FC2ブログ

Category

2019.10

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

02/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/M1Dzg3HK87 >中沢 琴 >自分より強い者と結婚すると決め、結局現れなかったため生涯独身で過ごした[1]。  中澤琴が日本最強の剣士共思えないが 園部秀雄の様に道場破り的な事はしなかったと言う事なのかだが
02-18 10:01

https://t.co/lALFymDbp5 >兄・貞祗が記した新徴組記録や2人の郷土の文献には、中沢琴の新徴組での様子がはっきりと描かれています。「戊辰戦争」(ぼしんせんそう)を引き起こすきっかけになった江戸薩摩屋敷などの襲撃に中沢琴が参加し、左足のかかとを切られたこと。
02-18 10:28

踵等の低い場所が 意図的に狙われていたのかだが 長物でやられた可能性も有るのかだが 鎖帷子は恐らく装備されていただろうが こんな場所には通常は無いと言う事なのかだが
02-18 10:29

https://t.co/vbx058IJRD 薙刀対こうした剣・盾の戦いも 手盾+刀の兵は日本でも存在するだろうから 薙刀側も対処は出来るのかだが 薙刀側は剣の届かない左側に回り込みつつ 踏み込みも牽制する為に足を狙うと言う方向なのかだが
02-18 11:02

密集隊形で回り込むスペースの無い状況では 足を牽制して踏み込ませない様にしつつ 踏み込まれたら柄で掛ける攻撃を多用と言う方向も有るのかだが
02-18 11:06

薙刀の斬撃で 相手の片手持ち刀剣を叩き落とすと言うのは何処迄出来るのかだが
02-18 11:13

盾を両手剣やポールアームで強打して バランスを崩すと言う戦術も有っただろうが 刃が食い込んで拘束されるリスクも有るだろうし 峰側や平打を使うのが妥当なのかだが 刀の峰側は脆いと言う意見も有るが 峰打が多用される記述も有るだろうか
02-18 11:16

https://t.co/1xEOFHW53v 日本では剣身を握ってのハーフソードは無いだろうが 中巻野太刀なら剣身部分も中央部分程度迄は握れるだろうが 此れを利用しての掛ける攻撃は有るのかどうかだが
02-18 11:27

https://t.co/CFuA3XFbkw 日蓮聖人註画賛には中巻野太刀らしき物が書かれるが 中央部迄布は無いと言う事なのかだが とは言えこの長さが掴めれば首程度は掛けられる訳だろうか
02-18 11:51

https://t.co/1xEOFHW53v この動画にも大太刀で片手剣を叩き落としている場面が有るが 其の際の隙は突いていないだろうが 手抜緒が有ればこうした事は起きるのかどうかだが
02-18 12:15

手盾+刀を使う際には 両手持ち剣や薙刀で刀を落とされるのを避ける為に 手貫緒は基本的に使われるのかだが 手盾+長物が装備される例も十二類合戦絵巻に有るが 長物には手貫緒は無いとすると 片手持ちの長物を落とされるのは何処迄防げるのかだが
02-18 12:44

古い打刀や肥後拵の様に片手打ち主体の刀では 手貫緒は装備されるのかだが 通常の刀を片手打ちする場面も合戦図には割に有るが こうした場合でも手貫緒は装備されるのかどうかだが
02-18 12:47

https://t.co/7Y6cOn7U55 片手で運用される事も多い大太刀に 手貫緒が装備される例も有るのかだが
02-18 12:51

二刀流でも同様の事は起こり得るだろうが 果たして手貫緒は利用されるのかだが 小太刀側に手貫緒が装備される例は果たして有るのかどうかだが
02-18 13:10

https://t.co/GVxNfwtI7R こうした手貫緒も 組討はやり難いだろうし 居合抜きした直後には付けられるのかどうかだが
02-18 13:17

組討を考慮すると 手貫緒は利用せずに 片手持ち刀を叩き落とされない様に戦う方が有用なのかどうかだが
02-18 13:19

騎乗戦で大太刀や刀の片手持ちで組討の無い一撃離脱を多用するなら 手貫緒を利用する方向も有るのかどうかだが
02-18 13:22

西欧の剣身を持ち鍔で掛けられるハーフソードに対して 日本のハーフソードは不利と言う意見が多いが 日本の合戦図の方がハーフソードが書かれている様に見えるが 実戦での使用頻度はどうなのかだが 西欧が慣れていない2刀でハーフソードが破られる可能性は有るのかどうかだが
02-18 13:43

https://t.co/Dg6tyQJ8nc https://t.co/eneABXgCZy 西欧の合戦図でハーフソードをしている場面は 左の物しか今の所見ないが 何れも槍に対抗する為に 剣を槍的に構えている様にも見えるが 一方で教本ではハーフソードは多いだろうか
02-18 14:08

https://t.co/4dHeObbGh6 https://t.co/oHH1tXh7g1 https://t.co/QUulm1tevE 左には合戦図でのハーフソードもそれなりに有るが 教本や暗殺時の利用も多いだろうか
02-18 14:19

