタリア式片手剣も 英のバックソード同様に防御的な構えが主体なのかだが 甲冑剣術ではハーフソードが主体の可能性も有るのかだが https://t.co/dx7WpEDzLo
03-21 16:06

15世紀のイタリア式片手剣では 下のファルシオンと同様の構えの可能性が高いと言う事なのかだが https://t.co/5AWspGmBgQ
03-21 16:32

https://t.co/ajpEqQyXgN ハーフソードでは左では 柄頭側を前にした構えを使用しているが 有効なカウンターは出来ていないだろうか
03-21 17:40

https://t.co/ydIVlHwxvz https://t.co/SV1PO3FOQd 左では柄頭を前にした構えから反転し 勝利出来ている訳だろうか
03-21 17:54

https://t.co/zHcQwf1rfc 左の戦国期の額当に https://t.co/6tmF9lMrpe 左の様な形で裏地と鉢巻が装備されている可能性は 有るのかどうかだが
03-21 22:09

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10742-d7551476