FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

12/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

武蔵の5.45mの指物と言うのは 下の津軽屏風の指物より長いかも知れぬが 此れは紐を持って支えているが https://t.co/arGweFNW1N こうした紐を胴の前で結ぶ例も有るかも知れぬし 騎馬武者がこのサイズ以上の物を利用していた可能性は有るのかだが https://t.co/V3GjBqbZKf
12-05 10:12

文字の有る井伊家の指物も黒田屏風に有るし 武蔵の指物もこうしたサイズの文字が入っていた可能性も有るのかだが https://t.co/CpfSsuj17B
12-05 10:16

https://t.co/o4fmU0qkQc 武田信玄の旗には13文字入る物も有るし 武蔵の物の場合更に長い物が使われたと言う事なのかだが
12-05 11:11

武蔵の指物は志ないと有るが https://t.co/DSNpXx1OLN 此れは左の曲がっている旗だったかも知れぬが 此れが5.45m有る物なのかだが
12-05 11:57

https://t.co/9PeLpVBuQC >撓い >旗指物の一。縦長の三角形の布の長辺の一つを袋縫いにし、これに反りのある竿を通したもの。  志ないと言うのは 三角形の旗の大型な物と言う事なのかだが
12-05 13:41

武蔵拵の鞘は栗色金虫喰朱うるみ塗りだが 此れはどう言う塗りなのかだが 模造刀だと平坦な茶色だけだが https://t.co/r02gmrcQUb 金虫食い塗と言うのは左の様な物だが 朱うるみ塗りと言うのは https://t.co/lgjDqO7G7T 左のうるみ朱塗と同様の物なのかだが
12-05 13:58

此れはうるみ朱塗りの上に金虫食い塗が有る様な物なのかだが 栗色が何処に入るかは良く分からないが 全体的に見ると栗色的であると言う意味なのかだが
12-05 14:01

https://t.co/SNwD7zCt3w 茶系統では無いが金虫食い塗の有る鞘は左に有るが 金虫食い塗の有る具足は果たして有るのかだが https://t.co/t0S5fIixlm 剣道の胴なら有る様だが
12-05 14:11

https://t.co/ITeaE3FzLi 左の具足は シコロ・垂・草摺に虫食い塗りが有ると言うが 金は入らないタイプの虫食塗りなのかだが
12-05 14:39

ほぼ全面に金虫食い塗りが施される具足等は 戦国期には有るのかだが 胴や兜は兎も角 越中的な籠手・佩楯・脛当の篠部分には流石に虫食塗りは入るのかだが
12-05 14:47

https://t.co/eOP8yAGyCA この前立は カブトムシが有るのかどうかだが
12-05 15:27

折烏帽子形兜も 大阪夏の陣団塊では有ると言う事なのかだが https://t.co/hwU5JBRIU1
12-05 15:51

下は一の谷形兜が有ると言う事なのかどうかだが https://t.co/ZHRuPz2l4w
12-05 15:53

この兜は十王頭形的な物なのかだが https://t.co/DfzVWI7ySI
12-05 15:54

軍扇を持つ者も黒田屏風には 書かれる訳だろうか https://t.co/66BnyIDS1u
12-05 15:55

https://t.co/Susdxb5ctI 左の兜は https://t.co/XbD8AvUpQF 左の松平吉品の兜に似ているが 同種の物なのかどうかだが
12-05 16:55

指物を斜めに差す例等も有る様だが 合戦図では今の所見ないが https://t.co/KKrc6OHYev
12-05 17:02

https://t.co/c47Isg6qtl 武蔵拵の柄も左の様な感じで 赤い部分が茶系のうるみ塗と成っている物の可能性も有るのかだが
12-05 17:10

https://t.co/NsUtaEIJfh 或いはこう言う物で青い部分が うるみ塗りと成っている可能性も有るのかだが
12-05 17:15

https://t.co/X32tMyEjz0  虫食塗の製作工程が左に有るが 武蔵拵の場合黒い下地部分は茶色で 上に塗られる漆はうるみ塗と言う可能性も有るのかだが
12-05 17:25

https://t.co/5qzkm5Zbnk 左の具足は朱潤漆塗伊予札月輪文丸胴具足であるから うるみ漆塗が有ると言う事だろうし この色が武蔵拵の柄の色のベースである可能性も有るのかだが
12-05 17:32

