FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/mT3TNmsTxN https://t.co/0EFxaRUR7Q https://t.co/wzCc3qdD2z 大阪冬の陣図の腰に差すタイプの指物は 左の物以外は今の所見ないが
12-25 10:56

https://t.co/YMANn9ZBnB 18世紀登場のブラウンベスでは 100ヤード(91m)では人に当てるのは困難等と有るが https://t.co/7xNGgFZ8SI 左ではそれなりに命中しているが 照星も無い弾幕射撃用の銃であるから 50ヤード(46m)以下での射撃が基本なのかだが
12-25 11:06

火縄式マスケットには照星は有るが 瞬発式では無いから 75m程度での射撃が限度と言う事なのかだが
12-25 11:09

https://t.co/dQRCYTkmp6 球形弾仕様の19世紀のベイカーライフルは弾は6匁(15.5mm)より口径は 15.9mmとやや大きい程度だろうが それでも548m先の敵を狙撃しているから ライフリングが無くても次郎坊等の高級品の6匁筒なら 300mは狙える可能性も有るのかだが
12-25 11:38

関ヶ原で見られた様な 銃の150m等からの奇襲射撃が有り得る状況なら 士大将の護衛兵は前に出ない可能性も有るだろうが 島左近は指揮を優先する為に乗馬していたから 護衛歩兵が周囲に居ても狙撃されたと言う事なのかだが
12-25 12:01

士大将の護衛歩兵を前進させる代わりに 槍足軽を後退させて銃に対する盾に利用と言うのは 長時間の銃撃に耐える事が困難と見れば 無い可能性も有るのかだが
12-25 12:03

https://t.co/wBCI5h4HSX >長政の愛用の銃はこの2挺だけでなく、江戸時代の中ごろまで福岡城内の保管庫には数多くの愛用火縄銃が残されていました。これらは長政好みの銘や象嵌などが彫られています。  こうした銃は 現存しないと言う事なのかだが
12-25 12:38

阿国が初の女歌舞伎者等では恐らく無いだろうし 念仏踊りを流行させた女歌舞伎者と言う事かも知れぬが 戦場で女歌舞伎者等は何処迄居たのかどうかだが 奉公人に歌舞伎者が多いと言うが女は居たのかだが
12-25 13:11

次郎坊も全長132cmと言うから 銃身は下を見る限りベイカーライフル(76cm)より長い 90cm前後は有るのかだが 精度は果たしてどうなのかだが 銃身に象嵌が有るが 戦国期の火縄銃で 木部に装飾が有る例は有るのかだが https://t.co/BHXEyYqc8R
12-25 13:40

黒田長政も次郎坊で虎を仕留めたと有るが 清正は仕留めていないと言う事なのかだが 18mより近くでの射撃と言うが 引き付けて放ったと言っても 居合抜き或いは槍を取るのが間に合う距離で放ったのかだが https://t.co/hpZCm3d1XB
12-25 13:45

長政の刃長43cmの大身槍・一国長吉なら虎を容易に倒せるのかだが 小型の政常と言うのも有るが 此れは投げ槍と言う訳でも無いのかだが https://t.co/rjbobvfMEr
12-25 14:01

一国長吉も同程度の刃長の 蜻蛉切の影響は有るのかどうかだが
12-25 14:04

□調略□面頬  鎧部品  (検)武具・甲冑・鎧兜 https://t.co/MTmJgx9949 越中頬と通常の頬当の中間的な物も有るが 戦国期にこうした物は有るのかだが 越中頬登場後なら有るのかだが
12-25 14:17

【宗】旧家所蔵 珍品 変り槍 脱着 特殊刀身 十文字槍 鎧通し 古武術 短刀 槍 甲冑 刀 脇指 太刀 白鞘 古刀 熊本登録 https://t.co/O4CP45ORFF 戦国期に懸け外し式の槍が有ると言う事なのかどうかだが 手違い式の物は有ったかも知れぬが
12-25 14:26

設楽原は平坦かも知れぬし 高所から銃を車竹束の背後に放つという様な事は 出来なかったのかどうかだが https://t.co/7hpCwAPqYt
12-25 14:54

https://t.co/RZ72BBPzH7信長本陣の有る茶臼山は 割に盛り上がっては居るが 前方の傾斜は緩いのかどうかだが
12-25 14:59

https://t.co/cxUxwxSvTH 藤製のボトルは 火薬入れでは無いと言う事なのかだが
12-25 15:38

Check out (IE-57) KAGA GUSOKU YOROI set Edo https://t.co/aILDaLmCgs やや立体化した様な 雁金紋の前立も有るのかだが
12-25 15:47

Check out (IE-60) 6 KEN SUJI KABUTO YOROI set Edo https://t.co/cVN306dDBt 恐らく馬楝の前立は 江戸期の物なのかだが
12-25 15:50

https://t.co/bzaAZ58bAq グーグルマップの地形図を見ると 信長本陣の茶臼山より その前方の方が起伏は大きい様に見えるが https://t.co/rkU75R68pj
12-25 16:50

