FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/16のツイートまとめ 

boukenkyuu

珍品 江戸期 極太 総螺鈿柄槍柄拵 石突付 全長286㎝  https://t.co/msy9nOB5Hb 緑色の部分は 青漆なのかどうかだが
03-16 08:28

https://t.co/OKCzuTt8aH 近藤勇の屋内戦に適した 左右の手の間隔を開けずに持つ刀の握りは 他者も行っていたと言う事かも知れぬが 屋外の密集しての乱戦時でも利用されたのかだが 攻城戦ではそうした密集戦は多いと言う事なのかだが
03-16 08:55

https://t.co/DXQdglohZo 一貫巻等の中央が平坦な柄巻は そうした左右の手を付ける握りには適していないと言う事なのかだが 実戦用としては何処迄使われたのかだが
03-16 08:57

屋内戦だとハーフソードや 敵の装甲の装備で突きも多くは成ると言う事なのかだが 沖田総司等は長く持っての突きを多用していたと言う事なのかだが
03-16 09:59

https://t.co/shAwUaARdc >実はこの握り方は、手首の自由度が生まれ、非常に実戦的な握りであることが分かっています。   開けた場所でも間合いの近い時は リーチより柔軟性を取る為に 左右の手を付けて持つ様な例と言うのは有るのかどうかだが 接近戦を好む者は此れを多用したのかだが
03-16 11:00

沖田総司等もそうした接近戦に対して 長く持って高速で連続突きをする事で 接近をし難くしていると言う可能性は有るのかだが 斎藤一は片手で持つ事で間合いを長くしていると言う事かも知れぬが 高速の連続突き等はしているのかだが
03-16 11:09

ロングソードも左右の手を付ける持ち方が有る様だが 教本では基本的に離している様にも見えるが https://t.co/qafct5rOwS
03-16 12:40

https://t.co/iWbWZKT4oF タルフォファー教本だと 左以外は左右の手は付いていない様に見えるが 他の絵と比べ柄の短い剣だからそう成っていると言う事かも知れぬが
03-16 12:46

柄頭は握っていないと言う意見も有るが https://t.co/Prhyd8tTdX タルフォファー教本の左の場面では握っていると言う事なのかだが
03-16 12:48

https://t.co/JwqPy3roA9 メイヤーの教本でも 柄頭は握られている様に見えるが
03-16 12:53

https://t.co/JwqPy3roA9 後ろに居る者は 柄頭は握っていないし 握る例と握らない例は有ると言う事かも知れぬが 左右の手を付ける握りは柄の長い剣では果たして有るのかだが
03-16 12:54

「チャギントン」5億円で“実車化” 岡山の目玉に! https://t.co/gc9Ly0IsK4 目もマジックミラー的構造で 窓に入れられる可能性も有るのかだが
03-16 13:10

https://t.co/RTOIjuvXj0 左のロングソードの試合では 柄頭部分を持っているだろうか
03-16 13:28

こうした変則な握りもかぶせ握り同様に一時的な物であり 基本的な構えが主体で局面に寄り変更されていたと言う事なのかだが https://t.co/5H29hLyaAO
03-16 17:25

https://t.co/eoJiV3Ju64 こう言う桃型兜で 雑賀的な鋲が有る例も有るのかだが
03-16 18:54

https://t.co/5TNaiVF7nj >例えば、武田家臣・岡部正綱や小田切民部少輔に出された軍役定書には、「馬介(鎧)法の如く足るべし」とあります。また、安堵された土地が20~30貫文の者には、黒付朱紋金の馬介を、30貫文以上なら金の馬介を義務付けられています。
03-16 20:40

黒付朱紋金の馬介と言うのは https://t.co/BEgFK7K0XL 左の最上屏風に有る様な 金地で黒+朱の紋の入る馬鎧なのかだが 偉い者は金色だけの物を利用するのかだが
03-16 20:43

長谷堂合戦図には赤い馬鎧も有るだろうし 黒い革の様な物を被せたらしき物も有るが こうした者は士大将で無く共装備出来るのかだが
03-16 20:51

https://t.co/J6b2eA91I0 伊達政宗が洛中を行軍した際には >馬には豹・虎・熊の皮の馬鎧を着せ、尻尾にも飾り物。 左の様な馬鎧を装備しているが こうした物は士大将用と言う訳でも無いのかだが
03-16 20:52

https://t.co/J6b2eA91I0 >鉄砲、弓、槍の足軽は1メートルの金のとんがり笠、具足には黒漆の地の前後に金星。  足軽胴は雪下胴よりかなり軽い五枚胴或いは最上胴的な物で 前後に紋が入ると言う物なのかだが
03-16 20:58

https://t.co/gquYy3uCGq その際の足軽はこんな重装では無いだろうし 槍侍でさえ袖や筒脛当等は無いと言う事なのかだが
03-16 21:02

足軽の1mの金のとんがり笠と言うのは 紙或いは網笠的な物と言う事なのかだが
03-16 21:06

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10737-f2751438