FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/19のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Ho80z4lBJK 上杉等の30匁筒程度の 口径25-30mmの大型銃が使われる例も西欧では有るのかだが 野戦では車に乗せる例も有るのかだが
12-19 10:39

https://t.co/FLNI1EeTDk 騎兵相手では無く歩兵相手に 数十等の大量の犬槍が利用された例は有るのかどうかだが
12-19 11:08

https://t.co/6hzH2Dt78w >北の戦いで不要のは刀盾手の投げ槍だ、刀盾手自体は必要だ。南の徒歩戦で刀盾手は投げ槍使って敵の隙を作る。北の対騎兵戦なら馬の動くが早い、投げ槍は当たらないだから不要だ。
12-19 11:11

とは言え碧蹄館では立花軍の投げ槍が 数十の騎兵に命中しているが 明の騎兵は重騎兵が密集突撃をしようとしていた状況だから命中したのかだが 散開して遠距離から矢を放ち偽装退却しようと言う軽騎兵には命中しないと言う事なのかだが
12-19 11:13

泥で騎兵の衝撃力が低下している状況で 前列が槍を受ければ更に衝撃力は低下し 前列の騎馬武者に阻止されている間に 至近距離からの弓の射撃を受け その間に遠距離射撃をしていた銃の冷却・清掃が完了し この射撃で大打撃を受け 白兵戦で止めを刺されたと言う事なのかだが
12-19 11:24

https://t.co/x6Fp7hd4Lk >騎馬武者の馬首に鉄砲袋を備え、弾薬の袋を馬尻に掛けさせて「火車懸」の戦術を繰り出した  この弾薬の袋かも知れぬ物が https://t.co/527xgGN2mj https://t.co/Lkez282f3A https://t.co/nVYW9G7uaS 左の雑兵物語の馬の鞍後部に書かれるが 果たして弾薬袋なのかだが
12-19 11:47

上の馬のホルスターに有る様な短銃の弾薬を大量に果たして装備しているのかだろうし 鞍後部に有るのは長銃の弾薬であり 短銃は長銃の装填中に奇襲を受けた際等に 利用される物の可能性も有るのかだが
12-19 11:49

馬装備の短銃は https://t.co/oawyhKhiCk 左の様な形で 下馬戦闘時にも装備される可能性は有るのかだが
12-19 12:03

長銃の弾薬が馬の前方に装備される例も 国芳の絵には有るが 戦国期と同様の位置に有るのかだが https://t.co/J6vRNf1a3c
12-19 12:23

下の塵砲と言うのは https://t.co/fWHp8VSfRm 散弾を放つ物らしいが 10匁等の侍筒が使われたのかだが 射程は短いだろうから 何処迄役に立ったのかだが https://t.co/2QzzrIZDLs
12-19 12:28

https://t.co/KOQC0VP9eh >【鉄散弾銃(塵砲)】散弾をバラまく、近距離制圧用の銃。点ではなく面を制圧できるため、短い射程での戦いでは大きな優位を確保できたことでしょう。長さは60~80センチ、重量は2~3キロとやや重め。6mmの弾丸をまとめて発射したとされます。
12-19 12:32

1匁弾で8.7mmだろうから 塵砲もこれ以下の小さい弾を多数放つ 10匁以上の銃と言う事なのかだが
12-19 12:33

雑兵物語に銃を持って乗馬突撃する関東の騎馬武者が書かれるし こうした兵が至近距離で散弾を放っていた可能性も有るだろうか
12-19 12:48

雑兵物語の関東の騎馬武者は側面から乗馬突撃していたし 正面突撃時に散弾を放っても 6mmの弾では垣盾は貫通出来ない可能性も高いのかだが 正面突撃時には通常弾が放たれると言う事なのかだが
12-19 12:55

明等の密集する乗馬騎兵に対しては 人を撃って馬を混乱させ衝撃力を低下させる例も有るのかだが こうした真似が出来るのは士鉄砲組だけなのかだが 日本の騎兵も乗馬追撃時には密集しているかも知れぬし こうした状態で人を撃って追撃速度を鈍らせる例も有るのかだが https://t.co/q2fLEY3mVW
12-19 13:15

関東の乗馬突撃する騎馬武者に対して こうした事が行われた例も有るのかだが
12-19 13:18

接近戦では備の両翼に展開する 下では緑色の銃・弓兵は 敵の銃・弓兵を壊滅させた後は 敵の赤の騎馬武者 青の槍足軽 或いは黄色の士大将の護衛歩兵を攻撃すると言う事なのかだが https://t.co/x0lgmiK8d6
12-19 15:26

