FC2ブログ

Category

2018.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/18のツイートまとめ 

boukenkyuu

@tmaay3V7uwoCIYL 長篠での乗馬突撃と言うのも 馬防柵迄車竹束を利用し接近した後 歩兵が馬防柵を排除し その部分に乗馬した騎馬武者が突入したと言う事なのかどうかだが
09-18 10:04

https://t.co/pCVaZrWmcN 長篠合戦図には馬防柵にこうした堀・土塁迄は無いが 存在した可能性は有るだろうが 車竹束も堀迄しか行けないだろうから 武田軍歩兵も至近距離では援護射撃を受けつつ 銃は止められない垣盾を利用して馬防柵を排除していたのかだが
09-18 10:18

至近距離からの銃撃でも 6匁筒程度では垣盾と騎馬武者の胸甲・兜は同時には貫けないかも知れぬが 他の場所は貫通され損害は可成り出たと言う事なのかだが 土塁から射撃する織田・徳川連合軍銃兵は 余り損害は無いと言う事なのかだが
09-18 10:21

合戦図や地図の馬防柵の前には川が有るが https://t.co/YLNGqsbtZs 現在は左の様な状態なのかだが 車竹束は移動出来たのかだが 当時は平坦なら移動は出来た可能性も有るのかだが
09-18 10:50

https://t.co/QM1Hq3mXNC 左のグーグルアースで見ると 川と馬防柵の距離は50m程度しか無い場所も有るし 車竹束が川にハマって移動出来なく成れば その場所は前進が阻まれた可能性は有るのかだが
09-18 11:16

上の馬防柵の位置は正しいのかだが https://t.co/7MxZPRvqsr 長篠合戦図を見ると川が堀的に馬防柵の直前に有るが こうした配置だった可能性も有るのかだが
09-18 11:26

https://t.co/4vxbtLCIs7 直線的な角の有る兜も有るのかだが 前立も有ったと言う事なのかだが
09-18 12:23

本歌 変り兜付具足 完全一作物 *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/6Hr8Vqy1PX 黒い毛が植えられる兜も現物は余り見ないが 大阪夏の陣図には多数有るが 植えられた毛では無く兜蓑の例も多いのかだが
09-18 12:35

@tmaay3V7uwoCIYL https://t.co/4RkHa20btU 車竹束も江戸期の絵では左の様な物だが 騎馬武者は馬防柵迄は下馬してこれの背後に隠れていた可能性も有るだろうが 果たして大量に利用されたのかどうかだが 柵が倒れた所に乗馬突撃時には https://t.co/H5JuttURVe 左の様な防弾盾が果たして利用されたのかだが
09-18 12:54

@tmaay3V7uwoCIYL 小幡信貞の騎馬武者も乗馬戦闘を主体にしようとしていたなら 胸甲を乗馬戦闘用と言う雪下胴の様に厚くしていた可能性も有るだろうし 井伊家に有る様な通常の胸甲の上に装備する追加装甲を装備していた可能性も有るのかだが 兜も補強されていた可能性は有るのかだが
09-18 12:59

@tmaay3V7uwoCIYL https://t.co/su7GIopQKC 左の様な盾を持っても銃を防げる面積は小さく 槍の取り回しにも支障が出る可能性も有るなら 盾では無く具足に追加装甲が装備されていた可能性も有るのかどうかだが
09-18 13:02

グーグルアースの物差しで測ると今有る馬防柵と川迄の距離は50m程度有るが 現実には右の赤い線の位置に馬防柵が有った可能性も有るのかだが https://t.co/F0QFuK6lVn
09-18 13:08

武田軍も長篠城を攻める為の装備として竹束は持ち込んでいるだろうが 車竹束迄は有ったのかだが https://t.co/o5TIIaQEsC 鉄の盾も1584年には使われているのかも知れぬが 仮に攻城戦用に持ち込まれているとしても 野戦で馬防柵の排除の為これを使用した可能性は有るのかだが
09-18 13:26

武田軍も部隊の保護には基本的に車竹束を利用するが ここから出て堀や川を越え馬防柵を排除する者は 鉄盾を利用した可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが
09-18 13:33

https://t.co/kQ8zMiQzUX 信長公記では銃で武田軍を撃退している場面が目立つから 車竹束の様な防弾装備は無いか 有るとしてもそうした物から出て突入しようとした直後に 至近距離で一斉射撃を何段かに分けて加えていた可能性も有るのかだが
09-18 13:44

