FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

03/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

時代刀装具 無銘 鎗 拵 全長229cm 武具 日本刀 https://t.co/T2rIHG9NTT 鋲が入る柄も有るが 西欧に同様の物が有るから 此れを参考としたのかどうかだが
03-02 09:07

槍拵え③ 鉤槍・三角槍用 https://t.co/TqbIrnHXxH 短い側の鈎は 利用していたのかどうかだが
03-02 09:11

江戸時代の鎧☆家紋入り 甲冑武具鎧兜 japanease armor Edo period https://t.co/ylTXLiGv4v この脇立は 果たして何なのかだが
03-02 13:15

https://t.co/in9kKuW8tN 黒田屏風のこう言う鍬形は 下の結城合戦絵詞にも有るし 江戸期の具足にも有ったかも知れぬが 南北朝期等には有ったのかだが https://t.co/xBg34jJ04m
03-02 13:44

https://t.co/yg92PKx5LH 左のハルバードは2.55kgと有るが  https://t.co/x5PZBMbMUN 2.19kg等と190g台の十文字槍よりやや重い程度の物も有る訳だろうか
03-02 14:37

https://t.co/UyA5oghWDH とは言え16世紀の物では2.5kg以上の物が多いだろうか
03-02 14:41

https://t.co/CS1J7SK45o 16世紀限定だとこの検索で良いのかだが https://t.co/LEj9Szxrbd 左のハルバードは226cmと短いが 1.81kgと軽量だろうか
03-02 14:47

ハルバード等のポールアームの柄は太いからしなり難いだろうし 打撃して防御を崩すと言うのは容易なのかだが
03-02 17:13

日本の槍も茎部分迄は曲がり難く ハルバードの場合は手元迄補強板が有るから この部分はほぼ曲がらないと言う事なのかだが
03-02 17:33

https://t.co/tAKt8uLBXc 中国の演武で見る柔らかい柄は waxwood=白蝋樹と言う事なら 此れは通常の中国の槍には使われず 日本同様に樫等の硬質の広葉樹が使われるのかだが
03-02 17:48

中国の戦闘用槍の柄も 広葉樹の単一素材なら https://t.co/MJvZvh9qfU 日本の槍に使われる竹が複合された打柄より柔軟性は無い可能性も有るのかだが 大身槍・薙刀の柄は打柄製では無かったかも知れぬが
03-02 18:09

>また、日本では、室町時代後期から戦国時代にかけて一時期即席の槍として、その急務性と軽さから農民兵に貸し出し用に生産された「お貸し槍」などに杉、松、ヒノキ、サワラ、ツガなど針葉樹が使われたが、一部の特殊なものを除き、さほど頑丈ではないためあまり普及しなかった。
03-02 18:14

とは言え雑魚兵用の槍は複合材の打柄なのかだろうし 単一素材が使われていた可能性も有るのかだが
03-02 18:15

https://t.co/MJvZvh9qfU >ウチ柄の中でも、中心に檜を用い周囲に嵯峨竹と革を用いた柑子打は、万に一つも折れる心配がないと評されている。   此れは切断迄は 防げるのかどうかだが
03-02 18:20

https://t.co/RKirgLDYpL 芯材の檜の硬度は左では並だが 柔軟性を持たせて折れ難くしたと言う事なのかだが
03-02 18:24

https://t.co/ijrWLqOr6T >しなりのせいで予想の難しい動きをする穂先が、正面はもとより、頭上や足元から急に軌道を変えて体を切り裂こうと迫ってきます。  中国の戦闘用槍では此れは困難なのかだが 日本の打柄の柔軟なタイプの物なら出来るかも知れぬが 甲冑の隙間を突くには不向きなのかだが
03-02 20:04

https://t.co/clyv9K97X5 >ただ、中国武術の基本的なしなる槍は、槍先の後ろにある毛で目くらましのようなこともします。貫通力はかなり高い。  https://t.co/YW6GuHjKyF 絵だと演武用の槍程長い房は無い様に見えるが 実物はどうなのかだが
03-02 20:14

https://t.co/LO4fTWY29P 房が有ると槍が見え難く成ると言う事だろうが 実際の戦闘用槍にはこの長さの物は装備されるのかだが
03-02 20:52

しなるタイプの槍で無いと 房で目測を謝ると言う事は 慣れていれば置き難いと言う事なのかだが
03-02 20:53

https://t.co/O0XZY11PFq https://t.co/shz97cYD5I https://t.co/TvJSoPqXTu 日本の槍の場合長い房が付く例も戦国期の合戦図に有るが しなるタイプの柄での撹乱等と言うのは 何処迄行われたのかだが
03-02 20:57

https://t.co/VkH6AzNAtn 戚継光の軍の槍には房は 騎兵クラスの者が居ないからか 装備は無いと言う事なのかだが 一般歩兵の槍はどうなのかだが
03-02 21:04

https://t.co/3xkZsLf3a3 倭寇図巻の歩兵の槍にも 房は無いと言う事だろうか https://t.co/aUFeWeXiWc サルフの戦いの明歩兵の槍にも 旗に有る様な房は無い様に見えるが
03-02 21:07

https://t.co/blwNUAGGX7 大型の槍印でも撹乱効果は有るのかも知れぬが 装備率は余り無いと言う事だろうか
03-02 21:19

西欧もパイクに房飾りの有る例を見ないが ランスの旗には撹乱効果は有るのかだが ポールアームで房の有る例は 儀礼用中心に一部しか無い様にも見えるが
03-02 21:34

https://t.co/p4BSsiVKID ランスに旗だけでは無く房飾りが付く例も有るが 横に広がって撹乱出来るタイプでは無い様に見えるし 両方共無い例も絵では多いだろうか
03-02 21:44

ランスはしなる訳では無いなら 旗での撹乱効果は限定されると言う事だろうか
03-02 21:45

打柄の柔軟なタイプの様にしなって 隙間が狙えないとしても 佩楯や草摺等の革や鎖の部分なら衝撃は与えられる訳だろうし 此れでバランスを崩させた後連打し動きが鈍った後 ガチ甲冑合戦の様に接近して隙間を突くと言う様な方向も有るのかだが
03-02 23:08

柔軟なタイプの打柄を利用して 佩楯や草摺に房等を利用した見難い突きを命中させ バランスを崩した後連打すると言う様な方向も有るのかどうかだが
03-02 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10723-263f5a27