FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

10/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

V006. 武具 唐草文 槍 拵え 全長186.5cm / 武器狩猟道具鎧甲冑置物飾物やり https://t.co/1rF8NsX7aM  こう言う高蒔絵が成された柄は 手を滑らせて突くタイプの穂は付かないのかだが 佐分利流の様な両鎬の大身槍の穂が基本的に装備されるのかだが
10-02 11:05

https://t.co/smC77taPjf 佐分利流でさえ持つ位置を手を滑らせて変える場合も有るから 高蒔絵の有る柄はこうした事はやり難いとすれば 実戦用では無い可能性も有るのかだが
10-02 11:17

その者が一番気に食わない事を脳等を解析して把握し 復讐として此れを行うと言う様な物も有っただろうが 脳を解析しても此れは分からないと言う意見も有るし 魂を解析するシステム等を使うと言うパターンも有っただろうが 最強宇宙人でもそうした事は完全に出来るのかどうかだが
10-02 13:20

そうした分析を行った結果 一番気に食わない類の者や種族の奴隷等とされる或いは そうした者等自身に転生させると言う様な方向も有ったかも知れぬし 一番気に食わない人格や記憶を入れられると言う様な物も有るだろうが 果たして何処迄実現可能なのかだが
10-02 13:22

ヒトラーを一番嫌っている者にヒトラーの人格や記憶を入れて 此れを演じさせ続けると言う様な復讐も有ったかも知れぬが そうした事を現実にしている勢力は居るのかだが
10-02 13:25

津軽屏風だと鉄砲足軽らしき者は皆胴鎧は有るが 弓足軽は胴鎧は完備では無いが 槍足軽より装備率は高いかも知れぬが 此れは現実を反映した物なのかだが 集中射撃を受け得る鉄砲足軽の遠距離の防弾用に 胴は可成り装備されていたのかだが 弓足軽も含め前のみの腹掛胴が多かったのかだが https://t.co/HdxlkTSOg9
10-02 14:07

津軽屏風・大阪夏の陣図では旗足軽も胴鎧は完備されているが 実際は装備されていたのかだが
10-02 14:12

敵対国への復讐と言うのも その国が一番気に食わない勢力や一番差別していた勢力に支配させたり 国土をローマがパレスチナにした様に塩を撒いたりして荒野とする様な物も有るだろうか バーミヤンの様に完全に更地とされた様な例はほぼ無いと言う事なのかだが
10-02 15:00

SFだと危険な廃棄物の処理場とされるか 土地が有害物で汚染された上にモンスターやミュータントのみが徘徊する様な土地とされたり ファンタジーでは生物や国民が全てゾンビ化されると言う物も有るだろうか
10-02 15:05

https://t.co/YC80W2bJp4 >養父・道雪の発案した「早込」[注 14]を用いた立花勢は他家の鉄砲隊の3倍速で銃撃し、城方は激しい銃撃に耐えられず鉄砲狭間を閉じた[25][26]。  垣盾で銃眼を塞いでいる様な描写が 賤ヶ岳合戦図に有るが 銃眼への高精度の集中射撃を警戒しての物なのかだが https://t.co/hjhUM1RaKf
10-02 16:33

良く見ると垣盾で只銃眼を塞いでいるだけでは無く 垣盾の隙間から射撃を行おうとしている者も書かれるが 銃眼を抜く様な高精度の射撃が出来る士鉄砲組に対しては こうした対処が成されたのかだが
10-02 16:35

>この戦で宗茂は高さ一間の土塁と城からの矢弾を防ぐ竹束を置いて、千鳥掛のような幅1間半(約2.7m)、深さ1間余(約1.8m)の塹壕を掘り、ここより鉄砲射撃を行わせた。  千鳥掛の様な土塁と言うのは 西欧の星型要塞を模した物の可能性も有るのかだが
10-02 17:10

https://t.co/aSwBcjmgA1 とは言え西欧の星型要塞を模した様な城迄は 無かったと言う事なのかだが 野戦築城ではこうした土塁が一部では使われていたのかだが
10-02 17:13

https://t.co/Ok4EcsVhnB >「土遁(どとん)の術」という誘い込んだ敵を周囲に巡らした迷路のような塹壕(ざんごう/溝を掘りその土を前に積み上げたもの)から移動しながら射撃するゲリラ戦法を用います。  雑賀衆のこうした壕が星型要塞的に部分的にも配置される例は 有ったのかどうかだが
10-02 18:20

城の正面で垣盾の隙間から銃を放っているのは 兜の有る者だから士鉄砲組かも知れぬし 士気が高く高精度の射撃が可能と言う事かも知れぬが 後ろの足軽は銃撃が激しく無い場所だからか 盾越しには射撃していないが
10-02 18:31

士鉄砲組でも100mで銃眼を狙撃等 何処迄出来るのかだろうし 銃眼は可成り近距離から抜かれていたと言う事かも知れぬが 垣盾もこの距離からの銃弾を防げる様な 可成り厚い物或いは鉄盾が利用された可能性も有るのかだが
10-02 20:33

https://t.co/x2xFMTHYxj 27mで12cmの黒丸に可成り当たるなら この距離なら士鉄砲組なら銃眼を可成り抜けるかも知れぬが 50mでは狙撃したのかだが
10-02 20:52

https://t.co/cB91QlJW8v >ただし、西日本で取れる材料であることから、東では代用品として、「竹ぼら」が作られ、用いられた。  竹ぼらと言うのは https://t.co/BM0IksbHD0 左の様な物なのかだが 川中島合戦図の武田軍には法螺貝を持つ者も書かれるが 数は西国より可成り少ないのかだが https://t.co/O7T1h7EFcb
10-02 21:55

https://t.co/MU29IqLrRX >またここで紹介した四寸(12cm)角よりも小さい二寸角の的(角)を十二間(約21.5m)の距離で打ち抜いた事例も報告されています(図録 中村藩の炮術・野馬追の里原町市立博物館・平成15年発行)  とは言え50m程度では何処迄 銃眼には命中するのかだが
10-02 22:19

https://t.co/SvnYAffrEZ >画像は27mの距離、5分間で私自身が火縄銃で発射した的だ。黒丸は7cm、5分間8発発射できて、的には全弾、黒点には6発が命中している。  2発が外れた後 照準を補正して残り全部が命中した可能性は有るのかだが
10-02 22:26

https://t.co/WmoYXmOv71 大阪夏の陣図だと頭形兜や変わり兜より 筋兜・星兜がやや多い様にも見えるが 現実の比率はどうなのかだが
10-02 23:23

東国兵は明確に関東型筋兜の比率が多いのかも知れぬが 他地域では筋兜+星兜の比率は 半分程度と言う様な可能性も有るのかだが
10-02 23:28

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10573-3d4ecbbd