虫食塗の上に紋が有る例を見ないし 具足の家紋が入る部分は別の塗りが施されていると言う事なのかだが
12-05 17:39

水野勝成や水野勝俊の護衛の宮本武蔵が 真田幸村の家康銃撃を阻止していた可能性は 果たして有るのかどうかだが 家康の護衛が最優先される状況では 有ったと言う事だろうか
12-05 17:43

https://t.co/CaFpRxmYMr 幸村の馬が揺れて馬上筒を落としたと言う記述も有るから 武蔵の円明流手裏剣の遠距離からの投擲等が命中して 馬がやられない迄も暴れて銃を落としたと言う様な可能性も有るのかだが
12-05 17:51

https://t.co/yO9R5omc64 棒手裏剣は刺さり易い直打法でも18m投げられるが 回転打法ではどうなのかだが 円明流手裏剣はやや大型では有る訳だろうか
12-05 17:58

馬鎧の上でも https://t.co/Hk5oNgyAB0 円明流手裏剣は大型で262gもあるから 刺さらなく共馬を暴れさせる程度の衝撃は 与え得ると言う事なのかだが
12-05 18:11

遠距離からの回転打法で刺さらなく共 262gでは馬鎧の上からでも 馬を暴れさせる程度の衝撃は与え得ると言う事なのかだが
12-05 18:18

https://t.co/alMYW51Wq3 投げナイフだと101フィート(30.7m)から12インチ(30cm)の円内に当てたと言うのが最高なのかだが 馬サイズなら更に遠距離でもだろうが 円明流手裏剣のサイズを考えると 何処迄飛ぶのかだが
12-05 18:34

https://t.co/4KsCgDWalG 160gのナイフを33m飛ばしている例も有るから 腕力が有れば262gも20m等は飛ぶのかだが
12-05 18:49

武蔵の大阪陣での大木刀と言うのは 巌流島の櫂の影響で発想された創作の可能性も有るのかだが https://t.co/3y2w3FXhdW 太平記には木刀が出て来ると言うから 実際に使用されていた可能性も有るのかだが
12-05 19:36

https://t.co/Yd5OkDq49p >其真前に前みける武田五郎は、京都の合戦に切れたりし右の指未痊ずして、太刀のつかを拳るべき様も無りければ、杉の板を以て木太刀を作て、右の腕にぞ結付たりける。   この木刀と言う事かも知れぬが 通常の握りが出来ず刃筋が立て難い際の物と言う事は無いのかだが
12-05 19:39

武蔵の大木刀と言うのも 刃筋を立てる必要も無く 金砕棒より軽量で 刀と似た操法で使え 幾らかは突きも出来ると言う事で 利用していると言う事なのかだが
12-05 19:43

https://t.co/RKirgLDYpL 太平記の木刀は杉だが 杉は硬度は余り高くは無いのかだが 硬度が最高レベルの樫の棒は出て来るが 樫の木刀も同時期から存在するのかだが
12-05 20:05

武蔵が大阪夏の陣で手裏剣を果たして装備していたのかだが 水野勝俊の護衛と言う事なら 乱戦では主人と分断される危険も有るなら 遠距離からの援護が必要と成る事を見越して 一定数装備していた可能性も有るのかだが 262gの物はそう多数は装備出来ないだろうが 小型の物は有ったのかだが
12-05 21:36

センゴクだと血を吐いて 鉄砲の火皿の火薬を飛ばし引火暴発させているが 白兵戦中に血を吐いて相手の目を潰すと言うのも他の漫画で有ったかも知れぬが 実際こうした手は使われたのかだが 刀等の樋に溜まった血を掛ける等と言うのは有るのかだが
12-05 23:04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10636-bd364960