FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

Check out Japan Antique edo case yoroi Ninja secret bag katana Kabuto Armor samurai Busho https://t.co/oAaL1z7D57 こうした鎖が有る袋で 中身を保護していた例は 戦場や忍者等で有るのかどうかだが
03-19 11:03

https://t.co/blAqPst7DW こう言う馬鎧だと 布の部分には板金は無いと言う事なのかだが
03-19 12:33

https://t.co/yvECgYP1wv フルプレートを装備して 隙間への突きを防護しカウンターと言う構えなら 中段的な物と成るのかだが 脚内側の隙間は右脇より後方に有るから 右脇の防護が優先され 此処を護り易い高さの構えに成る可能性も有るのかだが
03-19 14:14

イタリア式剣術では下が基本的な構えなのかだが 甲冑剣術では脇の隙間をあえて狙わせてカウンターと言う構えなのかだが チェラータ兜装備では顔も狙われ得るのかだが https://t.co/3dZAEnkZqw
03-19 14:19

イタリア的な甲冑剣術では 片手剣のハーフソードが基本かも知れぬが 此れも下向きに構えて脇の隙間を狙わせ カウンターを掛けていたのかどうかだが
03-19 14:24

ハーフソードでもドイツ式に同種の下向きの構えが有るが イタリア式には何故か無い様に見えるが https://t.co/5IXGyUCyK2
03-19 15:31

イタリア式で防御的なハーフソードの構えの場合は剣先は下に下がるが 右前と言う事なのかだが https://t.co/cPBwRI16l2
03-19 15:41

こうしたイタリア式の背中を向けた構えと言うのは 何処迄使われたのかだが https://t.co/tmfikP9fkN
03-19 15:45

ハーフソードではイタリア式でもこうした攻撃的構えが主体なのかだが https://t.co/oH61F0D90H
03-19 15:55

下の何れかの構えをし脇を狙わせて カウンターと言う例もイタリアでは多い可能性も有るのかだが https://t.co/AI9BSUj626
03-19 15:59

そうした防御的な構えからカウンターを出すと見せて 奇襲的に先制攻撃をすると言う方向も有るのかだが そうした攻撃が有ると見せれば 迂闊に攻撃は出し難く成ると言う事だろうか
03-19 16:41

イタリア的下段構えからの先制攻撃と言うのは 一応有る訳だろうし イタリア人同士ではこうした攻撃が多用されたのかだが https://t.co/Gr4xDuVO7v
03-19 17:19

ハーフソードの後ろ向きの構えからのカウンターは 下の様な物だが イタリアでは右の鉄の門の構えは 片手剣が基本なのかだが https://t.co/LMGQAcKCxe
03-19 17:24

右の攻撃を誘発する為の腕を上げた構えは 基本には無い物と言う事なのかだが https://t.co/lA21R8dZXt
03-19 17:27

第三の構えと言うのは切っ先は下を向いていると言う事では無いのかだが こうした腕でのブロックは 装甲が一定以上無いと困難と言う事なのかだが https://t.co/ku3OnbbKl5
03-19 17:40

人間の「第六感」 磁気を感じる能力発見 東大など https://t.co/00isHcDAPH 脳が感知していたとしても 此れを感じる事は常人では困難と言う事なのかだが
03-19 18:24

>昔、「縄文人遺骨の鼻には鉄分が多く集まる所があって、その鉄分が磁気を帯びていた。多分、地磁気を感じる能力があったのだろう。」と言う話を聞いた事がある。   現代人は鼻に鉄分等は 無いと言う事なのかだが
03-19 18:26

地磁気より強力な磁気なら 常人でも感じられる可能性も有るのかも知れぬが 宇宙の強力な磁気等が 思考や感覚に強い影響を与える可能性は有るのかだが そうした影響からガンダムのニュータイプ的な物迄は出得るのかだが そうした物が出る前に生身の脳が使われなく成る可能性も有るのかだが
03-19 18:31

微弱でも特定種の磁気は感知出来る人間等は 果たして居るのかどうかだが
03-19 18:55

槍だと後方を向けた構えが 2種類有ると言う事なのかだが https://t.co/ZYn9YgpL9K
03-19 20:32

他にも防御的な構えは有るが 騎士が短槍を果たして利用したのかだが https://t.co/HigKiPQDML
03-19 20:35

ポールアックスの下の構えは 相手の武器を叩く事を重視しているなら カウンター用の構えと言う事なのかだが https://t.co/84f7VXgwDD
03-19 20:41

清水寺縁起絵巻の下の大太刀は 刃長160cm程度なのかだが 刃長150cm台の物なら太平記では 腰に装備されていると言う事だっただろうか https://t.co/GRJKuusvut
03-19 22:19

https://t.co/X9ykDsYHCZ >特に原田宗時と後藤信康の二人は特に目立ち、長さ1間半(約2.7メートル)もの大太刀を金の鎖で肩から下げ、地面にとどきそうであった。  馬上で肩に装備する物では 2.7m等の例が有るのかだが
03-19 22:27

https://t.co/4zQhZzCJAj 左の様な形で2.7mの太刀は 果たして背負えるのかどうかだが
03-19 22:31

原田宗時と後藤信康の2.7mの太刀は 実戦使用は無いと言う事なのかだが 本物の刀では無い可能性も有るのかだが
03-19 22:41

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10740-0430abca