>二番に、正用軒入れ替へ、かゝればのき、退けば引き付け、御下知の如く、鉄砲にて過半人数うたれ候へば、   織田徳川連合軍もそうした多段化した至近距離での一斉射撃が終わった後は 接近戦を避けて後退し 後列に待ち構える銃兵に敵を誘引し 再度の一斉射撃で武田軍を撃退していたのかだが
09-18 14:01

https://t.co/vGpOxI8Zr5 ショテルも盾を余り容易には迂回出来ない様に見えるが エチオピアの盾はこうした物なのかだが
09-18 15:20

古代エジプトやギリシャにも類似の武器が有るし こうした物がエチオピアやコンゴには残っていたのかだが
09-18 15:21

シミターが逆に構えられる例も有るが 盾を迂回する事は意図していたのかだが 剣を迂回する事も考えていたのかどうかだが
09-18 15:22

https://t.co/l0XgBbe0Uf 左の様な例も有るが 盾を迂回している様な記述は無いと言う事なのかだが
09-18 15:42

https://t.co/KtrCIDa4l8 1890年のショテルと組み合わされるエチオピアの盾は 左の様な小型の物なのかだが
09-18 15:45

https://t.co/ssU83yc58t 左はコンゴの兵の様だが こちらは大型の盾とマムベリが併用されている訳だろうか
09-18 15:58

https://t.co/m7BcXXSmJs スーダンのザンデ族の場合も マムベリに大型の盾が併用されると言う事なのかだが
09-18 16:04

https://t.co/6m4Nk0GJwn こうした盾は中国の物同様にラタン製であるし https://t.co/wRNZUi9WAw アフリカにもラタンは有る訳だろうか
09-18 16:08

https://t.co/petgutpi00 boubousとはマムベリを持つと言う コンゴのボア族の事なのかだが
09-18 16:16

https://t.co/mqgGXW4Di5 左にも幅広のコンゴのマムベリが 有ると言う事なのかだが
09-18 16:17

https://t.co/fDsxdmODMo コンゴのトポケ族も マムベリを利用しているのかだが
09-18 16:22

https://t.co/P2OheP3rc7 トポケ族の盾は内側に曲がっているが マムベリの迂回攻撃を回避する為の物の可能性も有るのかだが
09-18 16:26

https://t.co/6WSBYx2fjM こうした複雑な投げナイフも実戦使用されていたのかだが こうした物をフランキスカの様に一斉に投げてから槍で突撃していたのかだが
09-18 16:36

https://t.co/QdxSXXJ9Zs そうした投げナイフは 盾の裏に1つ装備されると言う事なのかだが
09-18 16:41

https://t.co/7gRRM8xLTG マムベリのスパーリングも有るが 基本的に盾が併用されると言う事なのかだが https://t.co/VPk7NcHzLq 銃の時代ではショテルなら単体で装備される例が 有るのかどうかだが
09-18 17:10

湾曲の強いシミターなら 逆に持って相手を掛けて倒すと言う事も 出来るのかどうかだが 装甲の無い相手なら裏刃で引き斬る事も可能と言う事だろうか
09-18 17:29

https://t.co/rJG73npfTn インドにもこうした逆に湾曲した剣が有るが 盾の迂回は意図しているのかだが
09-18 17:36

https://t.co/96lTvco65x ネパールのコラは盾を迂回すると言うより 斧的な打撃力強化を意図しているのかだが
09-18 18:07

@tmaay3V7uwoCIYL 宮帯出版社 赤備に下の様に有るが 厚みは有ると言うから 防弾を意識した物と言う事なのかだが https://t.co/7CAd88gX9Q
09-18 19:18

@tmaay3V7uwoCIYL 長篠の小幡信貞の騎馬武者や他の関東等の乗馬戦闘重視の武将の騎馬武者も 同様の追加装甲を乗馬戦闘時は装備していた可能性も有るだろうか
09-18 19:57

https://t.co/Wbul9xcqso 井伊直政の具足は27kg以上等と有るし 胴は伊達政宗の22kgの具足より装甲が厚い可能性も有るだろうが 胴だけで30kg等と言う佐竹義宣の物程は厚みは無いだろうが これは野戦用では無い可能性も有るのかだが
09-18 20:04

https://t.co/tfgDiQnB8I フンガムンガ等のこうした枝分かれした投げナイフも ラタンの盾を貫く威力は無いと言う事なのかだが
09-18 20:40

https://t.co/oIPhZfjYGS 大型の物なら盾の持ち手部分付近を貫いて 手にダメージを与える程度なら出来るのかどうかだが
09-18 20:52

https://t.co/H2gHiBrE80 枝分かれしていないフランキスカも投擲距離は制限されるが それなりに命中はするのかだが 欧の投斧も後で枝分かれしたハールバットには成った訳だろうか
09-18 22:16

https://t.co/7lZ70p4wlW ズールー族の投擲武器は投槍アセガイだろうが 彼等の牛革の盾は貫通するのかだが ラタンの盾はどうなのかだが
09-18 22:23

https://t.co/p7lVPkBVCU ズール族は斧も使うが 左の物は突きも考慮しているのかだが 牛革や籐の盾は貫通するのかどうだが
09-18 22:27

https://t.co/Knl4aXYxYT 鈎の付いたズールー族の斧も有るが 17世紀の東インド会社等の西欧のハルバードの影響で作られた物の可能性も有るのかだが
09-18 22:47

https://t.co/odkeeofE5e ズールー族の左の牛の角の様な刃の有る斧は 実戦用では無いと言う事なのかだが
09-18 22:48

https://t.co/j7m803eqZ5 逆向きの鈎の付いた斧等も有るが 此れもハルバードの影響が有るのかどうかだが
09-18 22:56

https://t.co/3gRecT5qlX https://t.co/OSnkfxXi0h ズール族の短槍イクルワは 欧の剣を模した物なのかだが
09-18 23:12

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10559-51ead303