FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/nPvJW4EUyo >『見聞雑録』では槍を上手く扱えない雑兵に与えられたと記載されている。  とは言え津軽屏風で家康の前面に居る長巻兵は 雑魚では無いだろうし 槍兵が崩れた或いは敗走した後 敵の乗馬追撃や突撃を主に止める為の物と言う事なのかだが
03-11 10:42

三方ヶ原や天王寺口でも そうした長巻兵が武田軍や真田軍の乗馬追撃を幾らかは遅らせて 家康脱出に貢献していた可能性も有るのかだが
03-11 10:48

長巻も馬を斬るのが主体とは言え 乗馬した騎馬武者や歩兵の武器との戦闘も考慮していれば 鍵は有る可能性も有るのかだが
03-11 10:50

https://t.co/u4UlKeeeAM 片山一文字等の上杉神社の3本の長巻は 刃長80-95cmだが 歩兵用の物もこうした物が主流だったのかどうかだが 大永ー天文頃の物と言う拵には何れも鍵は無いが 16世紀後期の物には有る可能性も有るのかだが
03-11 11:41

3本共刀身は鎌倉期の物の様だが 戦国期の物も同程度のサイズの物が使われていた可能性も有るのかだが
03-11 11:54

こうした高級品の長巻にさえ鞘は無く 津軽屏風の様に鞘は装備せずに携行していたのかだが 大身槍や大太刀には鞘が有る例を考慮すると 高級品には鞘が有る可能性も有るのかだが 大太刀等と同様に打撃力を考慮して目釘は銅製なのかだが https://t.co/Pwl4SRaP3V
03-11 12:17

最大級の大長巻等が有るとしても 刀身は大薙刀同様の180cmは有るのかだが https://t.co/AHZOCmKgNc >太平記には「柄五尺(約150cm)、刃五尺の備前薙刀」という記述が見られ、約150cmもの刃渡りの薙刀が描かれている。  こうした柄と刃が同寸程度の物は長巻の可能性も有るのかだが
03-11 12:22

https://t.co/AHZOCmKgNc >大薙刀は大太刀に対抗するように出現し、同じように流行が終わっている。[22] 南北朝時代で流行は終わったが、中には大太刀と共に室町時代まで流行したとする説もある。[23]
03-11 12:26

大太刀や大薙刀も 室町期に3m超の槍衾が出現し 此れに対抗困難と成って廃れたと言うのが通説なのかだが 以後は真柄直隆等の極少数の腕力の有る者が利用したと言う事なのかだが 通常の長巻は槍衾に対抗する為では無いが 指揮官の主に騎兵からの護衛用に残ったと言う事なのかだが
03-11 12:29

https://t.co/mtYm0bRXfQ >一方で、雲泉太極の『碧山日録』には、「東陣に精兵の徒300人あり、足軽と号す。甲(かぶと)を擐せず、矛をとらず、ただ一剣をもって敵軍に突入す」と記され
03-11 12:33

槍衾登場初期にはドッペルゾルドナーの様に 此れに刀で斬り込む兵も居たのかも知れぬが ドッペルゾルドナー同様に効率が悪いと見て廃れたのかだが
03-11 12:34

そうした後でも真柄直隆・最上義光等の一部の腕力の有る者は 大太刀や金砕棒等を利用していたと言う事なのかだが
03-11 12:36

馬が無い様な士弓組も 弭槍で戦闘していたのかだが 弓足軽と異なり 乱戦では弭槍と刀の二刀流等も有るのかだが https://t.co/LYZv95EBmo 左の足軽は弓を只持っているだけだろうか
03-11 14:39

「鑓脇射様」(矢頃の事) - KenさんのBLOGS  https://t.co/N7rL8tdbdY >味方が推しているときは相手の射手を狙い,自分が推されているときは,相手の鑓を狙います。   現実には射撃を受けている状況では 敵の射手のみ攻撃し 敵の射手壊滅後は槍兵を狙っていた可能性も有るのかだが
03-11 15:07

黒田屏風の家康・秀忠周囲の 刀が主武器の護衛歩兵は 多数の敵との乱戦を考慮して 二刀流を利用出来る者が多かった可能性は有るのかだが 通常の備指揮官の護衛歩兵はどうなのかだが https://t.co/r6aaYfSEKc
03-11 15:38

長巻兵が乱戦で 長巻・長刀の二刀流をした例も有るのかどうかだが 持槍足軽なら持槍と長刀の二刀流程度なら 鍵槍が使える様な者なら有り得たのかだが
03-11 15:43

