FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

銃登場から防弾仕様の甲冑が出る迄 西欧では何年掛かったのかだが フス戦争やブルゴーニュ戦争で銃が大量投入されたが この付近で防弾仕様の鎧は無い様に見えるが 早く共銃で仏騎兵が壊滅した 1525年のパヴィアの戦い直後からなのかだが
12-29 11:34

パヴィアは関係無く ピストル装備の騎兵が1530年台に登場した際に此れを防ぐ為の鎧が登場したと言う可能性も有るだろうが 1610年辺り迄の胴は7kgも無いし 此れはマスケット銃を50mでも止められない可能性も有るなら ピストルの至近射撃を防ぐ為の物なのかだが
12-29 11:41

日本の場合は1530-40年代の銃登場から 1570年台には厚い最上胴・雪下胴は出ているだろうが 此れ以前は騎馬武者が銃を利用する事が多いと言う事だろうから 銃撃戦をする彼らのみが二両具足的に 胴を二重等としていた可能性も有るのかだが
12-29 11:47

https://t.co/8y3e6TQsSH >なお、日本における火縄銃が頬付け形に終始し、肩付け形の銃床にならなかった理由には、戦国期においては戦闘に従事する兵士が、足軽から大将まで大なり小なり鎧を装着しており、物理的に銃床を肩に効率的にあてがう事ができないという銃床射撃に適さない装備であり、
12-29 12:10

とは言えレパントの海戦の絵では 甲冑装備のスペインの銃兵が書かれるが トルコ軍の銃を近距離で防げる装甲は無いだろうし 弓を止める為の物と言う事なのかだが https://t.co/c3TDJ38fFk
12-29 12:16

https://t.co/ut2eJJtUkN 左の様なストックを受けるプレート付きの胸甲なら マスケット銃の運用も容易と言う事の様だが 弓を使うトルコ軍や対インディアン相手以外では 利用は何処迄有るのかどうかだが
12-29 12:18

16-17世紀のヨーロッパが日本と戦争したら 弓対策でこうした物が使われた可能性も有るのかだが 3匁弾なら100m程度では止まる装甲は有るかも知れぬが 日本軍の銃が大型化した可能性も有るだろうし 弓も全身止まる訳でも無いだろうか
12-29 12:21

こうした装甲が有れマスケット銃の射程外から 3匁弾・弓の射撃を長時間受け続ければ 混乱で銃での反撃も困難と成る得るのかだが 砲の通常弾は日本軍はテルシオ的密集は無いなら 余り効果は無いと言う事なのかだが
12-29 12:27

https://t.co/R7sYHwsN8E 中尾城には1554年に既に 防弾仕様の石の入る塀が有ると言うから この時点で銃を撃つ騎馬武者も 胴を二重とする等して防弾を考慮していた可能性も有るのかだが
12-29 12:47

西欧の場合歩兵同士の銃撃戦が終わった後 騎兵が槍突撃するなら 銃で騎兵が狙われる事は ピストル騎兵登場迄基本的に無かったと言う事だろうが パヴィアでは砲撃戦後 歩兵同士の銃撃戦をせずに騎兵が突撃したから 歩兵の銃で騎兵が狙われたと言う事なのかだが
12-29 13:00

チェリニョーラでも仏騎兵は歩兵の銃砲撃を待たずに いきなり塹壕に突撃し銃でやられていると言う事だろうか
12-29 13:02

https://t.co/d1OviiJnZH 王直等の明人倭寇幹部の甲冑・武具と言うのは 平戸を拠点とした後は日本製と成った可能性は有るのかだが
12-29 13:17

幹部以外も日本製鎧を 平戸を拠点とした以降は装備していた可能性も有るだろうし https://t.co/LRQydIw3eV 左の様な歩兵用の綿襖甲に 日本製の籠手・脛当 面頬等が装備されていた例も有るのかどうかだが
12-29 13:21

帽子兜的な兜はシコロを装備し 立物等も装備していた可能性は有るのかだが 歩兵用綿襖甲は鉄では無いと言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
12-29 13:26

https://t.co/tL3WAURrmj 左の様な騎兵用鎧も奪う等して 明人倭寇幹部が装備している可能性も有るだろうが 此れに日本的な面具・喉輪・脛当が装備される例も有るかも知れぬが 籠手が無い騎兵用鎧には日本製籠手が装備され 通常の籠手も日本製手甲が追加される可能性も有るのかだが
12-29 13:42

指揮官や精鋭銃兵はこの上或いは下に日本製の防弾用胸甲を装備する可能性等も有るのかだが 兜に立物が付けられる例等は有るのかだが 指物迄は装備されたのかだが
12-29 13:46

松浦党に倭寇から流入した 明人兵士等は果たして居たのかどうかだが
12-29 13:58

指揮官・精鋭銃兵の兜は 日本製の防弾仕様の物を使用している可能性も有るだろうが 蒙古鉢的な物が使用されているとは限らないと言う事なのかだが
12-29 14:12

