FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/24のツイートまとめ 

boukenkyuu

1521年にマゼランが装甲の無い足を槍で狙われて フィリピンでやられたと言うが この時点では完全鎧は有るが 胸甲+上半身鎖の海戦用鎧を装備していたと言う事なのかだが 1540年以降の足に装甲が無い重騎兵が日本軍と下馬戦闘しても同様の事に成るのかだが
09-24 10:06

大砲で死んだ高位の者と言うと ヌルハチ・ティリー・テュレンヌ辺りなのかだが
09-24 10:29

https://t.co/YFWnEqjBoM >モルメとテュレンヌが打ち合わせている間、帝国軍の砲弾が2人を直撃した。この砲撃によりモルメは左腕を失い、テュレンヌは肩から側面を貫通された。テュレンヌは2歩歩き、言葉を発することはなく倒れた。モルメは生き延びたが、テュレンヌはこの傷で死亡した[10]。
09-24 10:30

テュレンヌ等には高威力のキャニスター散弾が命中したと言う可能性も有るのかどうかだが
09-24 10:33

https://t.co/HuaSj6wCwo >乱戦になってきて、敵がたくさん押し寄せてくるような状況では、複数の弾を込めて撃つことはあります最大5発程度まで詰めたようです   これは火薬入れと玉入れを利用して装填していたという事なのかだが
09-24 11:34

2発でも威力は低下して 垣盾や足軽胴を貫通出来なく成る可能性も有るのかだが 垣盾で防護されていない白兵戦中の騎馬武者や足軽を狙ってこうした物が放たれていた可能性も有るのかだが 乗馬突撃して来る騎兵相手にも使われたのかだが
09-24 11:36

https://t.co/xFfcTCaRXE >何故ならばおよそ240m離れた場所から、弾丸を標的に狙い通りに命中させることは、滑腔銃の弾道学において不可能であることが証明されているからである[20]。  この標的と言うのはどの程度のサイズなのかだが
09-24 12:06

>日本最古の要人狙撃として、織田信長を狙った杉谷善十坊の逸話において、彼は銃身に二発の弾丸を込めて射撃を行い、命中確率を上げようとしたと言われている。  20m程度の距離なら通常の弾の方が 命中率は高いと言う事は無いのかだが 信長が移動中だった事も弾が逸れた原因なのかだが
09-24 12:07

>「現代の軟鋼が弾丸の運動エネルギを全て吸収できなかった一方で、16世紀の胸板はそれをなし得たという事実を示しており、これは恐らく、胸甲を冷間加工することにより素材表面を加工硬化させた近世の甲冑師の技能に寄るところであると考えられる」
09-24 12:08

17世紀の鎧は厚みは16世紀より増したが 柔らかく成っていただろうが 日本の鎧も表面硬化されている例が有るが 何処迄使われたのかだが
09-24 12:10

>以上のことから、推定した火縄銃を用いた場合、初速600m/sであっても距離240mで装甲厚1mmの甲冑を纏った人物を撃ち殺すには、いささか心許ないと判断せざるを得なかった。  6匁程度の筒でも 240mでは足軽胴でさえ貫けないのかだが
09-24 12:16

フルプレートも240mでは六匁筒で手足さえ貫けないと言う事かも知れぬが 100mではどうなのかだが 馬鎧も1mmは有るだろうが 首に装甲が無い例も多いだろうか
09-24 14:11

https://t.co/2azNdwlYJ5 トルコ軍のこう言う馬鎧も 板金部分は6匁筒では 240mでは貫通出来ないと言う事なのかだが
09-24 14:14

https://t.co/Rv0jY4n7gt イェニチェリ兵や https://t.co/0bwkkRYX71 シク教徒兵の長い帽子も 同様の効果が有るのかどうかだが  https://t.co/mvnsbFF7R5 西欧の擲弾兵の司教帽も上に長いだろうか https://t.co/NDOd05149t
09-24 14:32

https://t.co/fd4xFeifQz  右端のイエニチェリ兵の剣は他と違い曲がっていないが 直剣型シミター或いは ヤタガンの可能性も有るのかだが
09-24 15:08

そうした接近戦で玉を多数詰める場合は 通常の早合で火薬と玉を1発入れた後に 玉入れで追加の玉を入れていたと言う可能性も有るのかだが
09-24 15:17

https://t.co/PNczPFlsbM この前立は 江戸期の物なのかだが
09-24 16:04

https://t.co/lVLmODf6O7 こう言う眉庇は 戦国期にも有るのかだが
09-24 16:06

竹束を貫通する為に6匁筒の火薬量を増やした例は 果たして有るのかだが
09-24 16:37

火薬量を増やしても貫通出来るのは近距離と言う事かも知れぬし 銃の消耗や加熱が早まると言う事なのかどうかだが
09-24 17:06

https://t.co/zQxexlarQc 象の蒔絵の入る具足も有るが 戦国期には有るのかだが
09-24 18:59

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10565-16422523