FC2ブログ

Category

2019.01

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

01/08のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/DYU8vpuhQC >誾千代が道雪から譲られた金甲を、宗茂が立花家の武装として取り入れたのではないかと想像されます。  誾千代の女鉄砲隊も 此れを装備していたと言う事なのかだが 足軽は胴は無いのかだが 士鉄砲的な者には自前の胴が装備される例も有るのかだが
01-08 11:45

https://t.co/XFXa0j6ZMu 1617年だと2000の兵の内 中筒を使う恐らく士鉄砲組が120名は居るのかだが
01-08 12:09

https://t.co/51it45DZMq 1594年の島津軍だと 2000の兵の内士鉄砲組はどの程度なのかだが 13匁筒以上の物を使う18名なのかだが 6匁を使う10名も士鉄砲組の可能性は有るのかだが
01-08 12:11

士鉄砲の銃も 騎馬武者クラスの者の用意した自前の銃は 上には恐らく書かれていないだろうから 貸具足も装備している様な 徒武者クラスの者の銃と言う事なのかだが
01-08 12:22

https://t.co/uqyWU5VFbH 朝鮮軍陣図屏風の左の鉄砲を持つ兜を装備する歩兵は 士鉄砲組なのかだが 同一の紋の入る貸具足的な物を装備しているから 馬に乗らない徒武者なのかだが
01-08 12:44

那須川天心 マクレガーに返答「58キロのキックボクシングルールなら戦う」  https://t.co/fPxR1PFdbW 体重差が有るキックボクシングルールなら 那須川にも幾らかは勝機は有るのかだが 総合ルールでキックで倒すのは困難と言う事なのかだが
01-08 14:57

那須川も組まれたら勝機は無いなら 組まれる前にキック或いはパンチで倒す以外無いのかだが マクレガーもパンチには可也対応は可能と言う事だろうか
01-08 15:01

立花家の金甲は足軽用では無く 士鉄砲組や士大将の護衛歩兵用であり 足軽は金色等の陣笠を装備していた可能性は有るのかだが
01-08 16:39

士鉄砲組の銃は私物と有るが 貸具足を装備する恐らく馬の無い歩兵には 銃が支給されていたと言う可能性も有るのかだが https://t.co/TFmg2nQC2d
01-08 17:10

早合の火薬を入れる前に 火薬入れから口薬を入れているのかどうかだが 西欧ではこうした事はしているのかだが https://t.co/0vxfm1GNOd
01-08 17:20

予備のカルカと言うのは 雑兵物語では装備されないが 何処迄有ったのかだが 奉公人や小頭等が少数持っていた可能性も有るのかだが https://t.co/XFCoOmaJy2
01-08 17:21

カルカを持ちながらの射撃と言うのも 古い絵では見ないが
01-08 17:23

襲う相手間違えた―UFC女性ファイターがリオで強盗を返り討ち https://t.co/3tlJ543jvc >犯人は銃を持っていると脅したが、それが本物ではないと推測したヴィアナは、自分が行動を起こす前に「男が引き抜く時間はない」と判断。   接近戦ではナイフで銃がやられる例も 多いと言う事だっただろうか
01-08 17:39

https://t.co/ibUkjI0XXX こう言う距離ではナイフを投げない限り対処は困難なのかだが 投げても狙いを逸らせない例も有るのかだが
01-08 17:48

https://t.co/fQzkpFsw7E 演武の火縄銃では 口薬を最初に銃口に入れると言う事は 無いのかどうかだが
01-08 19:22

https://t.co/kJpAv0r3JN 雑兵物語に予備のカルカを持つ鉄砲足軽が書かれるが 戦国期には有るのかだが
01-08 20:17

雑兵物語だと1町(109m)毎に射撃位置を決定すると言うが https://t.co/BYd3HSHd2N 小頭の杖の目盛りが4つ有ると言う事は 4町(436m)で射撃をしていたのかだが
01-08 20:51

下は徒武者が30匁筒を持っていると言う事なのかだが こうした銃は個人装備では無く 貸し出される筒なのかだが https://t.co/TysPHak0PT
01-08 21:24

騎馬武者は自分で装填は無いかも知れぬし カルカを持っての射撃は無いと言う事なのかだが 予備のカルカも奉公人が持っているのかだが
01-08 22:46

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10670-7bafe6e6