天王寺口で家康の護衛歩兵がそうした二刀流で 真田軍の追撃を可也遅らせていた可能性は 有ると言う事なのかどうかだが
03-11 15:49

上杉神社の長巻(片山一文字)の天文期迄の石突は 薙刀と同様の物と言う事なのかだが 鍔は大太刀にも使われる様な 軽量化が考慮された物なのかだが https://t.co/uG9zOEnLnj
03-11 16:18

長巻とツヴァイハンダーでは 長巻はリーチは90cm前後だろうが 操作性はツヴァイハンダーより上で 柄の切断も茎と補強で困難と言う事なのかだが 柄で掛ける攻撃も可能と言う事だろうか 鍵装備の物は此れで掛けたり受ける事も 可能と言う事だろうか
03-11 19:15

https://t.co/X8oLC4L3dR 左の様な鍵で相手を掛ける場合は 長く持つか 逆に刃の無い鍔元部を持って掛ける例も有るのかだが
03-11 19:20

マンモスの細胞核、死んでなかった 近大「復活」に前進 https://t.co/JuOagoRLjW とは言え可也高性能のAI等での遺伝子修復が 必要と成る可能性も有るのかだが
03-11 19:50

https://t.co/r2UfORpa21 >細胞を大量に解析して重ね合わせれば元のDNA手に入らないの   こうした事はAI等の支援で 出来るのかどうかだが
03-11 19:52

こう言う鍔装備の四方鍵が 長巻に付く例は有るのかだが https://t.co/h4L1Rqdgxd
03-11 20:30

塚原卜伝が刃長3尺の大太刀で 薙刀の柄を切断したなら 同程度の刃長の長巻でも可能と言う事なのかだが
03-11 21:48

https://t.co/qU5OhCj240 モンゴルにこうした鎧は有るのかだが 鉄札利用の指揮官用の物なのかだが https://t.co/0Nh9hfmbhC 左だと似た物が 革製と言う解釈で作られるが 果たして革なのかどうかだが
03-11 22:47

https://t.co/ZRP3h9mLdq 左のラシードゥッディーンの集史の絵の鎧だろうが ペルシャ形式の鎧の可能性も有るのかだが
03-11 22:49

https://t.co/xEfxS3pQbu こうした形で騎馬武者が突然モンゴル軍の槍でやられた例は 果たして有るのかだが 薙刀で柄を滑らせて突く事は無く 房飾りで撹乱された例も有るのかも知れぬが 歩兵の槍に房は果たして有るのかどうかだが 蒙古襲来絵詞にも房の有る槍と無い槍双方が書かれるが
03-11 22:57

モンゴル軍側は宋等の大刀には慣れているとしても 大量の薙刀や両手持ち刀で斬り込んで来る攻撃には 何処迄対応出来たのかだが
03-11 22:59

https://t.co/qG7wYcheLq 左の槍には房飾りが有るし 方天戟的な物も有るが https://t.co/iCyPPPEwbu 左の場面の槍には房は無いだろうか
03-11 23:12

https://t.co/hjFpLYID38 他の場面では房の付く槍が基本的に有ると言う事かも知れぬが 歩兵用の槍には何処迄装備されたのかだが 明時代の絵では無いと言う事だろうか
03-11 23:13

方天戟や大刀と言うのは 数は余り多くは無いと言う事なのかだが
03-11 23:15

宋の戦闘用槍の柄には硬質の樫材等が使われるなら 槍は余りしならず房での撹乱効果は 限定されていたと言う事なのかだが
03-11 23:17

日本側が槍の柄を滑らせての攻撃や密集陣形に慣れた後は 倭寇の攻撃の様にソケット式の槍が切断されて やられていたと言う事なのかだが
03-11 23:32

円盾兵もこの時点で交じるかも知れぬが 斬り込み阻止に戚継光の狼筅の様な物が利用されていたと言う事は そうした物が無い状況では彼等もやられていたと言う事なのかだが
03-11 23:34

狼筅も重いと言うから 掴まれた後踏みつけられて 突入を許すと言う危険も有るかも知れぬが そうした攻撃は受けていたのかどうかだが
03-11 23:43

狼筅を上に上げたとしても下から踏み込まれて 突入されるか 完全に突入出来ず共根本の太い部分は余りしならず切断可能だろうから 此処を斬られた後突入される危険も有るのかだが
03-11 23:53

https://t.co/P1f8t6yH87 太い部分はこうした形で 切断され得るのかだが
03-11 23:54

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10732-84763749