FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

 

boukenkyuu

https://t.co/J45XUX9lGo >鎌倉末期には既に伊賀衆として集団で戦闘に参加していることが窺える。  彼等は太平記の畑時能の様に 夜襲を多用していたのかだが 足利義尚がそうした夜襲でやられたと言うのは 事実なのかだが
07-05 09:07

https://t.co/w4jOmmG8Y3 >『三芳野の花』によると「この時の戦闘は、記録上に忍者部隊の活動が認められる最古のもの」と記載している。  太平記で夜間潜入攻撃をした畑時能とこの配下の者も事実上忍者部隊と言う事なのかだが 火を用いる記述は無かっただろうか
07-05 09:46

前立② 柘榴? 立物・兜装飾 https://t.co/BxB7ipVcSJ 此の前立は果たして柘榴が有るのかだが https://t.co/83TvhSFVFh 左の柘榴の家紋とは 似ていない部分が多いだろうか
07-05 10:49

日本代表もパスサッカー主体だが 運動量も一部の選手は重視し ショートカウンターも出来ると言う様な物を目指しているのかだが 運動量はW杯出場国では20番目程度と多くは無いだろうし 此れが更に重視される可能性は有るのかだが
07-05 11:04

クリンスマンやベンゲルがパスサッカー主体のそうした物を 構築出来るかは疑問と言う事なのかだが
07-05 11:07

https://t.co/V4gx2DGbSn ベルギーと日本の運動量は同程度だが ポーランドとは平均400m差が有ったと言う事なのかだが
07-05 11:21

パスサッカーに変化した筈のオーストラリアの運動量が日本より700mも長い等 イメージに合わない部分も有るだろうか
07-05 11:26

明にはジャベリン装備の兵が居ただろうが 盾を貫通する様な威力は有ったのかだが 日本でもこうした兵は居たのかどうかだが 手突矢では盾を貫くのは困難と言う事なのかだが 犬槍では貫通し得るのかどうかだが
07-05 11:39

最上腹巻 大名物 *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/NSgRg37jxu 草摺が大鎧的だが 果たして古い物なのかだが
07-05 11:54

日本代表次期監督「早い時期に決めたい」田嶋会長が言及  https://t.co/vEiw2dCtn8 日本には必須かも知れぬパスサッカーが出来る監督と言うのも 可成り限られるのでは無いのかだが スペインの監督には未だ居るのかだが シャビやイニエスタを監督にするのは困難なのかだが
07-05 13:00

https://t.co/ZVvoTWuxgD 元バルサのエンリケ・マルティーノ・ビラノバ・ライカールト辺りなら パスサッカーは出来るのかだが
07-05 13:11

▲▽大身槍 無銘 黒鞘 江戸時代 81×刀身29.3×幅3.3cm 刀剣▲▽ https://t.co/mzplhtA6Lt 刃長29cmで笹穂形では無いが幅は割に広いだろうか
07-05 14:33

鉄地塗 甲冑 鎧 兜 具足  https://t.co/2OsdhpCwDS 火炎の脇立は 金の上に赤漆或いは茶漆が有るのかどうかだが
07-05 14:43

https://t.co/BBNDuKai76 騎馬武者用の頭成兜の鉢の厚さが平均18ゲージ(1.2mm)と言う事も無いかも知れぬが 徒武者用の貸具足ではどうなのかだが 鋼では無く鉄の様だから 硬度は現物と大差無いのかだが
07-05 14:54

古い阿古陀鉢なら1ー1.5mmと言う事も有るのかも知れぬが 軽量性と言うメリットは得られると言う事なのかだが
07-05 14:57

https://t.co/CBYEHTrCYa 犬槍でのダメージはどうなのかだが 1.2mm厚では足軽胴程度だろうが 青銅製の刃と言う事は考慮する必要は有るのかだが
07-05 15:12

https://t.co/Oter5sr9rW 両手持ちの槍なら可成り貫通し得るのかだが 長柄槍はしなって板金を突くのは困難と言う事だっただろうか
07-05 15:14

半身に成っていれば胴側面の湾曲で滑って 貫通しない例も多いのかだが そうした事が起き難い草摺が狙われる例の方が多いのかだが
07-05 15:16

https://t.co/5EOybpov4T 蒙古襲来絵詞の投げられている槍は ジャベリンでは無く通常の歩兵用短槍が投擲されていると言う事なのかだが
07-05 15:29

二郎刀も宋時代に有るだろうが 日本に入った形跡は有るのかだが 此れが三叉槍に変化した訳では無い様だが
07-05 15:38

https://t.co/xVA8p3Puws >北の戦いで不要のは刀盾手の投げ槍だ、刀盾手自体は必要だ。南の徒歩戦で刀盾手は投げ槍使って敵の隙を作る。北の対騎兵戦なら馬の動くが早い、投げ槍は当たらないだから不要だ。  この籐牌兵が持つ投げ槍と言うのは 余り大きくは無いと言う事なのかだが
07-05 15:56

https://t.co/vrJtOe2893 左では投げ槍は書かれないが 倭寇がこうした陣形に勝利するには 前衛の盾で防護され枝の付いた狼筅を持つ兵を 近距離からでも良いから狙撃した後斬り込むと言う様な方向なのかだが 雑兵物語に有る様な至近距離の射撃は 中国人が多い倭寇はしていたのかだが
07-05 16:30

他の兵も至近距離から装甲の無い場所を狙撃すれば 弓でも可成り打撃を与えられる可能性は有るのかだが
07-05 16:31

長槍を持つ者以外を狙撃して 戦闘力を奪えば 後は大太刀兵の斬り込みで勝利出来ると言う事なのかだが
07-05 16:40

戚継光時代では火縄銃が出回っているだろうし 明製の手銃でも至近距離で撃たれれば 籐牌が貫かれた例は有るのかだが
07-05 17:32

https://t.co/NSbKk667Bp 示現流的斬撃には此れは何処迄有効なのかだが 戦場では横や後ろにかわすスペースが無い場合も多いだろうか
07-05 18:55

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10486-0003ba69