FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

前立て 銀製 兜 ◇◎ https://t.co/62oondiWOX 複雑な紋の入る扇前立は 江戸期の物なのかだが
03-14 10:53

この布が出ている佩楯は 大阪陣迄の物なのかだが https://t.co/qLahqmtPXP
03-14 11:17

https://t.co/y4amSyXZEp+ 西欧の16世紀のこう言う切っ先の剣では    https://t.co/p9HJCuhOXF 左を見る限りリベット留め鎖は貫通出来ないのかだが 日本の非リベット留めの鎖は貫通するのかだが
03-14 11:40

https://t.co/pGixQEuqrd 16世紀後期でもハルバードの先端部は依然尖る物も有るから 此れはリベット留め鎖も貫通すると言う事だろうか
03-14 11:47

https://t.co/c2TobcKYKs 17世紀のハルバードの代用品・スプントーネ程度の切っ先でも https://t.co/RyOlyENlIp 左を見る限りリベット留め鎖は貫通するのかだが
03-14 11:52

https://t.co/WGF4OCJWr2 左の切っ先と同程度の鋭さの物は日本の槍には余り無いが https://t.co/dijMKYurOy 左程度の長さ・切っ先の物なら重さで貫通出来る可能性は有るのかだが
03-14 12:05

日本の非リベット留めの鎖なら 通常の槍でも貫通する可能性は有るのかだが 刀ではどうなのかだが
03-14 12:06

https://t.co/aFbiIQQ7Lv 薙刀や長巻にはスプントーネ程度に鋭い切っ先が有る例も有るが 湾曲を考慮するとリベット留めの鎖は貫通するのかだが
03-14 12:14

https://t.co/wczcPl8bFh 真柄直隆の物の可能性の有る 永正期の大太刀には刃毀れが妙に有るが 此れが本物の可能性も有るのかだが 1521年迄でもこうした直線的な物が有るのかだが 刃長186cmのこうした物で突けばリベット留めの鎖も貫通するのかだが
03-14 14:31

真柄直隆が使用したかは別として 刃長186cmの大太刀を此処迄刃が溢れる迄使いこなしていた者が 居たと言う事なのかだが
03-14 14:32

https://t.co/D4Yy7woRJF 通常の刀でも 此処迄刃が溢れても薄い部分が破損したと言う事だろうから そう簡単には折れないと言う事なのかだが
03-14 14:50

https://t.co/oDmaOJNA9g 山南敬助の折れた刀と言うのは 刃長86cmも有るから パワー故に負荷が掛かって折れたと言う事なのかだが 他の刀は折れて迄はいない訳だろうか
03-14 15:22

倒した相手は折れた時点では恐らく居るだろうし 味方の予備の刀が無いとすると 山南も倒した者の刀を奪って反撃していたのかだが 奪う迄は2刀で勝負した可能性は有るのかだが
03-14 15:25

或いは86cmの大太刀並みの刀とは別に 通常サイズの刀も携行していた可能性は有るのかだが
03-14 15:27

https://t.co/gcGmSv08Fz こう言う17世紀後期には有る 格子鎖の多い鎖帷子は 鎖帷子が多用されたと言う島原では利用されたのかだが
03-14 16:29

https://t.co/ypuONqaw2L >島原の乱に出陣した熊本藩主細川忠利(ただとし)の正月24日付(寛永15)書状に「一たゝみ具足、又くさりかたびらは数可有之候」とあり、当時盛んに着用されたことをうかがわせる。  畳具足も島原では有るが 上半身はカルタ金が有る物が基本なのかだが
03-14 17:12

https://t.co/xPIYOOnKb6 畳具足の場合 最低でもこの程度のカルタ金は有る可能性も有るのかだが
03-14 17:23

https://t.co/omK94UKmhn 真田信綱の刃長103cmの 刃毀れの有る大太刀も有るが 長さからして槍に斬り込む為の物では無いと言う事なのかだが
03-14 22:58

刃長186cmの真柄太刀は7.1kgと有るが https://t.co/wT3weUwauU 鉄腕ゲッツのツヴァイハンダーは7kgと有るが 騎士がこんな物を使用していたのかだが 下馬戦闘時に槍に切り込む為に利用していたのかだが
03-14 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10735-81bc1d12