FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/20のツイートまとめ 

boukenkyuu

(7)珍物 これは何?兜割り?指揮棒?采配? 鉄製 お分かりなる方よろしくお願いいたします。約1キロ以上あります。 https://t.co/WxqI5Vv5BX 此れは金砕棒の 小型版と言う事なのかどうかだが
03-20 08:58

Check out YOROI Japanese Samurai Body Armor Red Family Crest iron lacquer Edo era 2138 https://t.co/UoUAeTexDb  こうした横長の紋が上に入る胴と言うのは 戦国期には有るのかだが
03-20 09:11

下の様な槍の防御的構えも 石突側で払ってからカウンターと言うのが基本と言う事なのかだが この構えからの奇襲的な先制攻撃と言うのも有るのかも知れぬが 石突側からの先制攻撃も有るのかだが https://t.co/L9S6snFNFE
03-20 09:58

未知の攻撃を受けたら 攻撃的構えをしている状態ではやられる確率が 防御的構えをしている状態より高く成る可能性も有ると言う事なのかだが
03-20 11:32

https://t.co/r9jEC7SKzy 薙刀の場合中段・下段以外は防御的では無いと言う事なのかだが 下段の方が中段より防御力は無いと言う意見も有るが ここからの先制攻撃には向いているのかどうかだが
03-20 11:36

防御的な構えから 予想外のタイミングで変則な攻撃が出て来ると言うのは厄介だろうし 自分から攻めても高確率でカウンターを受け得ると言う事だろうか
03-20 11:55

https://t.co/DLOyQrJYRm >昔、武士が真剣で勝負をしていた頃の真剣は重かった為、互いに構えた状態が長く続くと青眼の構え(中段の構え)より、下段の構えの方が刀の重さや勝負が長引く時など楽に構えられて有利になることにより、下段の構えで勝負する人が多くいたようです。
03-20 11:56

大太刀や重い長物では 疲労を考慮して特に下段が多いのかどうかだが
03-20 11:56

西欧でも重い板金の腕装甲を装備して 両手剣やハルバード・ポールアックスを長時間使えば 下段的な構えが多く成るのかだが
03-20 12:02

https://t.co/E6VxjgQGlb >長所(1)下段に構えると相手は突かれる恐怖を感じる (2)竹刀の先が邪魔になって打突しにくい 短所 防御の構えとしては効果があるが,攻撃するには竹刀を振り上げるのに時間がかかりすぎる。
03-20 12:27

実戦では脚への攻撃や イタリア式剣術の様に腕を下方から斬ると言う様な事も可能と言う事だろうか
03-20 12:28

イタリア式のこうした下段構えからの 脇への突きは甲冑相手にも使われたと言う事なのかだが 脚より間合いの近いこちらが狙われたのかだが イタリア式鎧の鎖しか無い足先は何処迄狙われたのかだが https://t.co/HsOF0qa1k9
03-20 12:54

ドイツ式だと下段から頭部への強力な斬撃も有るが 甲冑相手ではダメージに成らないだろうが 強力な斬撃なので相手の体制を崩し 其処から隙間に突きを入れる等も可能なのかだが https://t.co/xQJ948L4PI
03-20 13:22

https://t.co/KEjG6ksUug >中段の構えから一度剣先を下げながら打突すると相手は小手、面、突きのどれにくるか読みにくく、「驚」や「惑」を引き起こしやすくなります。剣道ではその一瞬の驚きや戸惑いが大きなポイントとなりますよね。
03-20 14:04

>また、単純に「いくぞ、いくぞ」と意識させた瞬間にパッと足幅を開き、踏ん張るようにして上体と合わせて剣先も下げると、相手は「アッ、くるか」と手元を上げて防御にはいることも多々あります。「小手」もしくは「突き」が有効になるタイミングとなりますでしょうか。
03-20 14:05

剣道で使われる下段は こうした一時的な物が基本なのかだが
03-20 14:05

@cakram_bow https://t.co/BIjtIfsvBU 左の様な形で使われる例が有る様だし https://t.co/nuBP325QCr 槍でも後ろを向いた構えは有るだろうか
03-20 14:52

石突きを前にした構えから脚先を突く技もポールアックスに有るが 剣の下段構えからいきなり突く様な例は有るのかだが 2のカウンター技の様に回避される可能性も有る訳だろうし ドイツ式鎧の足先には板金が有るだろうか https://t.co/T0VGw1iIUs
03-20 15:03

スピェードの基本と言う下段構えだと石突では無く 穂が前に有るが 枝を多用する故なのかだが https://t.co/vB39BXOjjo
03-20 15:12

脳を急速に進化させる様な ゲッター線的な磁気が有ると言う可能性は果たして有るのかどうかだが
03-20 15:42

ファルシオンで下段構えから カウンターで腕を下方から斬る攻撃も有るが 右の様に腕を引いて此れを上手く回避出来るのかどうかだが 板金鎧相手にはダメージは与えられないだろうが 腕の動きを一時的に鈍らせる事なら可能なのかどうかだが https://t.co/H4nYqfNLCM
03-20 16:57

板金鎧相手でも 下方からの斬撃で腕に衝撃を与え動きを鈍らせた後 脇等に突きを入れると言う事は 可能なのかどうかだが
03-20 16:59

馬上でも防御的な下段の構えが有るが 下の様なカウンターを受け得ると言う事なのかだが https://t.co/8i84GMHzyL
03-20 17:14

https://t.co/MS8I3KY8l8 ロングソードの試合でも中段構えが基本だろうが 剣を上下に動かしている例も有るが
03-20 17:24

https://t.co/dd6eBtXMlo 左では防御的な冠の構えから 奇襲攻撃をして命中させていると言う事なのかだが
03-20 17:28

下の冠の構えよりは やや低いかも知れぬが 下段では無いがカウンター狙いの構えと言う事かも知れぬが 上では此処から奇襲効果を狙ってか 先制攻撃をしている訳だろうか https://t.co/MJ2kFi8ONZ
03-20 17:38

冠の構えを打ち破る技も有るが 此れでの攻撃は簡単に通用しないと見たからか 行わなかったと言う事なのかだが https://t.co/NGzcX1GyaG
03-20 17:49

冠の構えをしている側は 剣を上げて突きを下に向けられない様に対処する事も出来るだろうが 此れに対し剣を引いて下を攻撃すると言うのは 必ずしも上手く行くのかだが
03-20 17:56

冠の構えをしている側は 下のAタイプの防御の様に 鍔を横方向に動かせば突きは逸らせる可能性も有るだろうし 引いて下方向を狙う事も困難と成る可能性は有るのかだが https://t.co/iYLikDiOx3
03-20 18:17

関東の騎馬武者でも1備単位以上の同時乗馬突撃は無いと言う事なのかだが https://t.co/rXvFBDbdJB 敵の先手衆等の前衛が物量の差等で 射撃戦で崩れれば味方前衛部隊の騎馬武者は ほぼ全てが同時に突撃した可能性も有るのかだが
03-20 18:29

物量差等で敵前衛部隊が短時間で敗走し 此れを見た敵全軍の士気が低下し浮足立ったと見たら 本陣備を含む後方の残りの騎馬武者も 一斉に乗馬突撃した可能性は有るのかだが
03-20 18:38

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10741-23996407