FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

02/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

槍・無銘・長さ245㎜・持手螺鈿細工・鮫皮巻・全長1345㎜(日本刀・武具・刀装具) https://t.co/U7vYXSH1pN 柄後部には鮫皮・前部には螺鈿が有る柄等も有るのかだが 戦国期にこうした物は有るのかだが
02-02 10:00

https://t.co/IspvPOmM1R 南部信直の肖像画の鎧は大鎧的だが 銃の名手であるから 射撃に対する為に早期から防弾可能な鎧を装備していたと言う可能性も有るのかだが 雪下胴は入手していたのかどうかだが 武田勝頼の使用した様な分厚い最上胴を1580年辺り迄装備していた可能性も有るのかだが
02-02 13:41

https://t.co/MDX3UNN9Fe 左の赤い元は秀吉の物と言う陣羽織は 小田原征伐時に拝領した可能性も有るのかだが
02-02 13:48

https://t.co/1oyhznh4bt 肖像画の胸板に有る様な菱状の線の入る 内藤如安の最上胴も有るが こうした物は防弾には不向きであるなら 南部信直の胴には無いと言う事なのかだが
02-02 13:57

https://t.co/O5vgwIHjBG 南部信直の家紋は 南部鶴(対い鶴に九曜)紋と言う事なのかだが 此れが具足にも入っていたのかどうかだが 雪下胴には家紋は入る例は無い様にも見えるが 上杉家の鎧には有るだろうか
02-02 14:06

雪下胴では無く https://t.co/pJoRjE8QKX 相馬義胤の様な五枚胴を利用し 兜の吹返に南部鶴紋が入ると言う可能性も有るのかだが
02-02 14:43

https://t.co/8ND8fM5WUz 左の最上義光の覆輪の有る筋兜は 長谷堂合戦で利用されたと言うが 3.1kgなら耐弾性は一応考慮されているのかだが こうした物を南部信直も装備していた可能性は有るのかだが
02-02 15:13

下の筋兜は6.2kg有ると言うが 此処迄の物は銃を放つ騎馬武者でも何処迄使用していたのかだが https://t.co/K2lfdQu7O5
02-02 15:20

https://t.co/PCtiiMrKZA 南部家も割菱紋を利用していたと有るが https://t.co/IspvPOmM1R 南部信直の肖像画の胸板や直垂に菱的な紋が有るのは 此れの影響なのかだが
02-02 15:46

https://t.co/8HfuUKqqud 左の様な蝶形兜は 戦国期には恐らく無いとしても https://t.co/CyYyURbgQa 左の物に類似した物は有り得るのかだが 更に単純な物が有った可能性も有るのかだが
02-02 18:34

https://t.co/mcgzI29FHn 桃山期の蝶形兜と有るが この程度の単純な物なら戦国期でも多数有るのかだが
02-02 18:43

https://t.co/f8KSLcsSQd 左の結城秀康或いは松平直政の兜が戦国期の物なら 同程度に複雑な変わり兜も同時期に有ると言う事なのかだが
02-02 18:55

https://t.co/vvi4HotsXW 戦国期の弁慶の絵馬や 南部信直の肖像画に有る様な 白と金の籠手と言うのは 現物を見ないが 銀と金の籠手と言う可能性は有るのかだが
02-02 19:04

https://t.co/IG9GqPJgWt 左の南北朝期の 金胴と銀が使われる籠手・脛当を書いた物の可能性も有るだろうが こうした物は戦国期に形は変えた物が存在しているのかだが
02-02 19:08

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10695-ed43ca9d