銃兵は残弾が有れば白兵戦はせず 銃撃を優先するかも知れぬし 弓兵は残弾が無い場合は 士弓組は打根を利用し 弓足軽は弭槍利用の接近戦をしたのかだが 弭槍では槍足軽・士大将の護衛兵の刀に対抗出来ない可能性も有るだろうし 士鉄砲・士弓組が槍で攻撃していた可能性も有るのかだが
12-19 15:30

士鉄砲組は接近戦時は高精度の射撃をする必要も無いなら 雑兵物語に有る様に奉公人に銃を撃たせて 槍に持ち替える可能性も有るだろうが 士弓組は槍は使用せず打根を放つ可能性も有るのかだが
12-19 15:33

士鉄砲組の槍でも騎馬武者以外なら対抗は可能なのかだが 正面戦闘もしている敵の騎馬武者を横から倒す事なら容易なのかだが 士弓組の打根や冷却・清掃が終了した足軽・奉公人の銃の ある程度の援護も有る訳だろうか
12-19 15:40

下の雑兵物語の場面では 一番手で遠距離射撃をしていた銃兵が 銃の冷却・清掃終了後 騎馬武者の乗馬突撃とほぼ同時に発砲したと言う事なのかだが https://t.co/jSU3DezLJr
12-19 15:59

https://t.co/F8dASKP8lj 耳川の高城攻撃時に大友軍の国崩しが使われているが 野戦では使用したのかだが
12-19 16:24

https://t.co/5i8TVzh7O8 耳川に立花道雪が居たら 偽装退却には此処迄は掛からなかった可能性も有るのかだが
12-19 16:25

日本的な紋の入る南蛮服が 洛中洛外図・舟木本に有るが こうした物は 日本の西欧人が買っていた可能性は有るのかだが https://t.co/YWxOlUNt0W
12-19 17:11

此れも日本的立涌紋が入る カルサン的袴なのかだが https://t.co/cuo010MSbR カルサンはアラブ的な物だが 上着はそうでは無いと言う事なのかだが カルサン的な物も短い物は西欧の物なのかだが https://t.co/NJXtGRp9nB
12-19 17:25

https://t.co/XEPSfGSTQg https://t.co/92kPL7tARt ドイツ兵がカルサオ的な物を 着ている絵も有るだろうから 欧州本土でもこうした物は着られたと言う事なのかだが
12-19 17:29

レパントの海戦の絵の左のズボンは カルサオ的かも知れぬが 日本に来る商船の戦闘員は こうした物は装備していたのかだが https://t.co/wNYn5yxocA
12-19 17:44

大友氏傘下等の西欧兵の服も 消耗し日本製の物に変更された可能性は有るのかどうかだが
12-19 17:46

https://t.co/aIxc07WCxr 鎧の上にこうした服が有る例も レパントの海戦の絵では無い様に見えるが
12-19 18:53

https://t.co/FAKhPqYOag >伊賀袴は南蛮衣装が流行した頃、南蛮式ズボンを知った当時の武将たちが、戦闘用として使用しやすいことに注目し、南蛮式ズボンと日本の袴を折衷したものを、職人に作らせました。それを「たっつけ袴」「カルサン袴」と呼びました。
12-19 19:14

大友氏等の傘下の西欧兵が カルサン袴を装備した可能性も有るのかだが
12-19 19:15

南蛮屏風の黒人は 靴は無いのか共思ったが https://t.co/82pL9lAuwi 左は有る例も書かれていると言う事なのかだが
12-19 19:22

黒人に靴が無いのは 作業員が多いから靴の消耗も多く 補給の問題が生じる故なのかだが ヤスケは日本製の西欧靴では無く 草鞋や足袋を与えられた可能性も有るのかだが
12-19 19:25

https://t.co/YUJvnOduFP 白人でもフランシスコ会修道士は 靴が無いが >足元は裸足で、人びとの施しに頼って生活をすることから「托鉢修道会」と呼ばれています。  と言う理由でだろうか
12-19 19:46

https://t.co/02tVwXjdVb 象を操作しているのは モザンビーク等の黒人では無く インド或いは東南アジアの者の可能性も有るのかだが
12-19 19:57

https://t.co/99xtoJtq4x 左のアルマダ海戦の中央の兵の 首のリボンの様な物は 商船の者は装備しているのかどうかだが
12-19 20:33

Googleカレンダーの 今日の部分の背景色が無くなって 位置を直感的に把握し難く成ったが https://t.co/aRieeBXWBw chromeなら左の拡張機能で 今日等の背景色は変更可能の様だが
12-19 22:15

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10650-cdd4a651