FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/11のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/Ce9ldY1ezb >そのほかにも豊臣秀吉が「カフル人」の踊りを見て褒美を与えたなど、さまざまな記録にアフリカの人々の姿が残されています。  カフルはモザンビークと言う意見が多いが 踊りと言うのは西欧的な物では無いと言う事なのかだが
12-11 10:51

ポルトガルのモザンビーク完全植民地化は17世紀中盤であるから 16世紀後期では現地の文化が依然残っていたと言う事なのかだが
12-11 10:57

https://t.co/LZ7dT0oAvF >ところでその場には砲手がいなかったので、一人のアフリカのカルフ人が弾丸を込め、一人のマラバル人が点火していた。そうした厄介な操作にもかかわらず砲は見事な協力のもと発射を始めた。
12-11 11:05

>何分にも敵兵は大群であったから弾丸が当たり損ねることがなく、敵の一群が木端微塵に粉砕されると https://t.co/VVkGy8fSFl >浜手(有明海側)を密集して進む龍造寺軍の江上勢・後藤勢2千に対し、  と有るから 密集陣に葡萄弾等が撃ち込まれた可能性も有るのかだが
12-11 11:08

発射速度の高速なフランキ砲から 葡萄弾が短時間に連続して密集陣に撃ち込まれたから 2000の兵は敗走したと言う事なのかだが 明のフランキ砲は余り役に立っていない様に見えるが 龍造寺軍が狭い地形を通っていたからこうした物の効果が出ていたのかだが
12-11 11:11

大友宗麟が使用した国崩しの場合は キャニスター弾的に4・5・6匁弾が多数詰まっていたが 沖田畷の戦いの物は日本人の操作さえ無いから 西欧製の葡萄弾利用なのかだが
12-11 11:16

泗川の戦いの島津軍の砲は キャニスター弾的な物では無く鉄片や鉄釘が入っていたと言うが https://t.co/7TohfYwGAw 西欧でも同様のラングリッジ弾と言うのが有るが 此れの模倣なのかだが フランキならこうした物も高速連射可能と言う事なのかだが
12-11 11:23

https://t.co/7ib0uJR9xT >野戦の関ヶ原で、石田三成が、大砲を使った時は、大量の鉄砲の鉛玉や小石を詰めて、散弾銃のようにまき散らしたそうです。  関ヶ原では大友宗麟の国崩し同様に キャニスター弾的な物を利用していたのかだが 何処迄役に立ったのかだが
12-11 11:29

https://t.co/TuCbfV0vHl >このフランキ砲は国産化に成功し、石田三成が関ヶ原の戦いで使用しています(5門)。また大坂の陣で豊臣方が使用したのも同タイプだと考えられています。   関ヶ原の西軍のフランキは5門と言うが 此れ以外に日本製大鉄砲の散弾もかなり放たれていたのかだが
12-11 11:32

とは言え500匁等の大筒は大量に有ったのかどうかだが 20匁程度の物が多かった可能性も有るのかだが
12-11 11:33

https://t.co/QMVxHLeUFa >らに、関ヶ原の戦いは弓矢や刀を使った戦いと思われがちだが、大砲や銃砲を用いた重火器戦だったようだ。西軍は5砲、徳川東軍は30砲で戦い、武器装備の差が出た、と指摘されているのである。徳川側はなぜ、多くの西洋武器を持っていたのだろうか?
12-11 11:42

関ヶ原の東軍の砲は30門も有ったのかだが 遭難したリーフデ号の大型大砲19門・小型大砲12門が利用されていたのかだが
12-11 11:50

https://t.co/ZDUHBdYFKk >関ヶ原の戦いではリーフデ号搭載の大砲が実戦使用され、記録では南蛮人も加わったとされ、一説ではウィリアムたちではなかったかとされ、  東軍の砲は西欧人が砲手だったのかだが
12-11 12:01

リーフデ号の艦載砲は前装式砲と言う事だろうが フランキと比べ散弾の発射速度は遅いが 射程は上と言う事だろうか
12-11 12:03

そうした西欧製の砲より 日本製大筒・大鉄砲の散弾の方が射程は兎も角量は多いと言う事かも知れぬし 西欧砲散弾・通常弾の射程は何処迄生かされたのかだが
12-11 12:10

https://t.co/m7H5R7qTCW >なお大砲も、西軍5門に対し東軍30門以上と、東軍が優位に立ち、リーフデ号の乗組員だったヤン・ヨーステン(注4)も、リーフデ号が積載していた大砲の臨時砲手として出陣しています。
12-11 12:21

ヤン・ヨーステンだけで砲を操作出来たのかだろうし 他の西欧人も関ヶ原に多数居たのかだが 500のマスケット銃がリーフデ号に有ったが 此れは使用されたのかだが 緩発式で銃身精度も低いから 近距離で侍筒の様に使われた可能性も高いのかだが 西欧人が操作した可能性も有るのかだが
12-11 12:25

散弾装備の海戦用ホイルロックピストルも リーフデ号に多数有ったのかも知れぬが 此れは何処迄使われたのかだが 西欧人砲手等が自衛用に装備していた可能性も有るのかだが
12-11 12:28

https://t.co/4dHGz09o82 関ヶ原と同時期のキルホルムのスウェーデン軍の大砲は11門 ポーランド軍は5門だが 此れ以前のパヴィアでは仏の砲は50門有るが 攻城戦と言う事かも知れぬが https://t.co/L1YnmwHJGq リュッツエンの皇帝軍の砲は24門程度だろうか
12-11 12:49

https://t.co/L1YnmwHJGq リュッツエンのスウェーデン軍の40門の軽砲と言うのはレザーキャノンなのかだが 関ヶ原の東軍の軽砲より小型と言う事なのかだが
12-11 12:52

