FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/21のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/uQORrPT36J >クモの糸は、同じ厚みの鉄と比べると、5倍の強度をほこる。もし鉛筆と同じくらいの太さ(直径約1cm)のクモの巣があれば、飛行中のジャンボジェット機を捕まえることも可能である。  ダーウィンズ・バーク・スパイダーの糸は 此れの2倍の強度が有ると言う事なのかだが
10-21 11:28

トルコのコンツェシュ的な剣も https://t.co/Y1KYgk8DxG 16世紀のフサリア https://t.co/M074oUMymN 東欧騎兵やペルシャ重騎兵は鎖が多いし 以後も完全鎧は無く パンセルニも鎖を装備しているから そうした鎖や非装甲の部分には有効に働いたのかだが
10-21 12:28

ポーランド側のコンツェシュも https://t.co/uPRx2seXi2 左の様なトルコ重騎兵の鎧にもそれなりに有効だろうが 馬鎧の鎖部分は少ないので 突き難いと言う事かも知れぬが
10-21 12:40

シミターも一部の切っ先の鋭い物しか 鎖を貫けないだろうが 馬の速度を利用する場合も 突くのでは無く斬撃が基本と言う事かも知れぬが 鎖の上にこうした斬撃を受ければ 可也ダメージは受ける訳だろうか
10-21 12:46

そうした馬の速度を生かした斬撃さえ通用し難い 板金鎧に対し馬の速度を利用し 鎧の隙間をシミターで突いた例は有るのかだが 17世紀のスウェーデン騎兵のサーベルは切っ先の鈍い直剣だろうが 3/4鎧を装備する神聖ローマ重騎兵に対しそうした攻撃はしたのかだが
10-21 12:49

https://t.co/EAPTzPBNAq 左の様な鎧の隙間を正面から馬の速度を利用し突くのは困難だろうし そうした攻撃では馬か足を狙っていたのかどうかだが
10-21 12:57

https://t.co/W20djtFxTR 右側にコンツェシュが装備される絵やフィギュア等も多いが この場合は左にも有り コンツェシュは直ぐ折れる使い捨ての剣だから 複数装備していたのかだが
10-21 13:07

十文字槍の切っ先は 他の槍より鈍い気もするが 突く事が重視されていない共思えないが 両鎬槍は特段切っ先が鈍い訳でも無いだろうか
10-21 14:27

十文字槍・鎌槍も https://t.co/fGZNUepEPq https://t.co/nfdxq333P9 加藤清正の物の切っ先は 割に鋭い訳だろうか
10-21 14:41

https://t.co/VU5nflus6V 右上の鋭い槍なら 南蛮鎖も恐らく貫けるだろうが こうした物はほぼ無いと言う事なのかだが
10-21 15:33

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10592-81648bd3