船上戦は兎も角 野戦での日本的な下馬戦闘にこうした鉄札の入る佩楯は重いかも知れぬし 内部の鉄札は外して鎖や革等に変えている可能性も有るのかだが
12-29 14:27

https://t.co/oeZNyksB6j こう言う短い歩兵用鎧には 日本製佩楯が追加されていた可能性も有るのかだが
12-29 14:27

https://t.co/sg9IwCStB8 左の清の明形式の鎧の籠手は錆びているから 日本で利用する場合は漆塗りがされる可能性も有るのかだが
12-29 14:30

綿襖甲以外は https://t.co/6o4jpK4aqW https://t.co/bks3cxaoMa 左を見る限り高位の指揮官以外は無いかも知れぬし ヌルハチの明形式の鎧も綿襖甲だから 指揮官でさえ綿襖甲の例も有ると言う事なら 倭寇や松浦党等の明人兵も綿襖甲以外は中々手に入らないと言う事なのかだが
12-29 14:47

https://t.co/9hgfqtLI7q 綿襖甲は大型の鉄札が使われている事も有るし 胴が膨らんでいるので この上に日本製の防弾胴を装備するのは困難かも知れぬが 下になら装備は恐らく可能だろうか
12-29 15:14

https://t.co/ELKFYnRVsO https://t.co/M1wByqxe0D 騎兵用鐺鈀槍もこうした短い物が多いが 明軍は兎も角松浦党等の一員として 日本の兵と戦う場合はリーチが不足しているかも知れぬし 同じ様な先端形状の十文字槍に持ち替えていた可能性も有るのかだが
12-29 15:35

西欧でもポールアックスやハルバードは日本の槍より短いし 長いランスやパイクに援護されながら戦う物なら 日本の長槍の援護を受けつつこうした短い鐺鈀で斬り込むと言う事は有り得るのかだが https://t.co/VkH6AzNAtn 左の鐺鈀を持つ兵は前では無く後列に居るが 士官的な者なのかだが
12-29 15:38

https://t.co/h4bLlyouIl >騎兵の分隊には分隊長、多様な武器を装備した10名の兵士(マスケット銃2挺、火槍2本、 三叉の槍2本、槍2本、メイス2本。何名かは同時に弓矢を携帯する)、そして伝令がいる。 る
12-29 15:43

https://t.co/DgUj2h6Dii 騎兵のメイスは左の物なら 此れを使用していた者は日本軍と戦う際は長い金砕棒を利用した可能性も有るのかだが メイス的頭部を持つ金砕棒も十二類合戦絵巻に有るから こうした物を使用した可能性も有るのかだが
12-29 15:45

https://t.co/h4bLlyouIl >歩兵の基本的な単位は12名の分隊である。分隊は2種類に分けられる。 1つはマスケット兵の分隊で、分隊長、10名の銃手、伝令からなる。 もう1つは"殺手"の分隊で、分隊長、10名の様々な近接兵器をもった殺手、伝令からなる。
12-29 15:47

明軍の白兵戦をする歩兵は https://t.co/aUFeWeXiWc サルフの戦いの絵では円盾兵しか居ないが https://t.co/3xkZsLf3a3 https://t.co/x8r96MICZ1 倭寇図巻だと盾と長槍・大刀やフックの有る長柄武器も書かれるが 何処迄種類は有るのかだが
12-29 15:55

朱塗&白檀塗籠手と臑当片双 /// 甲冑 武具 鎧 兜 刀 鍔 鞍 鐙 弓矢 縁頭  https://t.co/Z1HrZUyI3g 全体が朱或いは白檀塗で無いのは どう言う理由でなのかだが
12-29 16:40

津軽屏風には雑魚兵を中心に 革包胴的な胴が多数書かれるが 桶側胴と古い素掛縅の最上胴が混在している状況を書いているのかも知れぬが 革包胴はこの時点では果たして有るのかだが 1570年台辺り迄は有るのかどうかだが
12-29 18:38

https://t.co/ojG8DDNnkI 羅拱辰の対倭寇の戦術だと 前衛に鈎鐮鎗が有るが 正規軍では使われたのかどうかだが
12-29 19:24

大刀は2.7mは無い様に見えるから 日本製の薙刀を利用と言う可能性も有るのかだが
12-29 19:41

フックも同様に2.7mは無いかも知れぬが こうした物を操作していた者も 日本では2.7mの鎌槍を利用と言う可能性も有るのかだが
12-29 19:50

https://t.co/1DMGkqRisB >「影流」は遣明貿易で、室町幕府が明皇帝に最高級の日本刀を贈呈し、明朝廷の近衛兵(御林軍)に日本刀で武装する様にした為、明の兵隊に「影流」を教練した為である。  日本刀を使う静粛隊の者が倭寇と成った後 松浦党の正規兵と成ったと言う例は流石に無いのかだが
12-29 21:02

メイウェザー 余裕の来日「3Rぐらいなら練習しなくても」天心眼中なしか? https://t.co/td54esUoMu パワーが無く共急所を連打されればだろうが 連打迄は出来ないと見ているのかどうかだが
12-29 21:17

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10660-40c653e7