FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

08/02のツイートまとめ 

boukenkyuu

こうした高速の操作をするのは グリップが悪ければ特に雨が降ったり血が付いたりした場合は 困難と言う事なのかだが 柄巻的な物が装備される必要は有るのかどうかだが
08-02 09:57

https://t.co/b8rC3w8ANm こう言う高速の連続斬りを続ければ 刃は何処迄消耗するのかだが
08-02 10:00

https://t.co/H8aE0wb3Pc 剣の軌道が平坦だと こうした事も起こり得ると言う事なのかだが
08-02 10:13

https://t.co/foyhOJo9DE パイク方陣のこう言う範囲の首でも 高さが揃っていれば 2つ以上でも同時に落とせると言う事なのかだが 足は高さが揃う必要は無いが 骨が太いと言う事なのかだが
08-02 10:35

真柄直隆が太郎太刀やツヴァイハンダーを利用すれば この範囲の足軽やパイク兵の足を 一撃で全て両断等と言う事も出来るのかだが
08-02 10:38

太郎太刀なら刃長175cmだろうし ツヴァイハンダーはそれより短いだろうが そうした物なら上の動画より更に広い範囲の足を 一撃で両断も可能と言う事なのかだが
08-02 10:45

騎馬武者でも頬当てが無い者なら 同時に2名の首を叩き斬れるかも知れぬが 2刀でなら同時に4人斬れるが 1刀で連続的に斬る方向も有るだろうか 頬当ての装備率は高くは無いなら 可成りこうした事は可能なのかだが 大鎧時代では障子板の装備でこうした事は出来ない可能性も有るのかだが
08-02 10:50

https://t.co/BwfcT46xAG こう言う下に長いシコロ装備でも 左側からなら同時に2名の切断は可能と言う事なのかだが 2刀でも両方の剣を左から同時に切り込ませる事は出来ると言う事だろうか
08-02 10:59

頬当てより 小鰭の襟部分が装備される例の方が多いかも知れぬし 此れが装備されていれば1名の喉は潰せるかも知れぬが 2人同時に斬る事は困難と言う事なのかだが 大阪陣辺り迄小鰭の襟は装備されないと言う意見も有るが 果たしてどうなのかだが
08-02 11:01

小鰭の襟が装備されようと 頭蓋を2人同時に横に両断すると言う事は出来ると言う事だろうが 腕力は必要と言う事だろうか
08-02 11:03

練革の佩楯なら太郎太刀なら切断出来るのかだが 此れを装備した足を同時多数切断と言うのは 何処迄出来るのかだが
08-02 11:09

四方から突撃して来る騎士の馬の足を ツヴァイハンダーで全て同時に叩き斬ると言う様な物も有ったかも知れぬが 果たして何処迄出来るのかだが 600kgの馬が40km/hで突撃して来たら 足を切断しても胴体が飛び込んで来ると言う事なのかだが
08-02 11:13

https://t.co/t5ScgDQQBo ラヴェンナの戦いの仏騎士のスペイン歩兵への突撃時に そうした事に類似した事は流石に起きたのかだが 仏司令官ガストンは銃でやられたと言う事だっただろうか
08-02 11:32

1526年のモハーチの戦いでもランツクネヒトは居ただろうが ツヴァイハンダーは何処迄役に立ったのかだが 装甲の無いイェニチェリ歩兵を多数両断等と言うのは 彼等の銃砲でやられて無いと言う事なのかだが
08-02 11:34

パヴィアの戦いで地形で足の止まった仏騎士に ツヴァイハンダーを持った者が斬り込んだと言う事は有ると言う事なのかだが 騎士の大半は銃で仕留められたのかだが
08-02 11:37

https://t.co/cJypiPe4K5 1475年にツヴァイハンダーは果たして有るのかだが 1486年のランツクネヒト結成時には有ったのかどうかだが
08-02 12:12

独の下馬騎士がパイクを構えたと言う記述も有ったかも知れぬが ツヴァイハンダーやハルバードは使用したのかどうかだが
08-02 12:15

https://t.co/Y7AJt4Ol4x 鉄腕ゲッツはチェリニョーラやラヴェンナには居たのかだが パヴィアの戦いには ドイツ農民戦争に参加していたから居ないと言う事なのかだが
08-02 12:39

ドッペルゾルドナーやハルバード兵も必ずしも鎧を装備していないし 3/4鎧を着ている者も殆ど見ないが パイク兵の前列の方が鎧の装備率は 彼等は余り動けない事も有り高いと言う可能性も有るだろうし ドッペルゾルドナーやハルバード兵は武器が重いので疲労を考慮する必要も有るのかだが
08-02 12:41

■27■大珍品!!■掛け外し十文字槍■生刃有り■銘 兼国■室町時代後期■十文字槍■十字槍 https://t.co/uuOZ1MiMdl こうした物は鈎槍登場前に有るのかだが 枝の種類を変更する為では無く 枝或いは槍先が折れた際の交換を考慮して分割されている可能性も有るのかだが
08-02 13:08

https://t.co/teVMdRP6V4 https://t.co/0ZAhM15APD 兼国も1428年迄の人間なのかだが 枝の有る槍が1428年に有るのかだろうし 枝は後で装備された可能性も高いのかだが
08-02 13:21

https://t.co/GemHDmalQB アリゾナ州フェニックスでは夜も30度超有るし ドーム外の野球は夜しているのかだが 雨が降っても38度等有るのかだが
08-02 14:07

