FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/28のツイートまとめ 

boukenkyuu

古い帽子兜では シコロは鎖・カルタ金か分割された下散シコロ https://t.co/7uSsSrfXAu 或いは左の様な鍔の有る物だろうが 戦国期の歩兵用頭形兜ではある時点で通常のシコロだけに成ったのかだが
10-28 08:21

天正期のこうした兜にも鎖のシコロは残るから 天正期の歩兵用兜にもこうしたシコロが有った可能性は有るのかだが https://t.co/ee4SZHzXvN
10-28 09:09

こうしたカルタ金や篠の有るシコロも 天正期には未だ有ったのかだが https://t.co/kFeNhsxSLI
10-28 09:10

https://t.co/WA7z4T1syT 左は矢張り 東国製では無い兜の様だが 鉄は薄く焼入れがしてあると有るが 上級武将用では無く共焼きが入る例が有るのかだが 銃弾には焼入れは割れ易く成り有害かも知れぬし 同時期の西欧鎧は防弾の為に柔らかいが 薄い鉄なので防弾は考慮せず打物の防御重視なのかだが https://t.co/Zcicjfk9ZL
10-28 09:55

軽量な越中具足や 本多忠勝の具足には 焼きは入るのかどうかだが 胴は防弾を幾らかは考慮して 焼きが無い可能性も有るのかだが
10-28 10:30

焼きが入っていても 柔軟性が幾らか有る https://t.co/FzeGeddp6X 本多忠勝の胴の様な伊予札立胴なら被弾時も衝撃が吸収されて割れ難く 矢は焼入れされた硬い札で阻止されると言う可能性も有るのかだが 打物の衝撃は余り止まらないと言う事なのかだが
10-28 10:35

https://t.co/C56uYI2btl 謙信のこの兜は永禄頃の物の様だが こうした眉庇が有る物は東国製の物なのかだが
10-28 11:49

歩兵用の物でこうした眉庇が有るとしても 打眉や皺は無いと言う事なのかだが
10-28 11:50

https://t.co/DZzlTlucgZ 左の謙信の頭形兜にも似た眉庇が有るが この兜には https://t.co/Q48N1xM2GK 左の透かしの有る烏帽子が装着されている可能性が高い様だが
10-28 11:55

上に有る透かしの有る烏帽子が付いていのは 100%確実では無い様だが 何かが付いていた可能性はかなり高いと言う事なのかだが 元亀頃の物なのかだが https://t.co/mBom0g4zVl
10-28 12:06

https://t.co/C56uYI2btl 謙信の左の具足には 鎖帷子が付属しているのかだが 後の時代の物の可能性も有るのかだが 永禄頃では具足下形式の鎖帷子は有るのかだが 此れは腹は格子鎖形式の物なのかだが https://t.co/z1MzeZ1SsG
10-28 15:23

紺色の忍者服は正忍記には書かれるが 浮世絵では黒及び雪中用の白の物しか見ないが https://t.co/JHRcYAN3wu  左の伝書には紺色の忍者用陣羽織が有るし 此れと同様の色の忍者服が存在する可能性も有るのかだが
10-28 17:19

https://t.co/KdOLARHX00 垣盾を持って兵が行軍する場面と言うのも書かれないが 左の様な配置なのかだが 江戸期の絵であるなら 正確とは限らぬと言う事なのかだが
10-28 18:05

https://t.co/8w51Gv4sz2 装甲の無い側が速度を生かせず 突かれる場所が多く成っているデメリットを利用され やられていると言う事なのかだが 上手い者が速度を活かせばどうなのかだが
10-28 18:30

https://t.co/avSS5xTtYK 左の短剣での勝負も同様に 軽装な方が速度差を活かせていないと言う事だろうか
10-28 18:37

https://t.co/j31U3RSlf3 左は柄で掛ける攻撃が 行われていると言う事なのかだが
10-28 18:42

装甲の無い側は重装の敵の遅い攻撃を確実に防御・回避しつつも 出来るだけ無駄な動きをせず 重装の敵の付いて来れない速度で攻撃を掛けるのが基本と言う事なのかだが
10-28 18:54

https://t.co/zb6Ou4uAca >馬上では大鎧の発手を鞍の前輪、後輪にのせ重量を馬に分散させるため楽になる、といわれておりますが、大鎧の前後の発手のピッチと鞍の前輪、後輪のピッチが合っていないとのりません。
10-28 19:44

>初期の大鎧の御着長の場合のみ当てはまるのかもしれませんが。但し発手の表面はツルツルしているので安定するとは思われず、また速歩以上では立ち透かすのでのりません。   乗馬時も立透で戦闘を行う時間以外の方が可也長く 実物では鎧は鞍に乗せられる様に合わされていると言う事かも知れぬが
10-28 19:46

戦国時代だと津軽屏風等の様に 兵種別に分けて縦隊で行軍するだろうが 小型化され厚く成った垣盾を装備する歩兵が未だ居るとしたら 最前部に配置されるのかだが
10-28 23:20

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10598-db75e5cc