FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/SYLlLJX1f6 三浦按針はアルマダ海戦に兵では無いが参加しているが プレヴェザ・レパントやアルマダ海戦に参加したスペイン人兵等は 日本に居たのかどうかだが
12-22 09:11

https://t.co/mNvCp10JuQ 大太刀利用の薬丸自顕流だと横方向の斬撃は基本的に無いが 隊列を組んで戦う場合横に回し続けるのは困難かも知れぬし モンタンテは散兵的運用が主体と言う事だっただろうか
12-22 09:37

https://t.co/NoDUwO72hQ 大太刀も包囲される状況なら こうした横方向の回転も多用され得るのかだが
12-22 09:43

https://t.co/yetwfKT2uS 薬丸自顕流も意外とディフェンスから入っているし モンタンテよりかなり短い刀を利用しているから 反応性に差は有る訳だろうか
12-22 09:46

薬丸自顕流も受けてカウンターからの連打で敵の反撃を封じつつ踏み込んで倒すと言う様な方向と言う事なのかだが 甲冑で受けられる攻撃は甲冑で防いで攻撃を優先すると言う事はしているのかだが
12-22 10:07

ディグラッシの両手剣の片手突きと言うのも 両手突きの直後に行う例も有るのかだが 相手の剣を斬撃で弾いてからでないと 片手突きが弾かれる可能性は無いのかだが https://t.co/mYwm2t2X3L
12-22 11:08

大剣の片手突きと言うと 幕末の大石進の例も有るが 210cmの体格を生かせば 両手持ちで相手の竹刀を弾いてから突く必要も無かったと言う事なのかだが
12-22 11:19

https://t.co/MkyEmw8mQo 左は斬撃を受けつつ両手突きをしているが 現実には斬撃で剣を弾かれた後 逆に突きを入れられる例も多いのかだが
12-22 11:27

レパントの海戦等では こうした甲板上で戦うモンタンテの技も使われたのかだが 左右の細かい斬撃からの突きが基本なのかだが https://t.co/U4rxPxTIaP
12-22 12:02

下のレパントの海戦の絵だと 恐らくモンタンテを持つ兵は横に密集した状態で 盾に剣を振り下ろしている様に見えるが この状態で横方向に細かい斬撃をしていたのかだが https://t.co/Drluhi2BiI
12-22 12:07

https://t.co/4LAlGkfxtr モンタンテもこう言う狭い通路では 突きしか使わないと言う事なのかだが
12-22 12:24

https://t.co/T7vfp7JTn6 左では縦に斬る攻撃も利用しているが 2対1では隙が大きくなり踏み込まれる危険も有るのかだが 1対1では有用なのかだが
12-22 12:31

https://t.co/iyEFHv5jaY 左では1対1だが イタリア的に突きが主体と成っている様に見えるが
12-22 12:34

https://t.co/AVw7OySCFt  モンタンテも盾相手なら連続突きで踏み込まれぬ様に牽制しつつ 盾で防げない足等の場所に突きを入れると言う様な方向も有るのかだが 片手剣での防御は両手持ち大剣のパワーで突破出来る例も多いのかどうかだが
12-22 12:47

ツヴァイハンダーは軽量化の為に薄く 突きに適さないと有るが 鎖を貫くのは無理としても 16世紀の歩兵は胴の下に鎖は確か無いだろうし 騎兵も足には鎖は無いなら こうした部分への突きを多用して ダメージを与えていた可能性も有るのかだが https://t.co/TeN8EBMgLI
12-22 13:20

イタリアでもツヴァイハンダー(スパドーナ)は使われていると有るが https://t.co/LL0uealS4u 両手剣の突きを多用するディグラッシは16世紀の人間であるし イラストもツヴァイハンダーが書かれているなら 薄いツヴァイハンダーで突きを多用していたのかだが
12-22 13:27

貸し具足で無く共 足軽の二枚胴は割に早期から使われているのかも知れぬが そうした物には黒田屏風の物の様に 家紋は入らないのかどうかだが
12-22 14:18

両手剣で 盾を持つ兵の頭を打撃すると見せて視界を塞ぎ 他の場所を突く等する攻撃は多用されたのかだが 片手剣で斬撃を受けてもパワーで弾かれ 其の後に突きを入れられる危険も有るのかだが https://t.co/rCu0wyNrMf
12-22 15:23

そうした攻撃への対処は 後退して裏刃で斬る等する以外無いのかだが 見えない状態での攻撃が何処迄命中するのかどうかだが
12-22 15:27

モンタンテは秀吉に献上されたと有るが 此れを利用して戦っていた大友氏傘下等のスペイン・ポルトガル人兵は 果たして居たのかだが https://t.co/rGuvj5frak
12-22 15:34

ハプスブルクのスペインなら ドイツ人兵も多いかも知れぬが ツヴァイハンダーを船上で振り回していた者等は居たのかだが 商船で日本に迄は 果たして来ていたのかだが
12-22 15:49

オランダ人もツヴァイハンダー或いはモンタンテ的な物を 船上で利用していたかも知れぬが 大阪陣にそうしたオランダ人兵は徳川方等に居たのかどうかだが
12-22 16:02

https://t.co/Rf3v4OfsPk 1580年頃のツヴァイハンダーも有るが この時点では船上のみで利用されたのかだが
12-22 16:54

https://t.co/Q6XoyY0qWk 1580年頃のツヴァイハンダーは多数有るが 此れ以降の物は極少数しか見ないが
12-22 17:02

https://t.co/ZQYmDAUTx9 左の様な斬ると肉が飛び散ると言う様な 波状のフランベルクタイプの刃が有るツヴァイハンダー迄 日本で果たして使われたのかどうかだが
12-22 17:08

https://t.co/3iEOEzkGWI >ここに親交のしるしおして、モンタンテ刀(広刃の)2口・鎧2領・馬3頭・ピス トル2挺・テルザト刀(広刃の短剣)1口・金輪の帳帷2対・テント1張りを進呈いたします。  』
12-22 17:14

イタリア人のアレッサンドロ・ヴァリニャーノが1591年にモンタンテ2振りを秀吉に献上しているが ホイルロックピストルや板金鎧も同時に献上されたのかだが モンタンテはフランベルク的な刃が有る物が含まれた可能性も有るのかだが
12-22 17:17

モンタンテと言うのもイタリア製のツヴァイハンダーと同等の スパドーナの可能性も有るのかどうかだが 板金鎧はミラノ製なのかだが
12-22 17:19

ヴァリニャーノ等のイタリア人宣教師が日本に居たからと言って スパドーナをディグラッシ的に突き主体で振るう イタリア人兵等が日本に居た可能性は果たして有るのかどうかだが
12-22 17:55

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10653-8a6aa211