FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/14のツイートまとめ 

boukenkyuu

山田哲 日本球界初40本塁打&40盗塁へ加速 3度目トリプルスリーも射程圏 https://t.co/WnUouFIcZP MLBでも20-40程度なら出来るのかだが 30-60程度はどうなのかだが
08-14 09:46

https://t.co/Ob5xqlNfSK ランツクネヒトの服の袖の太さでは 相手の刃を食い込ませて横に払うと言う様な事は 可成りやり難いのかだが
08-14 11:33

https://t.co/He84x81AcV 騎士の服にもこうした袖が有る例も有るが 上腕部に有るから相手の刃を食い込ませて 横に払うのは難しいのかだが
08-14 11:38

https://t.co/3Uew30zn9x https://t.co/nPWh80jk2P 左の絵は1535年頃作成と言う意見も有るが マクシミリアン鎧を装備しているらしき者も書かれるが 騎士のマクシミリアンは防弾重視の為1530年頃廃れたかも知れぬが 歩兵は古い此れも金の問題でかなり後迄併用していたのかだが
08-14 11:55

https://t.co/VHIcostBQK こうしたマクシミリアン的鎧は高価な筈だが歩兵が装備しているが 1535年頃では騎士の使わなく成った古い物が安値で回っていた可能性は有るのかだが
08-14 11:58

16世紀中期の銃の時代では白兵戦能力が低いと言う神聖ローマ騎兵も 3/4鎧を装備している様な者は それなりに剣が使える可能性も有るだろうし 1570頃迄居た槍騎兵も同様かも知れぬが 一番数の多いピストルだけ装備して装甲の無い様な雑魚的騎兵は無理だったと言う事なのかだが
08-14 12:11

仏の場合はその時点でも3/4鎧や胸甲装備の兵が 槍騎兵以外でも多い可能性も有るなら サーベルチャージ的な事は可成り出来たのかだが スウェーデンの場合装甲が無い者も剣を使えたと言う事なのかだが
08-14 12:13

ティリー等の指揮官が居る騎兵部隊なら そうした3/4鎧を装備する兵の比率も多いかも知れぬが それでもスウェーデン騎兵にはやられていた訳だろうから 鎧を装備する兵でも剣は使えるにしても そう強くは無い可能性も有るのかだが
08-14 12:16

https://t.co/1KXL8OxArk スウェーデンでも指揮官は大きな馬に乗っていると言う事だったかも知れぬし 3/4鎧を装備しているかも知れぬが 他の者は何も装甲は無いか やや大型の馬に乗る物は胸甲を装備していたのかだが
08-14 12:30

3/4鎧を装備している神聖ローマ騎兵には 胸甲装備の兵が回され 他の軽騎兵には非装甲の者が剣で斬り込んでいたと言う事なのかだが 馬の極度に小さいスウェーデン騎兵の足が高速とは思えないし 軽騎兵は逃げてパルティアンショットを連続させると言うのも ピストルでは余り出来なかったのかだが
08-14 12:39

軽騎兵は独立して行動していない可能性も有るなら そうした戦術は取れなかったと言う事なのかだが
08-14 12:42

https://t.co/xmwpdEJtJr スウェーデン騎兵も最前列だけこうした3/4鎧と 大型の馬の有る騎兵が居たと言う可能性も有るのかだが
08-14 12:59

マクシミリアン甲冑なら焼入れが未だ有るのかも知れぬが 全体に迄は有るのかだが
08-14 13:02

板金鎧の胴の硬度は300HV超えは有るのかだが ベルセルクのゴドーが作ったガッツの鎧は 厚みが有り焼きが入る インスブルックの物の様な高品質の鉄が使われる物と言う事なのかだが ダマスカス鋼的な物が使われている可能性も有るのかだが
08-14 13:09

スイス兵はドイツに対抗して イタリア式剣術を用いている可能性は有るのかだが 英仏はイタリア・スペインの物や独自の剣術を使っているのかだが
08-14 13:46

https://t.co/KxZO9eBEgC 両手持ちのカッツバルゲルも有るし ツヴァイハンダー的なサイズの物迄有るが ロングソードサイズの物はハルバード兵は装備している例も有るのかも知れぬが ドッペルゾルドナーでは有るのかだが パイク兵や銃兵は基本的に無いのかだが
08-14 13:58

https://t.co/J5xzNYW3cH パヴィアの戦いではこうしたスイスサーベルは 何処迄使われたのかだが 湾曲度は余り無いのかどうかだが
08-14 14:55

https://t.co/qRqa5g8V1p 1490年にもこうした物は有るのかだが チェリニョーラやセミナラでは有るのかも知れぬが ブルゴーニュ戦争時は有るのかだが
08-14 14:58