この種の腹当が攻城戦時に 室町期の薄く成った胴を保護する為に追加装備された可能性は有るのかだが 此れは素懸縅だから 16世紀の物と言う事なのかだが https://t.co/yFDMVpq3Sy
08-02 14:19

此れも素掛縅だが 槍・銃対策で板金利用の物も有るのかどうかだが https://t.co/9bD3ieEJVI
08-02 14:23

戦国期にこの種の畳兜的な物は使われたのかだが 捕物用の物が非常時に兵に転用されたと言う可能性も有るのかだが https://t.co/heKDwp6xdP
08-02 14:25

https://t.co/XYTfxAFcgY  明の場合はそうした兜を歩兵が利用していると言う事なのかだが 日本でも同様の例が有る可能性も有るのかだが 足軽では無く士大将の護衛歩兵用の可能性も有るのかだが
08-02 14:28

こう言う少なく成った肘部の鎖も見ないが 雪下胴以外は無いのかどうかだが https://t.co/AUygi4MYmV
08-02 14:33

左の龍の入る鍬形の様なデザインは 南北朝期には有ったのかだが 戦国期には右の様な前立も有るが 左の様な鍬形の影響は有るのかどうかだが https://t.co/Zjf2cDIHp6
08-02 14:49

https://t.co/11ETNW8q4C 左の復元された龍の前立の有る具足の鍬形台には龍が有るが こうした物が南北朝期・室町期に有ったのかどうかだが
08-02 14:57

結城合戦絵詞には天衝の前立が有ると言うが 本だと写真を取り難い位置に有るが イラストの物よりやや細いのかだが https://t.co/yMboSJaktN
08-02 15:08

11番の後三年合戦絵詞の義家の物に似ている兜は 現存しているのかどうかだが https://t.co/xEL5A1SefU
08-02 15:25

笠置寺縁起絵巻の物程では無いが 大きな龍の首の有る兜も 江戸期には有ると言う事だろうか https://t.co/IcEEfqy5cW
08-02 15:27

攻城戦時なら額当を兜の中に装備する可能性も有るだろうが 側面からの射撃には対抗出来ないという事だろうが 別の厚い兜鉢等は利用されたのかどうかだが
08-02 15:39

https://t.co/BwfcT46xAG 左を見ると傘シコロ+此れに付随する吹返で 側頭部は保護される可能性も有るなら 額金だけ追加して攻城戦を戦っていた可能性も有るのかだが
08-02 15:44

当世兜的な傘シコロや大型の吹返が無い物の場合 側頭部の防御力強化は 下に有る様な割に側頭部も保護する額当を利用したのかどうかだが https://t.co/m1S2BJgj2H
08-02 15:56

或いは枝は1428年以前・南北朝期にも存在し 初期の十文字槍であるから枝の製作技術が低く 分割式と成っている可能性も有るのかだが
08-02 16:23

テルシオの中央部には非装甲の雑魚的なパイク兵が 逃走防止の為に囲われているという事だったかも知れぬし 此処に剣やハルバードを持った兵が斬り込めば彼等は対抗出来ずに大混乱を起こし 潰走する可能性も有るだろうが スイスパイク方陣もそうした士気の低い兵が内部に居るのかだが
08-02 16:31

装甲も無く 軽装故の速度を活かす技術の無い様な兵が中央に居るなら そうした者なら数十人斬る事も 装甲を軽くしたタルフォファー等なら出来るのかどうかだが
08-02 16:52

https://t.co/rDodFy6xU6 >A - 本部要員11名、パイク兵108名、コルスレット111名、マスケット銃兵20名   コルスレットはハーフアーマー装備 パイク兵は胸甲・兜か非装甲の者だろうから この軽装の100人を斬ると言う事は容易に出来るのかどうかだが
08-02 16:59

剣やハルバードを持つ兵が味方の援護の下 内部に飛び込んでそうした者を50ー60人斬れば テルシオは混乱して潰走と言う可能性も有るのかだが スイス歩兵なら100人斬っても潰走は無いのかだが
08-02 17:03

イェニチェリ兵は密集度は其れ程有るのかだろうし 装甲も無いが精鋭兵はシミターの速度を生かして来る危険は有るだろうから 銃・弓を封じてさえツヴァイハンダー等で斬り込めば容易にやられる危険も有るのかだが 予備武器のカッツバルゲルもシミターより重いから 何処迄対抗出来るのかだが
08-02 17:10

スイスのバスタードソードの両手持ちなら シミターの速度に対抗出来る可能性は有ると言う事なのかだが シミターもやり難いが両手持ちや ハーフソードは恐らく有る訳だろうか
08-02 17:12

https://t.co/a8XK7S16LI 此れも可成り高速の 連続斬りと言う事なのかだが
08-02 17:34

ツヴァイハンダーなら騎士の装甲の薄い足なら 打撃は与えられるのかだが 1.2-1.5mmの板金が足に使われる バトルオブネーションズのポールアームの直撃でもダメージは無い様に見えるが
08-02 17:57

https://t.co/9rPYYTpvhf 女でも可成り高速に切り返しは出来 剣足も高速であると言う事なのかだが
08-02 18:52

だぶ付いたランツクネヒトの服は 的を絞らせない為と言う事なのかだが パイク等が引っ掛かって動きが拘束され やられた例は無いのかだが あまりだぶ付いて居ない服を切る者も居るだろうか
08-02 23:30

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10514-5d48f981