FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

12/10のツイートまとめ 

boukenkyuu

上杉謙信の亀甲金の篭手が当時の物なら 1570年台には亀甲金は有ったと言う事かも知れぬが https://t.co/Tvmltmr0Y9 龍造寺隆信の亀甲金の小鰭・脛当の立挙は1584年迄の物なのかだが https://t.co/LMSX93cyuB 小幡信貞の具足にも同様の物が有るが 1592年迄の物の可能性も有るのかだが
12-10 10:53

甲冑の紋のサイズは 大阪陣では未だ大型であると言う事なのかだが https://t.co/kzXGQ94ma0 左の松平信一の具足は家康から拝領した物と言うが 1595年以降の物と言う事なのかだが 関ヶ原ではこうした大型の紋が使われたと言う事なのかだが
12-10 11:06

戦国期で大きく無い紋が入る例としては  https://t.co/SKkUtBz1h2 左の後藤又兵衛の物も有るが 此れは古い具足なのかだが
12-10 11:12

https://t.co/4jfwGN6bG7 左の立花宗茂の胴の紋も やや小さいと言う事なのかだが
12-10 11:17

https://t.co/vYSNnLzDRk 左の真田昌幸の佩楯の紋は やや小さいと言う事なのかだが
12-10 11:33

https://t.co/LN9zwrmhKH 左の加藤清正の胴の紋は立花宗茂の最上胴と 似た位置に有るが https://t.co/R7hy7TCHyy 左の物は下部に有りやや大型だろうか こうした物も陣羽織でかなり隠れる例も多いのかだが
12-10 11:46

古い物でも紋が小さく成る例は https://t.co/LMSX93cyuB 左の小幡信貞の物が有るが 段替的胴の板札部分が小さい場合 此処に入る紋が小型化されると言う事なのかだが
12-10 11:48

https://t.co/W1A55OMAcC 八田金十郎の胴の場合は 横長の蒔絵が有るだろうか
12-10 11:53

https://t.co/MT8HmCqjMF 榊原康政の胴の紋は 胸板部分に迄出ている訳だろうか こうした大型の紋が鼻紙袋で一部隠れる例等は有るのかだが
12-10 11:57

下の絵の様に胴の下部は鼻紙袋が有り この部分の段は縅糸が有り紋は無く この上部の段に鉄板札が有り 紋が有ると言う様な例は有るのかだが https://t.co/12Iarj2IvF
12-10 12:08

https://t.co/q2m5IGV3AR 左の酒井忠次の具足の様に 巨大な鼻紙袋が有る場合は上部の紋は小型化し得るのかだが 古い陣羽織に入る紋でもそう大きくは無い例も有るから 胴にそうした形で小型の紋が入る例は有るのかだが 草摺や胸板の紋も小さいだろうか
12-10 12:15

酒井忠次の具足に有る様な巨大な鼻紙袋装備の胴だと 下の絵の様な形で小型の紋が入る例も有るのかだが 鼻紙袋装備の段替胴は今の所見ないが https://t.co/GveYxwSpPt
12-10 12:29

本多政重の胴には上部に小型の紋が入るが 大阪陣迄の物では無いと言う事なのかだが
12-10 12:34

https://t.co/DpIAKlBORz 段替胴に左の様な小さい紋が入る例は 戦国期には有るのかどうかだが
12-10 13:00

段替胴では無いが 胸取胴なら鼻紙袋装備の物も有るが 大型で上の方に付いている鼻紙袋も有る訳だろうか https://t.co/0a20CPMRBu
12-10 13:43

