FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/25のツイートまとめ 

boukenkyuu

□座摩□蜻蛉形前立 鎧兜部品  (検)武具・甲冑・鎧兜 https://t.co/lIPL7G1wRR 左の蜻蛉の前立の尾は 最初から曲がっていると言う事なのかだが 江戸期の物なのかどうかだが
10-25 09:59

士鉄砲組は射撃戦に特化しているなら 甲冑は下馬戦闘時の機動性を考慮せず厚くしている可能性も有るだろうし 長篠でも最上胴や仏胴が多かった可能性も有るのかだが 防弾考慮の袖等は装備していたのかどうかだが
10-25 10:11

9kgの袖形盾等も有るが 雪下胴程度の4mmの厚さでも脇を塞ぐ程度のサイズの袖なら 5kgも無いと言う事は無いのかだが 標準的な4匁弾程度を防ぐなら4mmも要るのかだが
10-25 10:39

https://t.co/IhiZWCXM1G https://t.co/EhUNfarIcV 当世袖も銃の射撃中に脇の隙間は完全に塞がらないだろうが 射撃戦用に胴と同程度の厚さの装甲が施された例は有るのかどうかだが 士弓組は射撃中は塞がらないだろうし そうした袖の装備は無いと言う事なのかだが
10-25 11:27

https://t.co/EhUNfarIcV 左の様な袖を装備しているなら 分厚い板金の脇引を装備すれば脇も防弾出来る可能性は有るのかも知れぬが 板金の脇引は有るが 果たして厚い物は有るのかどうかだが
10-25 11:44

https://t.co/zphwSEFw6E 板金の脇引は左の様な物だが 射撃時には胴側面後部も耐弾性は必要だろうが 胴の後部を厚くするのでは無く 仕寄具足に左脇に装備する大鎧の脇盾の様な物が有る様だし 此れを装備していた可能性も有るのかだが 此れは上部に伸びて脇の隙間を埋めていた可能性は有るのかだが
10-25 11:56

https://t.co/9nWADbT4FD 19世紀の武学拾粋にそうした装甲の記述も有るが 戦国期に果たして有ったのかどうかだが
10-25 12:24

https://t.co/WTlFnoMx1P 左の鎬迄有る板金主体の袖は防弾考慮なのかだが デザインだけで厚さは無いと言う事なのかだが 戦国期にも板金の多い袖は有るが 鎬が有る物は見ないが
10-25 12:44

https://t.co/U7lvB6xk0L 左の蜂須賀至鎮が関ヶ原で使用した言う具足には 板金の多い袖が有るが 果たして当時の物なのかだが
10-25 12:53

https://t.co/fUsqBjHTeS こうした銃に装備する革製の盾も有るが 射撃時以外は頭部を守れないだろうし 攻城戦で使われた物の可能性も有るのかだが
10-25 13:04

弓に装備する同様の盾は 果たして有るのかどうかだが
10-25 13:13

https://t.co/cSwQ5ipIeK 左の前田利家の天正4年(1576年)に奉納したと言う具足の袖は 仏胴的な板金構造であるし 此れと同様の構造で防弾可能な厚い物を 長篠で士鉄砲組が装備していた可能性も有るのかだが 果たして当時の物なのかだが
10-25 13:25

板金の袖が無く共 立胴的に板札が紐で固定された袖で防弾可能な物が 長篠時点で有った可能性は有るのかだが
10-25 13:27

https://t.co/vYSNnLzDRk 左の真田昌幸の具足の板札利用の袖が そうした物に類似している可能性も有るのかだが
10-25 13:44

上腕部に迄鎖や亀甲金の入る具足下・満智羅も有るだろうし こうした物は防弾可能な袖が被弾した際に 衝撃を吸収する為の物でも有るのかだが 対槍の装甲としては籠手のこの部分にも篠や鎖が有る例が多いなら 重過ぎると言う事は無いのかだが
10-25 14:59

https://t.co/JGKkL0H2AG https://t.co/UinsAbf7Ot こう言う物は基本的に甲冑内部に着る物だろうが 肩の鎖や亀甲金は 袖の無い具足なら籠手の鎖や篠と合わせても 重量過大には成らないと言う事なのかだが
10-25 15:03

西欧鎧の場合胴を銃弾が貫通しても 内部の綿入れで止まる例も有るし 日本の具足の袖が貫通しても 籠手と満智羅の家地や篠・亀甲金・鎖等で弾が止まる例も有るのかだが 胴の場合は胸部には満智羅等でそうした物が入るが 腹には無い例が多いと言う事なのかだが
10-25 15:06

士鉄砲組の場合は下の緑色の部分に 武学拾粋に有る様な増加装甲が装備される例も有るのかだが この脇盾的な装甲には追加の草摺は装備されるのかだが https://t.co/MPvZw5UPvz
10-25 15:32

武学拾粋のこの追加装甲には鎬が付くらしいが 鎬が有るとしても胴同様に 大阪陣以降の物だけと言う事なのかだが
10-25 15:34

https://t.co/k76zEmIH4v >実験したのは井伊の赤具足、兜は鉄五枚貼りの頭形型、胴は伊予札二枚胴です。最 胴は三メートルの距離から弓で射て矢は、跳ね返りました。 足軽用の胴は三十メートルの距離から三本の矢を弓で射て三本貫通してます。
10-25 16:23

