FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/15のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/VDhOyGmJmO 黒田屏風の真田隊の薙刀が異様に多いのは 家康本陣突入を考慮して 槍に斬り込む事を狙っていた可能性も有るのかだが https://t.co/RgGpPstjrC 槍勝負の前線では特段薙刀は多くは無いだろうか
12-15 09:40

https://t.co/JjdM9GeWTN https://t.co/vIV6t9Am61 戦国期の船手具足も左の様な鱗札が多い形式なのかだが 鱗札は無いか前田慶次の具足の様に極限定的に使われる可能性も有るだろが 左の様に素懸縅には成っている可能性も有るのかだが
12-15 09:54

素懸縅では有るが 越中的な軽量な物が使われる訳では必ずしも無いのかだが
12-15 09:56

https://t.co/FP5Xar7mVC 左のスペイン兵のハーフパイクは 海戦用かも知れぬが https://t.co/ihErOdUYp8 ボーディングパイクは基本的にこの枝付き形式なのかだが 2.5mの物が有ると言う記述も有るから日本の騎馬武者用槍共 何とか渡り合えるのかだが 2m程度の物も多いのかだが
12-15 11:23

https://t.co/R6cR3lMK3S 左のレパントの海戦の絵の左下のスペイン兵の槍は ボーディングパイクなのかだが 枝が有るかは良く分からないが
12-15 11:39

槍は殆ど書かれていない所を見ると スペイン軍船の白兵戦部隊はロデレロ主体で指揮官はボーディングパイクを持つと言う様な形式の可能性も有るのかだが 陸戦で槍主体の日本軍にロデレロで斬り込むと言う事は考えるのかだが
12-15 11:46

レパントの海戦の絵には 盾と槍を持つ様に見えるスペイン兵が居るが 槍はコルセスカ的にも見えなくは無いが 士官的な兵なのかだが https://t.co/0pGX6Hn3h9
12-15 12:01

下の場面の槍は盾とは併用されないが 先端形状は良く分からないが 両手剣はこの絵が書かれた1603年時点で有るのかだが 英が両手剣を船上で使用したと有るが 此れは16世紀の話なのかだが オランダの場合は17世紀後期でも城に両手剣装備の兵が居るが 船上では使用したのかだが https://t.co/bvMIhYeMha
12-15 12:33

両手剣を持つ者が日本に来る西欧の商船に果たして居たのかだろうし ロデレロと銃兵・砲兵及びボーディングパイクを持った極一部の士官しか居ない可能性も有るのかだが
12-15 12:35

大友軍等に両手剣を持つ西欧の兵が仮に居ても 剣はロングソード程度の110cm程度の物しか無いなら 日本の槍に対抗する為に日本製大太刀を使用した可能性も有るのかだが ロデレロも槍に対抗困難と見て 槍や大太刀に持ち替えた可能性は有るのかだが
12-15 12:42

日本の縦深が無く後列の支援の無い槍衾なら ロデレロでも突破可能と見て剣と盾を使い続ける者も 或いは居たのかだが
12-15 12:43

https://t.co/1fzX0gxA7f 塚原卜伝の場合は85cmの太刀で薙刀に対抗しているから 110cmの両手剣で日本の槍に対抗しようと言う 大友軍等の西欧兵も居た可能性は有るのかだが ロデレロの剣も含め消耗を考慮すると 日本製の刀に変わった可能性は有るのかだが
12-15 13:05

日本の絵で槍を持つ黒人も帯剣していないなら 白人兵士官のボーディングパイクを武家奉公人の様に持っているのみと言う可能性も有るだろうし 戦闘員では無いなら ヤスケも日本製武具を使用していたと言う事かも知れぬが
12-15 13:13

ヤスケに腕力が有るとしても 大身槍や大薙刀・大太刀・金砕棒等の重量武器を果たして利用したのかだが
12-15 13:14

そうした大友軍等に居たかも知れぬ西欧兵の兜・胸甲に 日本製パーツが追加される際に 漆が兜や胸甲にも塗られた可能性は有るのかだが 元の色の様に銀が張られた可能性は有るのかだが
12-15 13:22

ロデレロの盾は鉄製だが 此れは消耗が激しいとして漆は塗られぬ可能性も有るのかだが
12-15 13:29

Check out 7 DAN MONGARA KIRITSUKE KOZANE SODE of YOROI : AX design : EDO : 9.8 × 9.4 " https://t.co/gNG1O8ktdC via こう言う鉞紋が有る具足は 戦国期に有るのかだが
12-15 14:42

https://t.co/6HX1HhZ8hM 目潰しも卵の殻利用では携行時に割れる危険も有るのかだが 忍者用としては 紙に入れた物が使われる可能性も有るのかどうかだが
12-15 15:42

https://t.co/7gSGcLyjSX 忍秘伝の音を発しない歩行術も有るが https://t.co/si9jnibY0j 鶯張りの様に音を立てるタイプの床では効果は無いと言う事なのかだが
12-15 15:49

