FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/05のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/9fNGDfL93R https://t.co/3cXRT7VvOx コールドスチールではシミター(1.23kg)の方が 刀(1.17kg)より重いが リアルな重量なのかだが
08-05 09:06

https://t.co/qjHDeEptwl 真鍮の上に黒染めが成されたハバキも有るが 銅で黒っぽい物や 黒漆が塗られている様な物も有るのかだが
08-05 09:12

https://t.co/ab8wIPJly8 >「ブリネル硬さ」という指標だと、鉄200、銅110、アルミ20に対し、真鍮45~70、ステンレス170~217程度です。  ハバキの素材は真鍮が多い様に見えるが 硬度的問題は無いと言う事なのかだが
08-05 11:51

ブリネル硬さの鉄の200と言うのは確か鋼だろうし 通常の軟鉄は銅よりやや硬い程度だったろうか
08-05 11:53

https://t.co/YawfKc7PwT Brass192-202 Copper80-85 と有るが 銅の強度はそう低いのかだが 鋼では無い鉄は Iron, Malleable112-126 左程度の硬度なのかだが
08-05 12:14

https://t.co/u7q25dETv4 >黄銅;3~4 銅;3  モース硬度だと真鍮(黄銅)と銅の硬度差は 余り無いだろうか
08-05 12:22

小札の様に白檀塗や 色漆が使われる鍔や刀の金具と言うのは 果たして有るのかだが 七宝で色が付けられている例は有るだろうか
08-05 12:25

https://t.co/e8MYzC8L6r 鍔も厚さは4-5mm有る物が多いし 真鍮や銅であれ通常の刀の斬撃で割るのは 困難と言う事なのかだが
08-05 12:41

https://t.co/FxVtpxIV6Z 160g等有る鍔も有るが 果たして実戦用なのかだが
08-05 12:44

https://t.co/n8T9CN8WLg こう言う透かしの有る大型の鍔は 真鍮製なのかだが 厚みはそれなり有る可能性も有るのかだが
08-05 12:47

ツヴァイハンダーの鍔は巨大だが 重心は何処迄手元側に有るのかだが
08-05 12:49

ロングソード等の鍔で殴る攻撃も有るが 板金鎧には何処迄通用するのかだが
08-05 12:55

https://t.co/RuIy0FfFbD ロングソードの場合左のMordhauだろうが  此れはコートオブプレート・板金鎧の首や手足の 非板金部分等にダメージを与えるのが精々なのかだが
08-05 12:59

https://t.co/WSksOvzEq3 大太刀でこうした動きは 何処迄するのかだが 裏刃攻撃的動き以外の物なら有るのかだが
08-05 13:24

下方向からの裏刃攻撃も有るのかも知れぬが 鎖相手にはどうなのかだが 家地は兎も角ギャンベゾンは斬れるのかだが 裏刃で槍等の柄も 一撃で無ければ折れるのかだが
08-05 13:26

https://t.co/RYn3KXweCI 鎖越しの裏刃攻撃でもコートオブプレートの首 イタリア式鎧やゴシック鎧の首後部に当たれば それなりに動きは鈍らせ得るのかだが
08-05 13:32

https://t.co/t3daq0yPmt こうして直後に裏刃が来る例も有るだろうが 裏刃の連続攻撃等は実戦では何処迄使われるのかだが 裏刃攻撃の直後に通常の斬撃と言うパターンも何処迄使われるのかだが
08-05 13:44

https://t.co/HAUhgPst9N 此れは良く見ると 最後は裏刃斬りなのかだが こうした低い位置の裏刃攻撃も有るのかだが
08-05 14:04

https://t.co/GBRF217vKl 銅製の鍬形台も有るが 古い銅の鍬形は有るのかだが 裾金物も銅製の物は有るのかだが
08-05 14:41

https://t.co/CekyFAjklP 此れは16世紀の 鉄製の黒い鍬形台なのかだが
08-05 14:43

https://t.co/gzzMqLJAA0 鉄製の黒い鍬形も 平安期から有るのかだが 銅メッキの部分も有ると言うが 鍔にこうした銅メッキが施される例は有るのかだが
08-05 14:47

https://t.co/LQReAimmGr 黒くても左の鍔の様に 四分一(銀銅)製の鍬形も有ると言う事なのかだが
08-05 14:57

https://t.co/XK4vcRE5D6 銅の鍬形も金が塗布される場合も 有ると言う事だろうか
08-05 15:18

https://t.co/JymreW4j7K 裏刃の斬撃としては 深く斬れていると言う事なのかだが
08-05 15:32

https://t.co/bWIgLrxejP 片手剣のこう言う連続攻撃は 実戦では何処迄使われるのかだが
08-05 15:37

https://t.co/SphNZAJcuh こう言う裏刃の使い方は 実戦で有るのかどうかだが
08-05 15:38

https://t.co/HJnRDsr8wt 斧のこうした引く攻撃でも 切断力は可也有るのかだが
08-05 15:45

関東五枚胴では鉄製佩楯が有るが 此れは最上胴登場時に既に有った可能性も有るのかだが 初期の物なら縅糸は有るのかどうかだが
08-05 17:05

https://t.co/d2MQoIA9cs 左の秩父孫次郎の佩楯は鉄製だろうが 縅糸は無い様だが https://t.co/onXFs4cUYB 左の佐竹義重の佩楯に似ているが こちらは鉄製なのかだが 1570年台以降の物なのかだが
08-05 17:13

こうした鉄製の佩楯は 乗馬戦闘の多い関東以外では使用されなかった可能性も有るのかだが
08-05 17:14

佐竹義重の具足に有る様な丁番の付いた袖と言うのは 初期の最上胴にも有るのかどうかだが
08-05 17:24

https://t.co/VD5grZ74wO https://t.co/jgae7s8zXO 左の川中島合戦図は17世紀前期の物だったかも知れぬが 陣羽織と指物が同時装備されているが 津軽屏風に有る様な腰に差すタイプの指物も 陣羽織の後ろの切り込みを利用して 此れと同時に装備出来たと言う事なのかだが
08-05 17:32

https://t.co/FXzOvLR0jr 大阪夏の陣図にも指物と陣羽織の同時装備例らしき物が書かれるが 指物では無く兜の後立の可能性は低いと言う事なのかだが
08-05 17:40

https://t.co/FZyZ9riz9b 自分の槍では無く敵の槍を蹴って反らせると言う技は有るのかだが ハルバードの鈎を外す為に蹴る技は有っただろうか 盾を蹴って敵の防御やバランスを崩す技は有るのかだが
08-05 19:59

板金鎧ならロングソードを蹴って隙間への突きを逸らせると言う様な技も 有るのかだが 塚原卜伝の様に腕を蹴って武器を落とす様な技は何処迄使われたのかだが
08-05 20:01

https://t.co/Mc5uJZ3dL1 左の赤沢朝経像は1507年近辺に書かれたと言う事だっただろうが こうした顔を覆わない頬当が既に有るのかだが 面頬には秋夜長物語絵巻に有る様な喉輪的な垂が装備されるのかだが 別パーツに成っている可能性も有るのかだが
08-05 21:41

https://t.co/dBYwzS2nNn この打刀の差し方でも馬に鞘は干渉しないのかだが
08-05 21:43

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10517-33f96bd6