FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/17のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/4QC38jTAyw 風流踊・水掛祝図屏風に豹の皮の有る帽子が有るが こうした物が戦場で利用される例は有ったのかだが
12-17 11:37

こうした南蛮傘形兜が 1566年に作られていたのかだが 本物の帽子をこの上に被せた例も 和田惟政等の場合有るのかだが その場合は前立は無いと言う事なのかだが 同時期に和製南蛮兜も有るかも知れぬが 桃形兜の方が圧倒的に多いのかだが https://t.co/MlpAnH1AWK
12-17 15:57

https://t.co/luTvVDhYCa 高山右近の南蛮兜等も有るが 江戸期の和製南蛮兜なのかだが
12-17 16:15

https://t.co/1ZWv9oNjAY >彼ら・キリシタンの将兵たちは、十字架(クルス)で飾られた盛装で、ある者は十字架を兜に、ある者は十字架を旗に付け、また他の者は十字架を衣装に描いていました。 また、信長の息子(6男・三吉信秀)は、美しい象牙のロザリオを首にかけていましたよ。
12-17 16:19

十字架の入る旗は見ないが https://t.co/jiyfonOq83 黒田屏風に十字架らしき 指物は有るだろうか
12-17 16:28

https://t.co/xMK0WEVole 左の様な単純な和製南蛮兜は 1590年台なら有るのかどうかだが
12-17 16:45

下の文禄頃の兜に一枚シコロが有るが 此れ以前には有るのかだが https://t.co/NfIlPKxFlM
12-17 17:14

文禄以前にもそうした一枚シコロは立花家の桃形兜には有る様だが 1580年台には有るのかだが https://t.co/ZafBS9KGTZ
12-17 17:19

此れは天正末辺りの物と言うが 1580年台後半の物なのかだが https://t.co/uX14Y3BQrQ
12-17 17:33

2つ共永禄期の物の様だが こうしたシコロは1580年代でも有ったのかだが https://t.co/YbSMYHUUdb
12-17 17:38

文禄期でも福島正則の兜には こうした開いたシコロが有るだろうか https://t.co/zIhlHeohbg
12-17 17:53

米国でも高校生投手の“酷使”が問題に…近年のデータで浮上する「恐るべき事実」【杉山貴宏】 https://t.co/W8iVv3BXS5 >つまり、高卒時に93マイル以下しか投げられない投手はドラフトで1巡指名されない。  此れは成績が良い者が速球投手に集中している故だろうし 例外も何人かは居る様だが
12-17 18:32

https://t.co/7tp05dr8gH >平山城を包囲する一揆方隈部氏配下の有働兼元軍を統増や米多比鎮久ら騎馬鉄砲[注 9]の先陣が引き離しつつ、第二陣に守られた輜重隊が城に兵糧を搬入、長槍の第三陣が有動軍を永野原において撃破し有働志摩守を討ち取って、「火車懸」という戦術を繰り出した[8]。
12-17 18:39

騎馬鉄砲利用の火車懸と言うのも 肥後国人一揆では 敵を銃撃してから機動力で離脱し 兵糧搬入の為に敵を引き付ける役目だけだったのかだが 第三陣の長槍兵と言うのは 伏兵だったと言う事なのかだが 騎馬鉄砲は伏兵の居る所迄離脱後 反転し射撃はしていたのかだが
12-17 18:42

>6月26日、宇喜多秀家の要請で火計と釣り野伏せ戦法を使って漢城北方の朝鮮軍を駆逐。  文禄の役のこの辺りでも 騎馬鉄砲を利用して敵騎兵等を伏兵に 誘引していた可能性も有るのかだが
12-17 18:45

碧蹄館では馬が運用し難い天候だったから 騎馬鉄砲運用は有るのかどうかだが 宗茂自身は騎乗戦はしているが 機動力を生かす戦いは無いと言う事なのかだが
12-17 18:52

>十時連久、内田統続、安田国継(此時の名は天野源右衛門貞成と呼ぶ)らは槍を投げて数十騎を突落し、  此れは所謂犬槍の利用なのかだが 数十等投げられたのは 投げ専用の槍が無いとすると 足軽の安い持槍と言う事なのかだが 持槍足軽では無く騎馬武者が投げたのかだが
12-17 19:08

>騎馬武者の馬首に鉄砲袋を備え、弾薬の袋を馬尻に掛けさせて「火車懸」の戦術を繰り出した  高精度の射撃が出来る士鉄砲組が乗馬し 遠距離から一発放って離脱 追撃して来る敵歩兵を引き離した所で再装填 再度銃撃・離脱を繰り返しつつ 敵を伏兵の居る場所に誘引したと言う事なのかだが
12-17 19:18

碧蹄館の明軍先鋒部隊は騎兵だろうし 騎馬鉄砲も一発放って離脱する以上は出来ないだろうが 此れで伏兵に敵を誘引していた可能性も有るのかだが 後方の火器を持つ歩兵部隊には 銃は離脱しつつ連発出来たと言う事なのかだが
12-17 19:21

騎馬鉄砲も銃の冷却・清掃を考慮すると 伏兵突入前に5発以上は放っていないと言う事なのかだが 突入後に清掃・冷却をした後 再度射撃をするとしても 通常の30発以内に収まっていた可能性は有るのかだが 伏兵が乱戦に突入した後は銃撃は困難として 接近戦をしていた可能性も有るのかだが
12-17 19:39

騎馬鉄砲の弾薬も 襷早合及び馬に胴乱を装備していたと言う事なのかだが 胴乱は騎馬武者の腰に有る可能性も有るのかだが
12-17 19:43

https://t.co/422fl5r8cR 襷早合も 左を見る限り4発なのかだが 銃に予め装填してある物を含めると 5発だろうから 一回目の冷却・清掃迄の分は足りると言う事なのかだが 襷早合に更に早合が有る可能性も有るのかだが
12-17 22:50

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10648-9b09ae82