FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/13のツイートまとめ 

boukenkyuu

味方の方が弓兵・銃兵が多ければ 敵の騎馬武者への射撃をほぼ封じる援護射撃は出来るかも知れぬが 敵の弓兵・銃兵が多い状況でも大将が識別できたら弓・鉄砲を放つ兵を無視してでも 士気の高い士鉄砲・士弓組ならこちらを狙う可能英も有るのかだが
09-13 11:24

大将が識別出来ない状況でも白兵戦の強い騎馬武者の狙撃を 大将が偽装している可能性も有ると見て 士鉄砲・士弓組ならリスクを冒して目論む可能性も有るのかだが
09-13 11:43

そう言うリスクを考慮して 物量が有る場合は士鉄砲・士弓組に射撃が集中される可能性も有るのかだが
09-13 11:56

イングランドの傭兵がビザンチンに居たなら ロシア以外の北欧等のバイキング傭兵も居た可能性は有るだろうが ビザンチンのラメラー鎧や合成弓が イングランドや北欧に迄輸入されていたのかどうかだが
09-13 12:21

https://t.co/vb5W41l75C ヘースティングズ前はビザンチンのイングランド傭兵は 居ないと言う事なのかだが
09-13 12:25

面具を付けて地味な鎧を装備しても 身長や体格・声等で大将がある程度識別され得るのかだが 戦闘力の高さ・使用している得物・技の種類や鎧の重さ等でも 識別される可能性は有るのかだが
09-13 12:45

https://t.co/mvp3kMH1jo 左の様に板金鎧の首を下から突く事も 首が完全に塞がる一部の鎧以外は出来る例が有るだろうが https://t.co/0DJyhZ7Lrg 隙間が有るにしても 狭い物も多いだろうか
09-13 12:56

ZJ715 時代物 木彫漆泊獅子噛前立鉄錆地花文十六間筋兜 金小札緋糸糸威二枚胴具足 等身大甲冑一式・鎧兜 長方鎧櫃付☆武具節句古美術 https://t.co/VtyEkURnjX 前立は耳が葉に成っている獅噛なのかだが 古い物なのかどうかだが
09-13 13:23

【時代百花】名家所蔵 蔵出し品、本時代 『経文 横木瓜家紋 陣羽織』武将 装具 甲冑 古布 古着 武具 https://t.co/gI34uDxbyG 経文の有る陣羽織等も有るが 戦国期に同様の物は有るのかだが
09-13 13:25

日本刀は刃が硬過ぎて 板金を叩くと割れると言うがhttps://t.co/oTULhMLOhK  14-16世紀の西欧剣も刃の硬度は最大650HVだろうから 刀の600-750HVと大差は無いと言う事なのかだが
09-13 14:54

西欧剣も少ないが折返しはされていると有るから 刃部の均一性はどうなのかだが 一数定程度迄の折返しなら 刃を強くする事は証明されている訳だろうか
09-13 14:56

https://t.co/kVGRM7uwT4 現代鋼は折り返しで強度が高まるのは2回迄 日本の古い鉄なら12-18回と有るが 欧の鉄も日本同様高炉利用で無いなら 12-18回程度の折返しが有用かも知れぬが 確か4回程度しか折返しは無かっただろうか
09-13 15:33

https://t.co/lATqO5MCCo >これを15 回前後(刀工によって回数は異なるでしょう。)繰り返します。  https://t.co/1wNDbqiT4u >世に言う15回折り返すと言うのは結構眉唾です。15回折り返し鍛錬してる刀鍛冶に会った事がありません。聞いて回ると、大体8回〜12回位がメジャーなようです^_^;
09-13 15:41

強度を余り考慮せぬ現代刀の折返しは8-12回程度なのかも知れぬが 江戸期は15回程度が標準なのかだが
09-13 15:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10554-09516d6a