FC2ブログ

Category

2020.07

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

07/31のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/xpDhkWwm6E 1532年の妙に尖った笹穂槍も有るが 最上胴の隙間を突く事等は考慮しているのかだが
07-31 08:58

https://t.co/BD7aUJApBI 左の鎖を貫く槍よりやや鋭いだろうし リベット留めでは無い南蛮鎖なら容易に貫通したのかだが 最上胴の下にそうした物が装備される例は 下馬戦闘主体の西国では指揮官以外無いと言う事なのかだが
07-31 09:06

https://t.co/AMXDVJ3tdl 栄螺形兜と有る物は妙に縦長だが 栄螺以外の貝を模した可能性も有るのかだが
07-31 09:27

▲24Z291▲時代武具・在銘信吉・長柄直槍全長209cm鞘付/日本刀剣鎗鑓やり・合法の長さ https://t.co/VGgOHTWHvP 太刀打に竹の薄板が巻いてある様にも見えるが 実戦を想定した物なのかだが
07-31 09:35

【櫻】無銘 薙刀 40.6cm 虎目柄拵 刀剣武具 旧家蔵出品 [rt]7 https://t.co/XiCeXjJl08 蛭巻的な物の上に鮫革が張られる例も有るのかだが 柄下部にも蛭巻的な線が有るが 金具が入る訳では無いと言う事なのかだが
07-31 09:39

袋槍拵入り/信國/筑前/梵字二重樋入り/鍛え/日本刀/刀装具/甲冑/武具 https://t.co/jCubzuU3Bq 蕪巻の直ぐ上に槍印を装備する輪が有る様に見えるが 戦国期の槍では有るのかだが
07-31 10:01

https://t.co/gqByxOZ0G2 こう言う尖った鎧通しも稀に見るが 鎖を貫くのを狙っているのかだが 南蛮鎖を貫けるのかどうかだが https://t.co/lBUUJGm41b 鎖を貫けるラウンデルダガーと同程度の鋭さは 有ると言う事なのかだが
07-31 10:39

https://t.co/yZtQzEajjl その種のダガーも 最先端部は鈍く共 鎖は貫通はすると言う事なのかだが
07-31 10:49

リベット留めされていない南蛮鎖なら もう少し鈍く共貫通出来るのかだが 通常の短刀でも 日本型の鎖は貫通するのかどうかだが
07-31 11:04

https://t.co/2HqJtB3N8q この程度の鋭さの物でも日本型鎖は貫通はするが 致命傷迄は負わないと言う可能性も有るのかだが
07-31 11:14

練革の佩楯は通常の鋭さの日本の槍はほぼ垂直に当たれば貫通するが 鎖はほぼ貫通しない可能性も有るのかだが 革製でも本小札の分厚い草摺や佩楯なら そう簡単には貫通しないのかだが 伊予札や薄い板札ではどうなのかだが
07-31 11:18

練革では矢はそれなりに止まるが 鎖では日本の鏃でも南蛮鎖以外では阻止出来ないと言う可能性も有るのかだが
07-31 11:20

ヨーロッパの鋭い剣や槍類相手なら 練革の方が使えると言う事なのかだが
07-31 11:31

https://t.co/82y5DQ4jUW 左の様な柄先端が補強されるパイクも有るが こうした物はパイク兵全員に装備されず 最前列付近のみ装備し剣やハルバード等での柄切断に備えたと言う事なのかだが ツヴァイハンダーやバスタードソードが消えた16世紀中期以降には廃れたのかだが
07-31 11:53

https://t.co/3ruJle8KfA 左のパイクには 柄を補強する鋲が書かれている様にも見えるが 補強板も有るのかどうかだが
07-31 12:23

https://t.co/QEhSoycGJ5 こちらにも有るが 鎧を着ている兵が装備していると言う訳でも無いのかだが
07-31 12:29

https://t.co/uoLp7iGSjm 左のパイクの場合は 補強板が書かれていると言う事なのかだが
07-31 12:34

https://t.co/Z7N0h9oCCK 左のパイクは鋲が有る補強板が 有る様に見えるだろうか
07-31 12:36

https://t.co/QEhSoycGJ5 管槍の管に似た様な物が パイクに有る様に見えるが 管槍の管より長さが有るし そうした機能が有る物なのかだが
07-31 12:52

