FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/v3a3PTz6jA 平治物語絵巻の左の場面では 太刀を片手抜刀している可能性も有るのかだが 左に弓を持つ状態でこうした事が行われた例も有るのかだが
03-18 12:35

https://t.co/ZxvWZFfRbZ ロングソードでこう言う技は見ないが 受けた直後に突く或いは横方向に斬ると言う例が多いだろうか
03-18 12:49

甲冑相手だと胴の斬撃は無効だろうから 受けてから脇や草摺・脚内側の隙間を突くと言う方向なのかだが 相手の剣を抑えつつ行う例も有るのかだが
03-18 12:52

受けた直後なら敵の武器の速度が低下している例が多いだろうし 敵の武器を掴んでから甲冑の隙間を突くと言う様な例も有るだろうか 日本の剣術でさえ受けて剣が止まった直後に刃を掴んでいる例も有っただろうか
03-18 13:01

イタリア式鎧では左の掌に鎖が有る例が有るだろうし 敵の刃が高速に動いている状態でも掴み得るのかだが
03-18 13:04

https://t.co/D9UcjfNl4V >相手が突いてくるところを左右どちらかに体さばきを行って空振りさせ、相手が竹刀を手元に引き戻す前に面に打ち込むという技です。上段に構える選手が中段から突きを放ってくる相手に対して使うことがよく知られていますが、相中段でも同じことができます。
03-18 15:14

>可能な限り、首をひねってかわすのではなく足さばきで最低限の距離を移動することで相手の突きを引き付け、隙をつくりだすよう仕向けるのがポイントです。   突きの多い甲冑剣術では こうしたカウンターも多いのかだが 反撃は甲冑の隙間への突きが多く成る訳だろうか
03-18 15:15

https://t.co/MmJ8GusQPM >突き返し面 >剣道で、突きを打ってきた相手の竹刀を自分の竹刀で受け止めて、すぐに面を打つこと。返し技の1つ。  https://t.co/iUd62LKi6r 此れはロングソードにも 類似の技が有るだろうか
03-18 15:24

https://t.co/675MQepMA8 >剣道の応じ技のなかには、「かわす」「返す」「打ち落とす」といった動作のほかに「相手の攻撃の軌道をそらす」という系統の技法があります。そんな技のなかでも鎬(しのぎ)を使って相手の打ち込みをそらすのが「すり上げ技」です。
03-18 15:39

ロングソードにもこの種の技は有るが https://t.co/APjq0B4uuK >「突きすり上げ面」、などがある。  突きをすり上げる技の動画は今の所見ないが
03-18 15:42

https://t.co/ztYAGO3yfE イラストは有るが ロングソードでは基本的な技だろうか
03-18 15:44

https://t.co/yjm8U9yz83 こう言う連続攻撃も ロングソードには有るだろうか
03-18 15:47

https://t.co/lZLzyfkt25 >突き打ち落とし面相手の突きを打ち落とし、そのまま面へとつなげる技です。相中段でも可能な技ですが、特に上段に構える選手が中段から突きを放ってくる相手を迎撃するのに使うことが知られています。その場合は、片手ではなく諸手での打ち込みになります。
03-18 16:14

鎬で逸らせるのでは無く こうした刃部で打ち落とす技もロングソードには有るだろうか
03-18 16:14

https://t.co/Cwbo8sIXQt こう言う下方からの斬撃では 筒篭手相手では打撃は与えられない可能性も有るのかだが
03-18 16:56

https://t.co/9GuUzcjjYD 鍔が長いロングソードでも 意外とこう言う技は見ないが
03-18 17:05

鍔で指を叩いた方が効果的と言う事は無いのかだが ゴシック鎧等の非ミトン式の籠手の指なら 大太刀の鍔で叩けばダメージを与えられる可能性も有るのかだが
03-18 17:13

https://t.co/61KaH4oEVv タールフォファー教本では 確実にミトン籠手を装備している様な例は見ないし 籠手が無い例さえ有るだろうか
03-18 17:27

https://t.co/VX6MOPG6ll 16世紀後期のこういう剣なら 護拳が有るから正面からの打撃は困難だろうか 16世紀の鹿島新当流から鍔を掛ける技は有ると言う事なのかだが
03-18 17:39

https://t.co/2Fek5ZJvAL 16世紀後期のこう言う剣と非ミトン籠手なら 左側から指を打撃され得るのかだが
03-18 17:49

https://t.co/IwcpqFzJtt 此れで甲冑の右脇部の隙間を 突けるのかどうかかだが
03-18 18:38

此れも片手抜刀を準備していると言う事なのかだが 敵と接近しているが弓も幾らかは使うチャンスが有ると見ているのかだが https://t.co/J92fR4tXYN
03-18 20:23

フェイントに掛かったと見せて動くが 次の動きに対するカウンターを掛けると言う様な技も漫画等で有るだろうが 現実には何処迄使われるのかだが
03-18 20:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10739-0457a4f4