FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

09/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

☆特選名宝☆武田信玄公弟 武田信繁公着用鎧☆図説武田信玄(山梨大学名誉教授 磯貝正義監修)別冊太陽武田信玄他 ズバリ所載品☆ https://t.co/3nLyks6rIM 此れは果たしてどうなのかだが 杏葉形の吹返は戦国期にも 有ると言う事だっただろうか
09-04 11:04

1561年迄にこうした胴形状は未だ無く 吹返の小型化も無いのかだが
09-04 11:10

茶漆塗菱綴胴 草摺三段下り /// 甲冑 武具 鎧 兜 刀 鍔 鞍 鐙 弓矢 縁頭 https://t.co/c2tC5rHIJ8 この草摺の毛は長いが 戦国期にこうした物は無いのかだが 袖や面頬の垂にこうした物が有る例は有るのかだが
09-04 11:17

黒漆塗天狗総面頬 https://t.co/IF86AA1Sp3 此処迄鼻が下に伸びた天狗面も見ないが 戦国期には有るのかだが
09-04 12:16

https://t.co/2lE7H8NtzN 丁番が利用される籠手の先端部も有るが 戦国期にこうした物は無いと言う事なのかだが
09-04 12:38

https://t.co/G1wpLFgXHA こう言う火炎の出ている様な鍬形的な前立は 戦国期に有るのかだが
09-04 12:44

https://t.co/owYNBRpX1R この前立は 扇が3つ有る物と言う事なのかだが
09-04 13:30

https://t.co/7Obm7WzXdx 扉の閂を外す猿等を忍者が使うと言う記述も有るが 猫は其処迄は出来るのかだが
09-04 16:05

忍犬も其処迄は期待されていないだろうし 猿や猫と異なり壁を超えて扉を開ける事は困難と言う事だろうか
09-04 16:44

https://t.co/YURSfPuL1y 甲賀忍者が猫を良く使うと有るが 扉迄は開けさせていたのかだが
09-04 16:51

https://t.co/A5hYI5ZwS5 この具足の袖には 同様の長い毛が有るだろうか
09-04 19:29

https://t.co/jz0HjreEMj こう言う編まれ方の鎖の有る籠手は 戦国期には無いと言う事なのかだが
09-04 19:31

https://t.co/h0hQhA73bq この袖の材質は 何なのかだが
09-04 19:35

https://t.co/x9RNdUqTUO こう言う籠手も江戸期の物は見るが 戦国期には有るのかだが
09-04 19:38

https://t.co/9uKMPedvFy この頭立の様な物は 何なのかだが 山が透かし彫りされる訳では無いと言う事なのかだが
09-04 20:10

https://t.co/XVF8jxrkEU >「信長公記」には「西上野の小幡一党、赤武者にて、入れ替へ懸かり来たる関東衆、馬上の功老にて、是れ又、馬入るべき行に  とは言え 馬防柵を排除した場所に 乗馬突撃していたと言う事なのかだが
09-04 20:32

https://t.co/XVF8jxrkEU >ある戦で馬上で戦っていた虎盛は散々に敵を殺したため、芦毛の馬が返り血で栗毛に見えたとされます。その息子の昌盛は、敵数百に対してただ一騎で乗り入れ、味方の数人の援護射撃と相まってさんざんに撹乱した逸話があります。
09-04 20:35

https://t.co/HShYhdrG0E 小畠虎盛・昌盛も関東武者では無いが 馬上戦闘を重視していたと言う事なのかだが
09-04 20:37

https://t.co/XVF8jxrkEU >部隊運用では鮮やかな騎馬の運用例として、武田信繁。ソースは忘れましたが(現地の看板だったような)、小笠原長時との塩尻峠の戦いにおいて、騎馬のみで編成した奇襲隊を構成し、朝駆けを敢行し小笠原勢を破ったと伝わります。
09-04 20:48

https://t.co/eGianDhnIK >小笠原長時との塩尻峠の戦いでは、信繁は騎馬武者のみで編成されたスピード重視の機動部隊による小笠原への強襲を発案し、実行したと伝わります。  武田信繁のこうした乗馬襲撃は関東武者の攻撃を模倣した物なのかだが どの程度の数の騎馬武者が投入されたのかだが
09-04 20:50

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10547-fc06df4a