管槍と管と同様の機能が有るなら 管槍が此れを参考として 1550年以降辺りに作られたと言う可能性も有るのかだが
07-31 12:55

https://t.co/0tneP8l996 こう言う鋲が無い様な補強板と言うのは 日本の槍や契木等にも有っただろうし こうしたパイクの影響で作られた物なのかだが
07-31 13:15

赤熊 兜 鉢金 面頬 しゃぐま 赤毛 ヤクの毛 前立て 官軍 木製うるし塗り https://t.co/G8DEAFobcX 兜が見えず赤熊だけ装備している様に見える兵も 大阪冬の陣図等に書かれるが こうした額金が下に有る可能性も有るのかだが
07-31 13:35

上の物は額金では無く 此れを模した前立なのかだが
07-31 13:37

こうした物もイラストには有るが 半首は赤熊の有る時代には無く 額金が利用されたと言う事なのかだが https://t.co/ye4KrLpXLa
07-31 13:43

大阪冬の陣図に有る左の様な赤熊や白熊の中には 兜鉢は有るのかだが 兜には吹返が書かれている様に見えるから 無い可能性も有るのかだが 吹返が無く前立が付いた赤熊と言うのも書かれるが 此れは吹返を書き忘れたと言う可能性も有るのかだが https://t.co/w8Ff0TKOWH
07-31 14:02

洛中洛外図の赤熊が付いた者の様に 下には額金さえも恐らく無い可能性も有るのかだが
07-31 14:04

紙が仕込まれる籠手等の家地も有ると言うが 防水加工した紙が入っているとは限らぬ様だが 実戦を想定した物は当然河川に入る事や雨・洗浄を想定して 防水加工した紙が入ると言う事なのかだが
07-31 14:10

https://t.co/OViE30FLNk この種のこんにゃく糊を利用した 防水加工された紙が入ると言う事なのかだが
07-31 14:14

補強板が1m近い様なパイクも絵では有るが 塚原卜伝は刃長45cmの薙刀の柄を切断しているが 茎を入れると90cm程度先を斬り込んでいたと言う事だろうが パイクの場合余り踏み込むと後列の槍の攻撃を受けると言う事だろうか
07-31 14:30

https://t.co/VQTOeuoXCX 左を見る限り ツヴァイハンダーで1mパイクに斬り込んでも 後列のパイクは自分に迄は届くのかだが
07-31 14:38

下の絵の様な形に成るとすると 2列目のパイクを最大限伸ばせば ドッペルゾルドナーに命中する可能性も有るのかだが 1mも柄に補強が成されているパイクはそう多いのかだが https://t.co/u6TMbnZ57x
07-31 14:50

薙刀や大身槍を長く持って 叩き斬れば二列目の槍は受けず 1撃で折れず共切れ目が入れば2撃目以降で折れる事は 有り得ると言う事だろうか
07-31 14:52

薙刀や大身槍を長く持って 柄が補強されたパイクを斬るとすると下の様な形に成るのかだが 此れでも2列目のパイクは受け得るのかだが 7.5m或いは其れ以上の長さのパイクも有ると言う説も有るだろうから 此れを2列目以降に配置すれば 3列目のパイクも通常の長さの薙刀では受け得るのかだが https://t.co/q0XyKsgCKE
07-31 15:15

足軽の10mの長柄槍で 7.5m迄のパイクを持つテルシオ兵を殴ると言う様な事は有り得るのかだが 10m等の物は数は無いにしても 標準的なパイクの5.5m以上の長さの物なら割に有るのかだが 突く攻撃と殴る攻撃とのリーチの差も考慮する必要は有るだろうか
07-31 15:42