センゴクだと下の 赤・青の部分辺りから 武田軍に集中射撃を加えている様にも見えるが 現実には果たしてどうなのかだが https://t.co/JHLA1PVkNH
12-25 16:58

https://t.co/KYQ479zk8s 織田徳川連合軍も 本多忠勝より南部の者は かなり平坦な場所に布陣していると言う事なのかだが
12-25 17:05

信長公記では家康が馬防柵を設置していたと有るが 此れは南部の平坦な場所に布陣した故であり 他の平坦で無い場所には無い可能性も有るのかだが
12-25 17:10

https://t.co/YqolFMbmLl >東向きに備へらる。家康、滝川陣取りの前に馬防ぎの為め、柵を付けさせられ、  北部の滝川一益の前にも 柵は有ると言う事だろうが 全面なのかどうかだが
12-25 17:18

こうした馬防柵に サルフの様に清の下馬騎兵が夜間突撃しても 馬防柵利用の至近距離からの銃砲の多段射撃及び 装填中の弓の射撃で大打撃を受け得るのかだが 馬防柵が多段化されていれば 突破されたとしても同様の攻撃は再度可能と言う事だろうか
12-25 17:25

立花宗茂の様に前線で乗馬戦闘する様な指揮官なら 12kg程度の胴は1580年台なら標準装備なのかだが そうした事をしないなら 秀吉の物の様な3.6kgの皮胴と言う様な物も多いのかだが
12-25 17:40

1574年に雪下胴が出ているなら 1570年代でも乗馬戦闘の多い東国ではそうした物は 指揮官級の者には装備される例が多かったのかだが
12-25 17:42

12-13kgの胴なら 至近距離で無ければ10匁侍筒も貫通しない可能性は有るだろうが 50m等では通常の筒で胴や兜鉢以外の場所を狙撃される危険も有るだろうか
12-25 17:44

西国であれ宗茂の様に乗馬戦闘を多用する者なら 馬にも装甲は有るのかだが 本陣備の他の騎馬武者にも有るのかどうかだが
12-25 17:47

指揮官が追撃戦中に 伏兵等に狙撃された例と言うのは 井伊直政以外は無いのかどうかだが
12-25 18:36

武田軍も背後に4000の兵が居ても 同程度の戦力の別働隊を編成し 此れで牽制しつつ退却すると見せ掛けて 柵外で中央を先に後退させつつカンナエの様に包囲し 銃が使えぬ白兵戦に持ち込む方向も有ったかも知れぬが 機動力の高い小幡信貞の騎兵を カンナエの様に背後に回す事は出来たのかだが
12-25 18:47

武田信繁が騎兵を単独運用した事は有るだろうから 小幡信貞以外の騎兵もこうした背後への動きは 出来たのかどうかだが
12-25 18:49

こう言う形で織田徳川連合軍を 撤退すると見せ掛けて柵の外に出し 中央を先に後退させてカンネーの様に包囲し 紫色の騎兵を背後に回り込ませると言う方向も有るだろうが 信長本隊は柵外に出ず追撃に加わらない可能性も有るなら 此れを牽制する兵も必要かも知れぬが https://t.co/3RGWWyEKqP
12-25 18:58

左に居るのは佐竹義宣の兵だろうが 右の後藤又兵衛・木村重成隊の者より馬鎧が多いのは 元常陸国の兵故なのかだが こんな形で乗馬戦闘したら 西国の騎兵に勝算は無いと言う事なのかだが https://t.co/X4bHpguTHt
12-25 20:02

大阪冬の陣図の下の場面では 背中と腰に指物を同時装備している兵が書かれる様に見えるが こうした兵は極少数なのかだが https://t.co/FIbNJwVGzj
12-25 20:40

左の騎馬武者も背部と腰に指物を同時装備しているのかだが 右の兵は腰に指物が有るのかどうかだが https://t.co/401c1wS6na
12-25 21:34

佐竹軍も下馬し整列した後藤・木村隊の騎馬武者の正面に乗馬突撃等しないだろうが 側面が空いていたら雑兵物語の様に乗馬突撃をしたのかどうかだが
12-25 21:40

陣羽織を着ている状態で 指物は装備しないと言う意見も有るが 大阪冬の陣図には此れを行っているらしき者が複数書かれるが 襟の部分から指物が出ている様に見えるが 浮世絵だと陣羽織背部の穴から指物を出しているし 現実にはこちらの可能性も有るのかだが https://t.co/NmcUbEcqwf
12-25 23:05

陣羽織の上に帯を巻く様な着方は 他の場面でも見るが この場面では刀が差されていない様に見えるが https://t.co/DUeGFDLCOQ
12-25 23:13

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10656-18c059a2