スイスサーベルも湾曲が余り無いとすると https://t.co/MKvS65wkP9 左の様な曲剣特有の防御を迂回しての攻撃は 無かったと言う事なのかだが
08-14 15:10

https://t.co/e1wbPC184t 刀の湾曲している物でも 先端分は曲がっていないなら そうした迂回攻撃は何処迄出来るのかだが 薙刀の曲がった物なら出来るのかどうかだが 極度に曲がった鎌薙刀と言うのも有るだろうか
08-14 15:17

https://t.co/4zDz1YSnBX 片手打打刀辺りなら 割に曲がる物も未だ有るだろうが 迂回攻撃は何処迄出来るのかだが
08-14 15:26

https://t.co/CWEVu2aVsh ランツクネヒトは左の様なメッサーを使うが この湾曲でも迂回攻撃は出来るのかどうかだが
08-14 15:37

https://t.co/6DDCNy383g 左のクリークスメッサーは湾曲している方だろうし 迂回攻撃は出来るのかどうかだが
08-14 15:45

https://t.co/jV5jK59YiA ランツクネヒト銃兵が両手用らしきメッサーを持つ絵も有るが 剣が可成り使える兵なのかだが 両手用カッツバルゲルを装備した者も居たのかだが
08-14 15:51

https://t.co/tb1KDMBs0L こうした物も見るが ツヴァイハンダー程の刃長の物は今の所見ないが ツヴァイハンダーは長いから 重量増を嫌って直刃としているのかだが
08-14 16:04

https://t.co/6QYo4Aw15W こうした片手打打刀の時代迄の大太刀はかなり湾曲しているから 迂回攻撃は出来ると言う事なのかだが
08-14 16:45

ファンタジーに良く出て来る 胸の上部と肩しか保護していない様な鎧は不合理との意見も有るが https://t.co/Ob5xqlNfSK ランツクネヒトの鎖帷子はそうした部分しか保護していないし 胴鎧無しでこれ単体で装備している兵も多いだろうが パイクの刺突は何処迄止まったのかだが
08-14 17:03

https://t.co/NgW7bKXozF こうした尖ったパイクの先端には 鎖は余り意味は成さないと言う事なのかだが カッツバルゲルの様な半円形の切っ先や 此れ程では無いが鈍い切っ先のバスタードソードには 効果は有るのかどうかだが
08-14 17:14

https://t.co/IjOhJeMwfW 16世紀前期のスイスのバスタードソードは先端が鈍いだろうし この突きは鎖で止められると言う事だろうが サーベルも先端は鎖を貫ける程には 鋭くは無いだろうか
08-14 17:40

https://t.co/P6Tp2SKLEQ 日本にも胸上部と肩以外は 格子鎖の鎖帷子も有るし 脇引だけ装備している様な足軽も 応仁乱消息等に書かれるが 16世紀後期では満智羅だけ装備している様な足軽も居たのかだが
08-14 17:47

https://t.co/4nZaT2duNQ 脇引でも左の様に広範囲が保護される物も有るが 満智羅登場後に出て来た物の可能性も有るのかだが
08-14 17:53

秋夜長物語絵巻のこうした頬当は https://t.co/QIJ6X37CxS 頬部分は左の様な物の可能性も有るのかだが https://t.co/oRk3w99ubj
08-14 18:24

兜に有るのは巻かれた傘印なのかだが 頭部に装備するタイプの母衣も有ったかも知れぬが 果たして此れなのかどうかだが https://t.co/3pYOAsnbwC
08-14 18:36

https://t.co/QdQgURzSRI 左の保侶衣推考に有る頭部装備の母衣とは 付き方が異なるのかだが
08-14 18:40

https://t.co/m0W0kQNxwA 此れも頭部装備の母衣の可能性も有るだろうが 装備位置は傘印の有る位置なのかだが
08-14 18:44

https://t.co/S7sZAoiSCt 左も傘印の位置に有る 母衣の可能性も有るのかだが
08-14 18:47

こうした母衣と言うのは古い絵に果たして有るのかだが 傘印の位置に装備される物が誤認されている可能性も有るのかだが https://t.co/0HH7huxGoi
08-14 18:53

https://t.co/hPzMVolpbB 平治物語絵巻・六波羅合戦巻に有る母衣は 棒で固定されるタイプでは無いと言う事だろうか
08-14 19:23

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10526-6c25d1db