伊予札でも上に有る様な厚い物は 防弾を考慮していた可能性は有るのかだが 鉄板札利用の縫延胴の可能性も有るのかだが 初期の伊予札丸胴は 厚い鉄板は無い可能性も有るだろうが 足軽胴よりは厚いと言う事なのかだが
10-25 16:25

伊予札と言っても札が固定的な立胴であるなら動作性は低く 弾の衝撃も割に吸収される訳だろうか
10-25 16:27

https://t.co/YMlboPtjnB ポーランドの鱗鎧は一応耐弾性は有っただろうが 下にギャンベゾン的な物が有るとしても 近距離のマスケット銃の衝撃は何処迄止まるのかだが
10-25 16:34

分厚い伊予札が有るとしても 此れを士鉄砲組が防弾用として 何処迄利用したのかどうかだが 伊予札の大型の防弾袖等は有ったのかどうかだが
10-25 16:42

FKを壁の下に寝そべりブロック! インテルMFの“天才的”守備に称賛の声「最先端の戦術  https://t.co/5ntdcaCXI6 とは言え下方を 完全に塞げる訳では無いと言う事だろうか
10-25 16:48

伊予札立胴でも 下に https://t.co/39Lnnxqwqc https://t.co/JGKkL0H2AG 左の様な満智羅が有れば可也衝撃は吸収されるのかだが 重量は増加するが動作性は良いのかだが
10-25 16:56

https://t.co/1VsyISa5dR ゲームにはシールド付きの弓も有るが 現実の地球上には無いと言う事なのかだが
10-25 18:13

https://t.co/KFWhDtavT9 レオナルドダヴィンチがシールド付きの短弓を描いているが 現実にはこうした物は無かったと言う事なのかだが
10-25 18:20

https://t.co/izgn9qNXb9 盾自体が弓に成っている物等も有るが 此れも現実には無いと言う事なのかだが
10-25 18:32

https://t.co/uy6hcb3agz レオナルドダヴィンチの絵に馬にランスを2本装備した騎兵が書かれるが 現実には無いと言う事なのかだが
10-25 18:43

https://t.co/DPRxptHC31 左の骨組と言うのは正面は装甲は無いのかだが 上方からの投石を止める為の物なのかだが
10-25 19:34

千早城の戦い等で使われた 丸木を落とす攻撃も有るだろうし 此れは前から転がって来るなら 止まらないと言う事なのかだが
10-25 19:56

https://t.co/qS6ilQF5j0 指は強打しなければ西欧の非ミトン式籠手でも ダメージは与えられないかも知れぬが 日本の場合でも太平記に有る様に 指に鎖が有る例も有るが 戦国期ならカルタ金程度は有る例も有るのかだが
10-25 21:00

https://t.co/GKYGtG1kcx 兜で敵の斬撃を受けつつ 草摺の隙間を付く技も有るが 読まれていれば相手も低く成るのかだが 15世紀前期の板金鎧では草摺に隙間は無いが 膝内側辺りなら突けるのかだが
10-25 21:08

或いは相手が横に回避して 低く成っている所を上から押さえられ組み伏せられる可能性も有るのかだが 草摺の隙間が具足下の鎖等で埋まれば 刀ではそうダメージは与え難いのかだが
10-25 21:12

https://t.co/NdAEdcoGot ロングソードなら5cm以上は鎖を両手持ちなら貫いているかも知れぬし ゴシック鎧の腹は鎖がかなり露出しているが 練革札相手なら貫通力はやや鈍るのかどうかだが
10-25 21:27

https://t.co/45i23hhNTo >三間半槍、三間槍は破壊力は凄いのですが、振り上げ振り下ろしが非常に時間がかかり、ゆっくり動くのを通常の3~4mの槍で抑えられたり、払われると容易に邪魔されやすいのが見えてきました。
10-25 21:33

>バラバラで三間半槍を振りおろすと、敵の3~4m槍で2人がかりで妨害されると簡単に防がれます。 では息をあわせて一斉にふりおろせばいい?ところが振り上げ振り下ろしに時間に非常に個人差がでて、タイミングを合わせてから動こうと待つと全員が無防備な時間が長く発生することも。
10-25 21:34

槍足軽は縦深は2列は有るだろうし 此れ程簡単には飛び込めない可能性も有るだろうが 前列の騎馬武者の支援が主体の可能性も有るのかだが
10-25 21:36

騎馬武者の縦深も確か2列有るだろうし この背後から2列の槍足軽が支援するなら 長い槍の方が良いと言う可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが
10-25 21:44

https://t.co/kuRelUJAUf 左のパイク兵の場合は3列目の槍迄前に出るが 5-6mの槍は短くデフォルメされているので 4列目迄は前に出るのかだが
10-25 21:49

https://t.co/VkH6AzNAtn 左の明の戚継光の陣形では 槍兵は3列有り最後尾も前を支援しているから こうした物に似た陣形が日本でも採られていた可能性は有るのかだが
10-25 21:58

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10595-eb7f841a