FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

古頭形兜は改造される等して可也後期迄使われるし コンパクトで重量が軽いなら 忍者や歩兵が多用していた可能性も有るのかだが
10-29 10:10

https://t.co/C6wM8QJVSR 妙に立体的な藤の前立が有るが 戦国期にこうした物は無いと言う事なのかだが
10-29 12:34

古刀も雑魚兵用の物は 安い輸入鉄以外は混ぜられないかも知れぬが 不純物は有るが 構造は均一な輸入鉄なら折返しは少ないとしても 強度は保たれる可能性も有るのかだが 偉い者が使う刀は日本の鉄もかなり混じるから 折返しは15回等が適当なのかだが
10-29 13:07

鎖帷子の場合 裏籠手に迄鎖が有る例が多いが 長時間の戦闘より突然の居合抜き等の奇襲を受けた際の防御力を重視している故と言う事なのかだが  忍者用や決闘で使われる物は長時間の戦闘を考慮して 軽量化が重視されている可能性も有るのかだが
10-29 15:27

https://t.co/jADqhdZ2P9 荒木又右衛門の鎖は長時間の戦闘を考慮しているからか 裏籠手部分に鎖は無いのかだが
10-29 15:30

https://t.co/RWyI8Lq3bu 裏籠手部分に完全に鎖は無く共 脇部に鎖が多い物も有る訳だろうか
10-29 15:35

上の忍者用陣羽織も https://t.co/Bcb0dsBJAr 左の鎖帷子の様な色なのかだが やや明るい色の可能性も有るのかだが
10-29 15:36

https://t.co/4Moh1k6EGE 左は脇には割に鎖が無い方なのかだが
10-29 15:38

鎖帷子に追加される半籠手も 長時間の戦闘を考慮する物は https://t.co/Ey8k0gk3fA 左の様に裏籠手に装甲は無いと言う事なのかだが
10-29 16:07

https://t.co/IgdsTwGGV9 ドイツのこう言う満智羅的な物も ギャンベゾンの上に装備していたと言う事なのかだが
10-29 16:13

浮世絵の新選組や赤穂浪士の裏籠手に迄有る鎖も 実際は長時間の戦闘を考慮して無い可能性も有るのかだが
10-29 16:21

https://t.co/sX5AfwIwcx 胴上部迄格子鎖の鎖帷子が書かれるが 現物は見ないが果たして有るのかどうかだが 戦国期でも格子鎖のシコロは天正期の兜に有るから 鎖帷子や満智羅にも装備されたと言う事なのかだが
10-29 16:41

https://t.co/GLp11aYgO7 通常の鎖の上に 格子鎖の羽織の様な物を装備しているのかだが 防御の上積みは何処迄有るのかだが
10-29 16:57

https://t.co/enUjQ6H8hO 左は格子鎖では無く カルタ帷子を装備しているのかだが 此処迄槍を掴んだ例は実際に有るのかだが
10-29 17:07

https://t.co/YoA7x8YRLK こう言う構造の亀甲帷子と言うのも 現物は見ない訳だが
10-29 17:13

https://t.co/6TApk5qcGF 左の片岡高房は首を掴んでいるのか 或いは刀を掴んでいるのかだが
10-29 17:55

https://t.co/YHWRLyNv7u 左の赤埴重賢の刀は腰に2本有るが いきなり組討をしたのかだが 長物で戦った直後に組討をした可能性が高いのかだが
10-29 18:00

https://t.co/ypuONqaw2L >島原の乱に出陣した熊本藩主細川忠利(ただとし)の正月24日付(寛永15)書状に「一たゝみ具足、又くさりかたびらは数可有之候」とあり、当時盛んに着用されたことをうかがわせる。
10-29 18:29

島原の乱時点の鎖は同時期の荒木又右衛門の物の様に 具足下形式の物が基本の可能性も有るのかだが 胴丸形式の物は有るのかだが 畳具足は何れの形式なのかだが
10-29 18:30

https://t.co/wbdmH66RGD 明のこうしたカルタ金の頭巾の様な物を 島原の乱時の畳具足装備の歩兵が利用したと言う可能性は有るのかだが 鎖の物も有るのかどうかだが
10-29 19:30

https://t.co/c3LL706K9X 鎖頭巾と鉢金が組み合わされた物も有るが 額当は戦国期にも有るが これと鎖頭巾的な物が組み合わされる例は有ったのかだが
10-29 19:41

https://t.co/1hBuNdeXYU こう言う物が戦国期や島原の乱時に有るとしても 歩兵用で佩楯は無い可能性も有るのかだが
10-29 19:49

https://t.co/IEh7pxZpw6 こう言う小さい鉢金と 鎖頭巾の組み合わせは現物を見ないが
10-29 20:49

https://t.co/sAalNr38Kb 鎖頭巾と組み合わされた右の鉢金は割に小型にも見えるが 折り畳み式の上部が収納されていると言う可能性も有るのかだが
10-29 21:00

https://t.co/o2rFekbNM0 左の物も同様なのかだが 鎖頭巾内部に大型の鉢金が入る様にも見えるが
10-29 21:02

全面が格子鎖の鎖頭巾と言うのも見ないし https://t.co/JKZ1TKtULL https://t.co/KYYn1b1OTD 左の様にカルタ金や総鎖が上部に有る物しか見ないが
10-29 21:22

https://t.co/e2RcztD8Wo これは小さい鉢金が付く鎖頭巾なのかだが 本来装備されていた物では無い可能性も有るのかだが
10-29 21:32

https://t.co/C2qZ6A6bAA 左の鉢金も 鎖頭巾に装備される物では割に小型な方だろうか
10-29 21:50

https://t.co/zHcQweJPQC https://t.co/QsGXRlTkr1 戦国期の額当だと 兜の眉庇状に成っている物も有るが 頭形兜以外の眉庇と同様の形状の物も有るのかだが こうした物が鎖頭巾に装備される例も有るのかだが
10-29 21:54

https://t.co/MVljGEmoNq 鎖頭巾に小さい出眉庇の様な物が付いている例も有るが 額に板金は仕込まれないのかだが
10-29 22:01

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10599-009b61df