FC2ブログ

Category

2021.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/sbTJPwprq0 こうした大型の剣の後立が 桃山期に有ると言う事なのかだが
02-28 09:03

応仁乱辺りの日本だと 騎馬武者の武器は薙刀・槍が大半で 大太刀も中巻野立の比率も多いなら 柄等で掛ける攻撃は多用されていたのかどうかだが 歩兵は更に大太刀・中巻野太刀の比率は低く 槍・薙刀以外では柄で掛けられる長巻が大半なのかだが
02-28 09:18

十二類合戦絵巻だと熊手も多いが 鎌槍登場後に廃れたのかだが 薙鎌は1525年頃成立の洛中洛外図・歴博甲本にも有るが 徐々に鎌槍に置き換えられたのかだが
02-28 09:21

雑魚足軽がそうした柄で掛ける攻撃を 何処迄マスターしていたのかだろうし 長柄槍では皆無と言う可能性も有るのかだが
02-28 09:31

【治】丸印 〇義道鉄扇☆幅56cm 鉄親骨扇 鉄親紙張扇 鐡扇 武具 OM97 https://t.co/XjLVNpZMsN 外側以外は鉄は入らない 鉄扇も有る訳だろうか
02-28 13:17

鉄地打出し隆武頬 https://t.co/9VTNLRJT2n 耳の部分の構造は 西欧兜の影響は有るのかだが
02-28 13:33

https://t.co/x6UYe1RrIU 钂鈀は最大8尺等と有るが https://t.co/VvRsqMBI0Q 中国の明代の1尺だと29.6cmなのかだが 236cm以上は有ると言う事なのかだが 平均サイズは絵の7尺6寸程度の可能性も有るのかだが
02-28 16:23

https://t.co/qkDeA5G7wf 8 尺[明:裁衣] = 2.72 m 8 尺[明:営造] = 2.56 m 8 尺[明:量地] = 2.616 m  等と出たが 2.72mの可能性も有るのかだが
02-28 16:35

鐺鈀も日本の槍と同等或いはやや短いが 先端重量は重いと言う事なのかだが
02-28 16:40

https://t.co/0xteJMujNO 日本軍の持槍足軽が大量に鈎槍を装備しているかも知れぬ一方で 明軍は円盾兵が多いと言う事なのかだが 日本の槍への斬り込みは出来たのかどうかだが
02-28 16:46

https://t.co/aUFeWeXiWc サルフの戦いの絵でも円盾兵は前面に配置されるが 槍兵は後方に居るのかだが 騎兵は钂鈀が有る様だが 歩兵には有るのかどうかだが
02-28 16:52

https://t.co/eA9nP99UkA >騎馬武者は短めの一間半(約2.7メートル)から二間(3.6メートル)のものが便利だった。  先端の重い十文字槍は3m程度迄が多いかも知れぬが 鈎槍だと3.6mの物も持槍足軽中心に多いと言う事なのかだが
02-28 18:17

大身槍や薙刀も3m程度の物が多いと言う事だろうが 一方で前田利家や本多忠勝の槍は6m超有ると言う意見も有るが 集団戦で槍が長い場合は 通常の列からは後ろに下がっていたのかどうかだが
02-28 22:20

騎馬武者用の槍も使い易い鈎槍や素槍の比率が多いかも知れぬが 此れは持槍足軽の物と同様の平均3.6m程度有ったのかどうかだが
02-28 22:31

武田の木槌の付いた槍と言うのは 長さは3m程度なのかだが
02-28 22:36

騎馬武者の馬上用の槍は3mも無いと言う意見も有るが https://t.co/gTXX9N4ZiA 騎士のランスは12フィート(3.65m)有る例も有るだろうし https://t.co/HaqOHVEfPt 此れを日本の槍的に両手持ちで使う例も有るから 2間(3.63m)の持槍が馬上で使われる例も有るのかだが
02-28 23:10

https://t.co/4mw5LsjMDt フサリアの槍は蜻蛉切や前田利家の槍に近い6.2m有るだろうが 此れは両手では運用されたのかどうかだが
02-28 23:13

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10721-da5f8ee1