モハーチのハンガリー軍の砲は50門だろうが 重砲が多いのかどうかだが
12-11 13:17

関ヶ原の東軍のリーフデ号の砲の散弾は西欧式の葡萄弾なら 射程は西軍のフランキのキャニスター的な物よりは無いのかだが 重砲は葡萄弾は無い可能性も有るのかだが
12-11 13:34

関ヶ原の東軍に30門の西欧砲が有ったとしても 島左近を阻止したのは黒田の狙撃兵だろうし 以後の戦闘でも此れは何処迄役に立ったのかだが 砲が無ければ島左近を狙撃する前に 突破されていた可能性も有るのかだが
12-11 14:50

西欧軍の運用では砲は中央に集中配置されている例が多いから 中央の松平忠吉・井伊直政の隊の前面辺りに 30門の砲が配置されていた可能性も有るのかだが https://t.co/3JrMnFFwic 端の方に居る 島左近が突入した黒田軍の位置には援護射撃はしていたのかどうかだが
12-11 15:17

黒田軍も中央から500mは離れているなら 葡萄弾での援護は困難と言う事だろうか
12-11 15:17

https://t.co/USvCj6iq5J  西軍中央の宇喜多・小西隊辺りが30門の砲の集中砲撃を受けていた可能性も有るのかどかだが
12-11 15:22

500丁の10匁狭間筒相当のマスケット銃も 砲の付近に配置され 近接戦では役に立っていた可能性も有るのかだが
12-11 15:24

https://t.co/2QuePB5uEs ブライテンフェルトでも砲は中央に配置されているが サクソン軍の砲はサクソン軍の中央に有ると言う事だろうか
12-11 15:32

https://t.co/OsC9bQYscc キルホルムの場合は スウェーデン軍の砲は中央に集中配備と言う訳でも無いのかだが
12-11 15:36

東軍の30門の砲も 石田隊に通常弾の遠距離砲撃をしていた可能性も有るだろうが この付近は野戦築城されていたと言う事なら 打撃は余り与えられていないのかどうかだが
12-11 15:42

中央に居た松平忠吉・井伊直政隊が宇喜多隊に突入していると言うのが事実なら 30門の砲は宇喜多隊に向けられていた可能性も有るのかだが
12-11 15:46

合法サイズ 珍品 槍 時代外装入 旧家買取品[K13] https://t.co/r7kbOMPpwr こう言う後端部の有る槍の穂も 他に見ないが
12-11 16:24

https://t.co/W8eGqo8uqL こう言う古い様にも見る眉庇形状としても 室町期の物なのかどうかだが
12-11 16:43

https://t.co/SLqDS40m4i こうした下が細い樋も 笹穂槍以外でも有ると言う事だろうか
12-11 16:57

福島隊6000が宇喜多隊17000に善戦したのは 30門の砲と500のマスケット銃の援護が有った故の可能性も有るのかだが
12-11 17:05

武用弁略にはサイの角の立物が有るが 此れは脇立なのかだが 非対称の角が有る脇立の現物も確か有ったが サイの角を模しているのかどうかだが https://t.co/O7UP9SYBTm
12-11 18:24

https://t.co/0bHg7qjiFK 左の角の脇立は非対称なのかだが サイの角を果たして模した物なのかだろうし 古い兜なのかどうかだが
12-11 18:35

https://t.co/SM3ZXRAumM 左もサイの角を模したのかだろうし 古い物なのかどうかだが
12-11 18:38

https://t.co/KsjdUbHoH9 稲葉貞通の巨大な脇立の有る兜は 犬山城内で使用されていたのかだが
12-11 19:29

https://t.co/i45LMyzRVP 大内義隆の板札製の喉輪も有るなら 最上胴は1551年時点で存在していたと言う事なのかだが
12-11 19:34

最上胴も1540年台には恐らく有るなら 銃の影響は無いと言う事なのかだが 1520年代末に刀の寸法が伸びたが 此れは打物に強い最上胴の隙間を狙う為に伸びたと言う可能性も有るなら 1520年代には最上胴は大量に有った可能性も有るのかだが
12-11 19:49

30門の砲は大阪陣でも使われたと言うが 500丁のマスケット銃も使われた可能性は 有るのかどうかだが 瞬発式銃に改造等はされていたのかだが 銃身の精度が無いなら 射程は何処迄伸びたのかだが
12-11 20:31

そうしたマスケット銃に似せて 10匁狭間筒に杖を装備して野戦運用した可能性は有るのかどうかだが 垣盾の上に乗せたり銃眼を利用した可能性も有るのかだが 大阪陣の上杉軍の20匁の雷筒は長銃身では無いし そうした物の模倣では無いと言う事なのかだが
12-11 21:40

https://t.co/JJ4cPIp5ar 水野勝成の具足の草摺の幅は やや広い様に見えるが 此れは https://t.co/Huntum5xns 蟹江城合戦で滝川三九郎に2槍入れられたと有るから 草摺の隙間をやられていた可能性も有るかも知れぬし 故に草摺を広くして隙間を狭くした可能性も有るのかだが
12-11 22:00

https://t.co/H1bEo48g3z https://t.co/TF05XUXlvZ 加藤清正の具足の草摺は 幅は広いのかどうかだが 2枚が前で重なっている様にも見えるが
12-11 22:10

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10642-d883e85a