テルシオ前列のパイク兵はハーフアーマーを装備しているから 槍での打撃は何処迄受けるのかだが 7m等の槍の打撃で体勢を崩した後 突くと言う様な方向も有るのかだが
07-31 15:44

https://t.co/5jTdKrEGEA こう言う鎧をテルシオパイク兵の前列は装備していると言う事だったかも知れぬが 上から打撃して体勢を崩した後 草摺の隙間や顔等を突くと言う様な攻撃なら 長柄足軽でも倒せるのかだが
07-31 16:00

信長公記の三間半(6.4m)の長柄槍でも 突きをして来る5.5mのパイクを打撃では アウトレンジ出来るのかどうかだが
07-31 16:08

1570年辺り迄はパイクをアウトレンジ出来る様な長柄槍等無いかも知れぬし 弓や瞬発式火縄銃・槍襖で騎兵を撃破し 銃兵・砲兵をアウトレンジ後 至近距離からパイク兵に弓・銃を放って援護しつつ薙刀や大身槍でパイクを切断後 踏み込んで壊滅させると言う様な方向も有るのかだが
07-31 16:24

https://t.co/BG2qnMJ2PA 長柄槍も5.4mが標準なら 同程度の長さが標準のパイクの突きで 此れが1m程度は伸びて来る可能性も有るなら 打撃がアウトレンジされると言う事なのかだが
07-31 16:35

5.5m程度のパイクと長柄槍同士では こうした形で2列目のパイク迄 足軽が受ける危険が高いと言う事なのかだが 信長の6.4mの長柄槍でもぎりぎり2列目の突きが 回避出来るか否かと言う所なのかだが https://t.co/syB7XYPFKe
07-31 16:47

パイクのこの構え方では長柄槍の上方からの打撃を上手く受けられるのかと言う事は有るだろうし 余り踏み込まずパイクを打撃して崩してから 草摺の隙間等を突くと言う方向も有るのかだが
07-31 16:49

https://t.co/SZ1Ru8S8Tq 雑兵物語に有る左の様な騎馬武者用の大型の筒は 20匁程度は有るのかだが こうした物から散弾利用の千人殺が野戦の至近距離で放たれる例と言うのは有るのかだが これを密集したテルシオに撃ち込めば 大混乱に陥る可能性も有るのかだが
07-31 17:05

https://t.co/wDT8sAGV2d 左の20或いは30匁筒よりは 雑兵物語の物はやや小さいのかだが 10匁以上は流石に有るのかだが
07-31 17:09

こうした大型銃も 野戦では千人殺を竹束以外には基本的に放っていた可能性も有るのかだが 千人殺も泗川城の島津軍の大砲以外の使用記録は有るのかだが
07-31 17:19

https://t.co/5VuFJsvpf8 漫画等だとこう言う槍襖にツヴァイハンダーで斬り込んで 首を同時に5つ落とす等と言うのも有るだろうが ツヴァイハンダーの刃長を考えると3人程度が限界かも知れぬし 首の高さも個々人で異なる訳だろうか
07-31 18:05

首の高さが個々人で異なったとしても 2人迄なら角度を合わせれば ほぼ同時に両断出来る可能性も有るだろうが 現実に何処迄可能なのかだが
07-31 18:06

3人でも首の高さがほぼ同じなら 刃の軌道を調整してほぼ同時に斬れる可能性は有ると言う事なのかだが
07-31 18:09

スイスパイク兵も古い絵では足に装甲は無いだろうし 足を強大な腕力で5本同時に両断等と言う事は 真柄直隆が太郎太刀を使用すれば出来るのかどうかだが
07-31 18:12

https://t.co/F5T8LS2sK6 真柄直隆が太郎太刀を利用すれば 足軽の頭蓋を横に3人程度なら ほぼ同時に両断し得るのかどうかだが 首2つと頭蓋3つ程度なら或いは有るのかどうかが
07-31 18:22

https://t.co/RHLITPvkit パイクマン兜では左の様に 側頭部に装甲が仕込まれる例も有るが 無い場合も有るが 有る場合でも2刀流なら 片手で首を2つずつ落とし ほぼ同時に4つ落とす事はそれなりの長さの刀を使えば可能である訳だろうか
07-31 18:31

https://t.co/UjJZG3Psz4 こう言う刀2本或いは太刀+片手打打刀 或いは打刀+大脇差等で腕力が有れば パイクの密集陣形の首を2つずつ同時に落とせるのかどうかだが
07-31 18:52