https://t.co/ALTielYCjX 鶯張りは意図的な物では無いと言う意見も有ったが 誤りと言う事なのかだが
12-15 15:54

https://t.co/igBqVUe00G 左の物の様に黒と金が入る様な物は商船には無いかも知れぬが 漆塗りで似た様な物が模された可能性は有るのかだが
12-15 16:01

https://t.co/5iSriMhXNG シンプルな黒と銀の兜なら商船にも或いは有るのかだが 後で漆塗りでこうした色にされた例も有り得るのかだが
12-15 16:04

https://t.co/wDp3zHEqrf こうした銀と金の兜を 漆塗りで模した例も有るのかだが
12-15 16:05

https://t.co/zOXFdokjgl こうした胴が分割されるアニマ鎧は高価と言う事だっただろうから 商船の兵には無いと言う事なのかだが
12-15 16:09

https://t.co/SRFaBRCE2V こう言う物が販売・贈答用に日本に来て 雑賀兜の原型と成った可能性は有るのかだが
12-15 16:13

https://t.co/zOL02OO6hl 宣教師が日本に持ち込んだかも知れぬバーゴネットが有るが バーゴネットは熱が溜まり易いかも知れぬし 日本やアジア地域での実戦使用は果たして有るのかだが
12-15 16:22

日本で長時間下馬戦闘等したら 更に熱は溜まるだろうか
12-15 16:23

https://t.co/qqFHrIHXmO 雑賀兜に花形の鋲が有る例も有るが https://t.co/CPCUcqMJtq 左の様な西欧兜の飾り鋲の模倣なのかだが 籠手の手甲等に入る花状の切金も 此れの影響が有るのかだが
12-15 16:32

https://t.co/qBGwt1hJmP レパントの海戦の絵の一部のスペイン軍銃兵は甲冑が有るが 階級差等は何か有るのかだが
12-15 16:53

レパントの海戦の絵の場合 鎧の上に服を着ている例を見ないが https://t.co/5IwSiSuRmK 一部の高位の者以外は無いのかだが 大友氏等の傘下の西欧兵に 防寒用等で陣羽織が拝領された例等も有るのかだが
12-15 17:19

https://t.co/acDtJVshK8 レパントの海戦の高位の者は マントの様な物を装備しているが 通常のマントなら https://t.co/VqPVkt87hK 左の絵の一般人は装備している者は多いが 兵で装備出来るのは可也高位の者だけなのかだが
12-15 17:36

靴は日本で補充可能なのかと言う事は有るだろうが 大友氏なら日本製の南蛮服や靴が かなりの数製造されている可能性も有るのかだが
12-15 17:44

西欧剣は補充可能なのかだが 大友氏なら西欧船から調達は可能と言う事なのかだが 海戦用では無い板金鎧のパーツ迄は サイズを合わせる必要も有るなら果たして手に入るのかだが
12-15 17:49

https://t.co/xxbOHjXlGh 西欧人の女が書かれるらしき恐らく16世紀の絵も有るが 西欧人の女は日本に来ていないと言う意見も有るから 日本人なのかだが 漫画の様な西欧人の女戦士が 大友軍等に居た等と言う可能性は有るんかだが
12-15 18:20

https://t.co/SScGXktlna 平戸商館にはオランダ人の夫人が居たと言うから 1609年より前も居たと言う事かも知れぬが 剣が使える者等は居たのかだが 日本で生まれた女の子供が日本で武術を習って 日本武術で戦うと言う様な事は有り得たのかだが
12-15 18:28

https://t.co/gAIYyjPzBX アイルランドの16世紀後期の女海賊 グレイスオマリーの様な 海賊的な女がアジアや日本に来ていたと言う可能性は 果たして有るのかどうかだが
12-15 18:48

https://t.co/d17wTq5Vbo >これに限らず都市の包囲戦では、陥落すると略奪・強姦の対象となるため女性も防衛に関わり、直接戦闘に加わることも決して珍しいことではありませんでした。  とは言え剣が使える者は 日本程多くは無いと言う事なのかだが
12-15 18:53

https://t.co/yQuQMts7iC >女性のみの騎士団が一時期カタロニアにあったそうです。  とは言え一般の商船に乗る様な者は 剣はほぼ使用出来ないと言う事なのかだが
12-15 18:56

https://t.co/pOFIanxq4b 尖った鏃が有るが ボドキン的に南蛮鎖を貫通する為の物では無いと言う事なのかだが
12-15 19:39

鍵槍を使えるレベルの持槍足軽なら https://t.co/DhS2tioq4Y 左の様な陣笠術も使えるのかだが 果たして何処迄使われたのかだが
12-15 20:54

大友氏支配地域に住んでいる 剣を使えない西欧人女が 日本で女が武術を習っているのを見て 自分も日本武術或いは西欧武術を習うと言う様なパターンも有るかも知れぬが 果たして兵士に迄は成るのかだが
12-15 21:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10646-7eeb56ad