FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/ZBp16L1qoF 竹の枝と言うのも 特段切断し難い物なのかどうかだが
03-12 09:50

https://t.co/PMiteUILSx  https://t.co/ZFguWCJYu5 左の復元された明の綿襖甲の首装甲は清形式の物の可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが
03-12 10:04

https://t.co/MsuoDuJ0z8 オランダ人の描いた 鄭成功の鉄人兵にはそうした首装甲が有る様にも見えるが 此れは女真族の指揮官の装甲を参考とした物だっただろうか
03-12 10:59

https://t.co/aUFeWeXiWc 一方でサルフの戦いの絵の明軍の兵には首装甲は無いし https://t.co/4FbemFucQg 後金の兵にさえ無いが 此れは明形式の絵故の可能性も有るのかだが
03-12 11:09

https://t.co/VkH6AzNAtn 絵の狼筅は踏み付けられるのを警戒してか上に構えられているが 枝は余り無いが 下から出来るだけ前に飛び込んで 下から幹部を切断と言う様な戦術は取られたのかだが こうした事をする場合左右からの援護が無いと やられ得るだろうか
03-12 11:12

こうした陣形も火器で幾らかは崩されていたのかだが 焙烙玉迄は投げ込まれていたのかどうかだが
03-12 11:15

https://t.co/2koyKSepWg 明綿襖甲の腕の装甲も長物を構えた際の裏篭手は上部に来るなら 槍の上方からの打撃を防げないと言う事なのかだが 日本軍は槍の打撃を多用しているから 此れで腕がやられた例も多いのかだが
03-12 11:31

枝や鍵の無い槍でも 棒術的に脚を掛ける技は有ると言う事なのかだが https://t.co/WE5fpYbEns
03-12 12:40

此れは膝の隙間を突いている訳では無く 装甲の上から打撃しているのかだが https://t.co/4FoA6arnd5
03-12 12:41

此れは石突の突起部分で掛ける技なのかだが 戦国期の槍に此れは有るのかだが https://t.co/rYFvv2JIT4
03-12 12:42

此れは鍵と地面を利用して 槍を抑える技なのかだが 引いて脱出される可能性は有ると言う事なのかだが こうした形で抑えてから相手の槍を踏むか掴んで拘束し 自らの槍で攻撃と言う様な物は有るのかだが https://t.co/axy1VshTJs
03-12 12:52

此れはウェルシュフックにも 類似の技が有っただろうか https://t.co/qLnMcZp81j
03-12 12:55

https://t.co/NuzAb8n48U 左では下方で槍を抑えた後 外して通常の斬撃をしているだろうか
03-12 13:18

【昊】武具 梨地金蒔絵唐草丸に剣片喰家紋入槍拵 外装 刀装具[KN32Js] https://t.co/I19jOLCwfc こうした房は 実戦を想定している物なのかだが
03-12 14:13

ウェルシュフックの場合は 鍵を滑らせて手を攻撃すると言う事だろうし 鍵と先端部の距離が短いから 滑らせて首等は突けぬと言う事だろうか 鍵付き大身槍や薙刀の場合は首以外に 脇や草摺・脚内側の隙間迄鍵を滑らせて突け得るのかだが https://t.co/7sR8VDArlF
03-12 14:40

十文字槍も鍵と先端部の距離が短いなら 同様に滑らせては手以外狙い難いのかだが ハルバードやパルチザンの槍部分の長い物なら 脇の隙間程度は突けるのかだが
03-12 14:41

https://t.co/LPp89heN50 佐分利流の槍の場合は先端から鍵迄の距離は 75cm有るが ハルバードやパルチザンでこうした物は有るのかだが
03-12 14:45

https://t.co/aLqU9y5amW 刃長30cm程度の大身槍でも 鍵と先端部の距離は70cm程度は有るのかも知れぬが 通常の穂の物では此処迄は無いのかだが
03-12 14:50

https://t.co/DvCmCk7ryk この場面では一度目は斬れていないが こうした枝付きの物に慣れていない故なのかだが 二回目ではほぼ抵抗無く切断しているが 狼筅の枝は左の竹と同程度には有るのかだが
03-12 16:00

倭寇は大太刀利用が多いなら 更に切断力は増していると言う事だろうか
03-12 16:02

https://t.co/OlvNBSIFqG 左の様な物では 穂先の重量で動きが更に鈍っているとすると 下から大太刀では容易に切断され得るのかだが
03-12 16:12

他の者が十文字槍や鍵槍を枝に掛けて 上に持ち上げればしなって 前に突破される可能性も有るのかだが 熊手でも同様の事は可能だろうか
03-12 16:42

敵の数が多い場合は 余り踏み込まず少しずつ幹部を斬り 徐々に短くすると言う様な方向も有るのかだが
03-12 17:18

狼筅が大量に有れば サルフでの後金騎兵の下馬突撃は阻止出来たのかだが 近距離からの弓の射撃でやられたり 槍で持ち上げて突入される等の対処をされた可能性も有るのかだが
03-12 19:51

水野勝成の様に備の指揮官が最前列で白兵戦をしている場合 士大将の護衛歩兵は何処に配置されるのかだが 持槍装備で持槍足軽の後方に配置されると言う可能性は有るのかだが 長巻兵は乱戦に備えて 最後尾に配置され 槍衾に斬り込みは無い可能性も有るのかだが
03-12 22:43

士大将の護衛歩兵も乱戦に備えて 後方に配置される可能性も有るのかだが
03-12 22:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10733-e725e9dd