@SagamiNoriaki https://t.co/rGb5bIJJRW 鞘・刀を見ての片手納刀なら 左に有るだろうが 戦闘中にこうした事は何処迄出来るのかだが
07-31 19:04

@SagamiNoriaki https://t.co/JRsG3wE7TC 両手で納刀する場合は 此れで正しいのかだが
07-31 19:32

https://t.co/5WchbbGUIU この刀なら足の3-4本 頭蓋3つ程度なら一撃で両断出来る可能性も有るのかだが
07-31 20:02

https://t.co/KCCObSCBJR 太平記の長山遠江守は 刃長151cmの大太刀を2本携行しているが 此れで二刀流はしたのかだが この様なサイズで無く共テルシオパイク兵の首を2つずつ両断する事は 出来ると言う事なのかだが
07-31 20:18

https://t.co/sTJQcy4P2G >『朝倉始末記』によると足利義昭が朝倉義景を頼って一乗谷に来た際に、御前で二本の大太刀を軽々と持ち上げた上、頭上で十数回振り回したとされている。  真柄直隆ならそうした二本の大太刀の二刀流を 包囲される等した時に利用した可能性も有るのかだが
07-31 20:23

真柄直隆の腕力で太郎太刀使用なら 長く持ったパイクでも同時に3本程度両断する可能性も有るのかどうかだが
07-31 20:34

ツヴァイハンダーの1刀で素早く2名ずつのパイク兵の首や足を両断しつつ前進し 中央で敵を混乱させると言う様な事は出来るのかだが ショートソードを抜いたパイク兵に包囲されて 3/4鎧装備でも装甲の無い部分を突かれる危険も有るのかだが
07-31 20:50

ツヴァイハンダー等で斬られれば完全に首や足を両断等出来ず共戦闘力は無くなる例も多いだろうが 100人等を倒したドッペルゾルドナーは果たして居るのかだが
07-31 21:01

波打った刃を持ったツヴァイハンダーで斬られれば掠っただけで肉が飛び散り 戦意喪失と言う例も多いのかだが 切断力は通常の物より低下していないのかだが
07-31 21:03

https://t.co/dpUfvMCj0J そうした刃の波打ったフランベルグで試し斬りと言う映像も左しか今の所見ないが 肉が飛び散る様な効果は何処迄有るのかだが
07-31 21:36

先端に波状の刃が無いと 掠っただけで肉が飛び散る等と言う事は起こらないと言う事なのかだが
07-31 22:46

https://t.co/tD5qnpmtIZ 左の様な物も含め 先端部迄波状の刃の有る例は今の所見ないし 切断力を考慮すると先端のみ波状の刃を付け 後は平坦にした方が良いと言う事は無いのかだが
07-31 22:48

切っ先が刃溢れした刀と言うのは割に見るし そうした物を使えば掠ったら肉が飛び散り 物打ち部分等での切断力は維持されると言う事は無いのかだが
07-31 22:50

ロングソードの様にギャンべゾンを貫く事を意図した様な剣では 先端を刃毀れさせると貫通力は低下するだろうし 完全板金鎧相手には無意味な事と言う事なのかだが
07-31 22:52

日本の刀や槍も先端を刃毀れさせると 革札や家地の貫通力が低下すると言う事だろうか
07-31 22:55

ツヴァイハンダーやカッツバルゲルは先端は尖っていないから 歩兵の非装甲部分への威嚇の為に切っ先を刃毀れさせた方が良いのかだが
07-31 23:12

ツヴァイハンダーでのハーフソード技は見ないが ハーフソードで押して パイク兵の喉を2名程度同時に斬ると言う様な 漫画に有ったかも知れぬ技は有るのかどうかだが
07-31 23:14

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10512-f2bdf74b