戦国後期の篭手に入る紋も 左の上杉景勝の物辺りが標準サイズなのかだが 右の謙信の物は標準よりは小さい物なのかだが https://t.co/QT9LyjPB8W
12-10 13:48

https://t.co/kzXGQ94ma0 左の松平信一の手甲の紋は大きいが 此れは標準サイズでは無いと言う事なのかだが
12-10 13:50

https://t.co/lD6VuPuh1L 左の様に下部に縅糸の有る 鼻紙袋の付いた胴は https://t.co/doce9JtRyf 左に有る様だが 桃山期の物なのかだが 鼻紙袋の無い腰取胴で上の板札部分に小型の紋の有る例は有るのかだが
12-10 14:07

https://t.co/M1UQdJ81M8 上田宗箇が大阪夏の陣で使用した具足は腰取胴の上部に紋が有るが そう小さい紋では無いと言う事だろうか
12-10 14:12

https://t.co/6M2NmAoagz 左の村井長頼の仁王胴には小さい紋が有るが 果たして1605年迄の物なのかだが
12-10 14:46

打根、袖槍、古武道、忍者 https://t.co/ncEncTzvmd 打根も全長は一尺八寸(54cm)程度が上限と言うから 60cm程度だとかなり長い部類なのかだが
12-10 15:39

https://t.co/66ZOtKJMCM 左のChain Whipは鎖鎌や契木の 重い部類の分銅と同程度の威力は有るのかだが 4mの鎖を振るよりは威力は無いと言う事だろうか
12-10 16:17

https://t.co/UOuLfBvyes 重い分銅鎖が巻き付く衝撃も有るだろうが 皮膚が千切れる様なダメージは受け得るのかだが
12-10 16:29

https://t.co/VkCTICWUdb スパイク付きの分銅の付く鎖鎌も有るが 鎖は妙に短いが 果たして古い物なのかだが
12-10 16:35

https://t.co/itiUeJGztF 鎖鎌の動画も有るが 軽い分銅では速度は増し 回避が困難と成るのかだが 回転する周期を読めば回避出来ると言う意見も多いだろうか
12-10 16:44

下の黒田屏風の胴の文字は 六なのかだが https://t.co/UlnCPGZ8JN 左の胴の大日如来を示す梵字が入っている可能性も有るのかだが https://t.co/DkkJoNvX8C 左の大日如来の梵字(バン)は やや下部が異なるだろうか https://t.co/Ek8k9dtL4o
12-10 19:29

1600年頃使われたと言う前田慶次の錆地の篭手の手甲には切鉄の紋が多数有るが この時点では定型化した物以外は無いと言う事なのかだが https://t.co/A9YWBR26fI
12-10 19:40

https://t.co/YPMaIja65f こう言う裏篭手に恐らく板金が有る篭手は 戦国期には何処迄有ったのかだが 篠が有る物なら有るだろうか
12-10 20:00

https://t.co/lYvsVrFSiY 陣羽織の紋は余り大きく無い例も多いが 背部に大型の紋が入る例も有るだろうか
12-10 20:25

https://t.co/hAEht5sKCL https://t.co/5QNl57Gbiu 山内一豊や真田信綱配下・白川勘解由の陣羽織の背部の紋は大きいが これ程では無い例の方が多いのかだが
12-10 20:33

https://t.co/wWBbJQRqh6 https://t.co/tyvsYhBNbE 左の信長・秀吉の陣羽織の背部の紋は 余り大きくは無いだろうか
12-10 20:45

津軽屏風の左の羽織は 前部にも大型の紋が入るが 右の羽織の紋も巨大だろうか https://t.co/Cuax6BpbiR
12-10 20:58

左の羽織の紋は 縦に長いのかだが https://t.co/fSe5eJjve9
12-10 20:59

下の羽織の紋は横にも長いが https://t.co/GeuN8JM1j7 左の小早川秀秋の陣羽織の紋は 更に横に長いだろうか https://t.co/ah6ePVMqs5
12-10 21:00

こう言う横に多数の紋の入る例は 陣羽織には有るのかどうかだが https://t.co/j8DzRXgbi6
12-10 21:19

https://t.co/tH9evnFNUy 1630年台オランダの鎧を日本的に改造した物と言うのは シコロ・袖は日本製かも知れぬが 他の部分はオランダ製なのかどうかだが
12-10 21:44

日本が1600年台も戦争を続けていれば 防弾重視の為こうした西欧的な甲冑が多く成ったのかどうかだが
12-10 21:45

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10641-d71deb41