FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/07のツイートまとめ 

boukenkyuu

黒田屏風の右の井伊直孝隊は 赤備えでは無いが 乗馬した騎馬武者が戦闘しているが 左の毛利勝永隊の前衛の敗走した部隊を追撃していると言う事なのかだが こうした騎馬武者は前列より後方に配置されていた者なのかだが https://t.co/r6zA5q1sVL
03-07 09:23

https://t.co/u1HPv2U7ve 長い毛の有る袖は 大阪陣迄の物なのかだが
03-07 10:59

☆[時代物 薙刀 ナギナタ 無銘 錆身 拵付 金蒔絵唐草桔梗紋 家紋 全長227cm 登録証有]武具刀 装具 鍔 https://t.co/WwhHqe0RLD それなりに長い房が有るが 撹乱に使える程度の長さなのかだが この位置だと短く持った時に手に干渉する可能性は有るのかだが
03-07 11:29

https://t.co/P1ek8GKScg 左の黒田屏風の十文字槍の房の位置は 槍印の有る部分なのかだが
03-07 11:46

https://t.co/rZaWkvgXJX 川中島合戦図の備えに有る様な 備の後方に配置される馬の近くに居る騎馬武者が 敵が敗走した際に早期に乗馬追撃を行っていると言う可能性も有るのかだが
03-07 12:00

https://t.co/z9qEwvnRTV 関東の騎馬武者の場合は敵が敗走していなく共 乗馬突撃をしていると言う事だろうが 正面から突撃している訳では無いと言う事だろうか 関東や東国の槍の装備率の多い歩兵相手には 此れがかなり崩れてからで無いと側面からでさえ乗馬突撃は困難なのかだが
03-07 12:22

関東の騎馬武者も味方の数が多い場合は 射撃で崩れた槍歩兵に正面から乗馬突撃をした例と言うのも有るのかだが
03-07 12:23

そう言う状況でも正面に足軽を突撃させて 騎馬武者が側面や背後から乗馬突撃をしたと言う可能性も有るのかだが
03-07 12:39

【名槍「瓶割三条」と同作、室町末期「三条」鈎槍、大身35センチ弱】当時の拵のまま 美品 https://t.co/SUDsDDDwo2 当時の物と言う拵装備でも全長2.2mだが 戦国期にこうした短い槍は 何処迄使われたのかだが
03-07 13:24

https://t.co/xpDhkWwm6E 日本の槍としては 可也鋭い先端が有るが こうした物は折れる危険が有る故に数は少ないのかだが
03-07 13:32

https://t.co/rQlhgOt3OQ 清正の槍とされる物も 先端は日本の槍としては鋭いだろうか
03-07 13:36

https://t.co/xgbGPjEWgB 西欧の場合は細い先端を持つ槍は 打撃に使用していないのかだが https://t.co/q7AM0v1fxa 左の細い先端部を持つ物がそうなのかだが とは言えハンマーに同様の細い槍が付いている例も有るし その場合は打撃に使われると言う事だろうか
03-07 13:48

パルチザンも斬撃に使うなと有るが https://t.co/MW81DiRgXs 左程度の切っ先の物なら 斬撃にも使えないのかだが https://t.co/69pSiSBykW 左の様に先端が細い物も有ると言う事だろうか
03-07 14:01

一方でマロッゾのパルチザン術には斬撃が有るが 先端の細く無い物が使われるのかだが https://t.co/5inPBaX3N1
03-07 14:37

こう言う攻撃を力の弱い側が受けた場合は 槍を引いて回避するか 槍を相手の力も利用して回転させ石突側で攻撃と言う様な方向も有るのかだが https://t.co/M7jfotmN6J
03-07 15:02

バックラーを回転させて奪う技も有るが 日本のセンターグリップ式の手盾も同様の方法で奪えると言う事なのかだが そうした例は果たして有るのかだが https://t.co/8ox3AEyfZh
03-07 16:28

同様にセンターグリップ式であるスクトゥムやバイキングシールドが 回転させられて奪われた例は有るのかだが
03-07 16:29

こうした技に対しては 自分から盾を早期に離して奇襲攻撃を掛けると言う方向も有るのかだが そうした技は果たして使われたのかだが
03-07 16:34

https://t.co/I21JlyeixC こう言う大型の手盾だと 上から押して地面に接地させれば回転させる事は 困難と成る可能性も有るのかだが
03-07 16:38

https://t.co/Kq3WY18kEw 大型のスクトゥムも持ち手は横棒であり角も有るから 地面に設地させて上から体重を掛ければ 片手で回転させる事は困難かも知れぬが
03-07 16:46

https://t.co/1SPLELeajU こう言う接地可能な垣盾も 白兵戦で構えられる例が恐らく有るだろうが これは中央の棒で持つタイプだから 回転させても奪えないと言う事だろうか
03-07 16:51

垣盾も引っ張って奪われる可能性も有るだろうが 肘でも棒を固定されれば 果たして奪えるのかどうかだが
03-07 17:02

https://t.co/rmPTaW8DcJ 籐牌はセンターグリップ式では無いから 回転させては奪えないだろうが 容易に外せないなら組討でやられる危険も有るのかだが
03-07 17:17

盾を投げて視界を奪っている間に攻撃と言う技を 教本では意外と見ないが 実際は使われていたのかだが 投げず共視界を奪える例は有ると言う事だろうか
03-07 17:44

https://t.co/gXg10B49Hj 天心流兵法に 日本版のバックラー的盾が有るが バックラーと異なり刀も両手持ち可能と言う事だろうが 槍も手盾と同時に保持出来るのかだが https://t.co/8Vhh4hPNrw 天心流が成立した寛永期以前には此れは無いのかだが
03-07 18:31

https://t.co/o3dMJKMIiY ブルゴーニュのパイク兵の パイクと同時に使われる盾は 腕に通すタイプなのかだが 手持ちのバックラーと両手武器を同時に使う技は無いと言う事なのかだが
03-07 18:35

開閉式の鉄扇を開いて 視界を塞ぐ技も有ったかも知れぬが 刀と併用される例も多いのかだが 開いた鉄扇を投げて視界を奪う例は有ったのかだが
03-07 19:45

通常の扇子を居合抜きして即座に開き 投げて視界を奪い攻撃と言う様な物は 有り得たのかどうかだが
03-07 20:00

そうした方向で視界を塞いでも 敵がギャンブル的な攻撃をする危険も有るだろうから 反撃を受ける前に倒せぬ状況なら 腕を即座に潰すか抑えて反撃力を封じる方向が良いのかだが 転倒させると言う方向も有るのかだが
03-07 21:53

15世紀中期以降は騎士の盾は廃れているし 以後は西欧ではロデレロ歩兵が此れを行うと言う事なのかだが 日本の手盾利用の斬り込みも 応仁乱以後槍が主体に成った後は 廃れていたと言う事なのかだが
03-07 22:04

十二類合戦絵巻には槍+手盾装備の者も居るが 此れで両手持ちの槍を持つ兵と戦闘していた可能性は 戦国期には有るのかどうかだが
03-07 22:07

https://t.co/su7GIopQKC こう言う盾が戦国期に有るとしても 馬上での銃撃戦用の物と言う事なのかだが
03-07 22:29

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10728-8fbe3164