日本の合戦図だと 黒田屏風の下の場面でハーフソードが多いだろうか https://t.co/laDJylpZxm
02-18 14:26

津軽屏風でも 狭い範囲で2名ハーフソードをしている例が有るだろうか https://t.co/YQ5vEPtL7Q
02-18 14:29

https://t.co/khSDcnepuX 刃を持つ西欧のハーフソードも 両手剣や長物で強打されれば手がやられる危険は無いのかだが 刃が雨や血で濡れている状況では特に危険かも知れぬが 手袋に鎖が有る例も有る様だが そうした物の現物は無かったかも知れぬが
02-18 14:43

日本でも刃の無い兜割術では全体を持つが 直刀を利用する短刀術で剣身を持つ例は有るのかだが
02-18 14:52

https://t.co/Aah1Wu49hY 小太刀の柄を両手持ちで利用する例も 直心影流で有るが 通常の小太刀の柄で何処迄出来るのかだが https://t.co/5IOZpjktwN 古い例で柄が長い脇差は毛利輝元の物が有るが 長脇差でも柄が長い例は有るのかだが
02-18 15:55

https://t.co/cfXbax2XHI この程度の脇差なら 何とか両手持ちは出来るのかだが
02-18 16:05

https://t.co/po1SbIHWPb 脇差を両手持ちで投げる例も 有ると言う事だろうか
02-18 16:09

戦国期の脇差は 大型と言う意見も有るが  https://t.co/yJEcHyvOpB 左の脇差は両手持ちは出来るのかどうかだが
02-18 16:19

https://t.co/PtOgEqoUDh 脇差の両手斬りも有るが 柄は長目の方なのかだが
02-18 16:26

https://t.co/UrRrhTkNJn コールドスチールの脇差も両手持ちをさせせたい為か 柄は割に長いと言う事なのかだが
02-18 16:31

https://t.co/yjkWt9COv0 この17世紀の篭手には 掌側に鎖が有る様に見えるが 左手側にも有るのかも知れぬが 左利きの者がハーフソードをする為に使用した可能性は有るのかだが
02-18 16:54

https://t.co/N1tYvZNcxA 一方で掌に鎖が無い篭手も 多いと言う事だろうか
02-18 17:05

https://t.co/Tt0bycKkph 此の16世紀後期の左手用の決闘用篭手は鎖が掌側に有るが 決闘用では無く実戦用の可能性は無いのかだが
02-18 17:10

1509年のモンテのアドバイスだと 敵の武器を掴む為に 左の掌にメイルを付けろと有るが 両手武器を利用する場合は武器のグリップが悪く成る危険は無いのかだが https://t.co/pSRpfoi6YK
02-18 17:28

下もモンテのアドバイスだが こうした革で覆われた鎖と言うのも 現物を見ない訳だろうか https://t.co/zGXDNSew1s
02-18 17:39

https://t.co/KvFCFTB2MO ハーフソードで刀を受けた直後 止まった刀身を掴むと言う事は 素手でも可能と言う事なのかだが 通常の構えで敵の刀を受けた直後に 掴むと言う方向も有るのかだが
02-18 18:15

槍や薙刀等も受けて動きが止まった直後に 刀身では無く柄を掴むと言う事は出来るのかだが
02-18 18:17

そう言う受けて動きが止まった状況では 騎馬武者が西欧剣やポールアームを素手で掴むと言う事も有り得ると言う事なのかだが
02-18 18:18

https://t.co/vsH3Tm6AgT 平治物語絵巻・六波羅合戦巻ではハーフソードが書かれないが 短刀での勝負は多いだろうか
02-18 18:48

https://t.co/4YaswDLiLc 前九年合戦絵巻でも ハーフソードは無いだろうか
02-18 18:52

https://t.co/PrYCdV0afK 全体の半分迄紐が巻かれる中巻野太刀のイラストも有るが 現実にこうした物は有るのかだが
02-18 19:16

超大型袋槍 62.5cm 重量913g 両鎬槍 両鎬袋槍 両刃剣 二度とない希少品 初公開うぶだし品[E67qq] https://t.co/9WzD8vZYkp 大身の袋槍なら 柄を切断され難いのかだが
02-18 19:26

https://t.co/NczkieBPAs 新陰流の大太刀では 布は中央付近迄巻かれるが 糸は同様の位置迄巻かれたのかだが
02-18 19:48

https://t.co/1xEOFHW53v 大太刀の半分程度を持っても 首を掛けられはするだろうし 紐が中央付近に迄巻かれず共 左手等で柄後端を持って掛ければ 掛けられる可能性は有ると言う事だろうか
02-18 19:59

メイルが掌に貼られる篭手なら 可也動いている刃でも掴めると言う事だろうが 何処迄装備されていたのかだが 両手持ちロングソードを多用する独騎士は グリップが悪く成るとして装備は無い可能性も有るのかだが 下馬戦闘時等にランスを両手持ちする場合は 支障は無いのかだが
02-18 21:32

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10711-664d4399