FC2ブログ

Category

2019.11

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

 

boukenkyuu

https://t.co/w2uGSHktF4 後三年合戦絵巻では 騎馬武者が何も履いていない例も有るが 下馬戦闘を考慮した或いは 熱が溜まるのを嫌った故と言う可能性も有るのかだが https://t.co/sVnPt7aYVM
07-02 08:32

後三年合戦絵巻等で 歩兵等が何も履いていない様に見える場合でも https://t.co/wVwV5PNRUO 実際は左の蒙古襲来絵詞の歩兵の様に 足半が有ると言う可能性も有るのかだが
07-02 08:38

https://t.co/lzxn2tHsWC 蒙古襲来絵詞の船上の騎馬武者は裸足の様に見えるが 足半は無い様に見えるが 船上で鵜飼や船頭は滑り止め用に足半を装備しているなら 実際は装備していた可能性も有るのかだが
07-02 08:57

胴鎧が無い故か白兵戦に強いスパルタ兵も 軽装歩兵のジャベリンでやられた事が確か有っただろうか
07-02 09:34

https://t.co/qJC6lUbKGa レカイオンの戦いでイフィクラテスのペルタスタイが ジャベリンでスパルタ兵を撃破していると言う事だっただろうか
07-02 09:43

https://t.co/D4tBiNvC9M >切疵、突疵を一ヶ所も被らず。矢疵を被る事六ヶ所の外、一度も敵の兵具に中(あた)ることなし。  塚原卜伝でさえ矢を可成り受けているが 死角からの射撃や近距離からの射撃を受けたと言う事なのかだが 甲冑で止まった物が大半なのかだが
07-02 10:33

見えない死角から射撃された或いは 雑兵物語に有る様な至近距離からの射撃に反応出来なかった 或いは中近距離から同時多数の矢を放たれ 此れを全て回避或いは撃ち落とせなかったと言う様な形でやられたのかだが 夜間の射撃と言うのも対応し難いと言う事なのかだが
07-02 10:45

https://t.co/TA4JTD3U0J 現代の和弓でも矢は秒速56mは有るのかだが 6m程度から撃たれれば 人間の反応速度は0.1秒程度が限界なら 塚原卜伝でも回避出来ない可能性も高いのかだが
07-02 10:52

至近距離でも撃たれる前に高速で不規則な動きをして狙いを外す方向も有るだろうが 戦場ではそうした動きをするスペースは何処迄有るのかだが
07-02 10:53

ヴィンランド・サガでは死角から撃たれた矢でも 此れは音速を超えていないから音を聞いて回避等と言う事をしていただろうが 音がしてから命中迄0.1秒は無いと回避は厳しいという事なら 近距離では回避は困難と言う事だろうか
07-02 10:59

割に高速で放てるクロスボウも出て来るが https://t.co/gW9wxVSbHD 左の様な低威力の物でも 1秒に1発程度放つのが限界なのかだが
07-02 11:10

https://t.co/7Hb4LpuVHI  張力160kgのレバー式クロスボウも 装填速度はそう遅くは無いだろうが ヴィンランド・サガのヒルドの物は90kgだから 更に高速に出来るのかだが 足を使う必要は有ると言う事なのかだが
07-02 11:20

https://t.co/rN48S2MbBP 左は足を使わずに装填しているが 張力はどの程度迄が限界なのかだが
07-02 11:33

動画に有る張力350ポンド(160kg)のクロスボウなら 足で引く必要は無いと言う事なのかだが 90kgなら可成り楽に引けるのかだが
07-02 11:38

https://t.co/nykKV1kJED 左は張力113kgだが 足を使わずに可成り高速に引けるが ヒルドの物とは構造はやや違うだろうか
07-02 11:48

ヒルドの物の場合はレバーは取り外し式では無く レバーは自動で弦に掛かる構造と言う事なのかだが https://t.co/wYWtYABl07
07-02 11:52

リピーティングクロスボウなら1秒に1発は撃てるが 弾倉が無く張力90kgなら5秒で1発程度が精々なのかだが
07-02 11:55

https://t.co/4ln5y55aWp 左もレバー固定後からならば 6秒程度で射撃している様に見えるが 此れが限界では無い様に見えるし 3秒程度では出来るのかだが
07-02 12:02

加賀 籠手 江戸時代 鉄 https://t.co/gbwejTKTeK 二本篠篭手の現物と言うのも 見ない訳だろうか
07-02 13:20

w402 十文字槍 錆身 最近登録!江戸時代 ●刀剣武具日本刀 古玩骨董 https://t.co/a4xsb8WEKl この長さの枝なら相手を掛けられるのかだが 刀身が15-20cmの物が多いなら 大概の枝は5-10cm程度なのかだが
07-02 13:27

https://t.co/C9MvIMatwf 通常のトルコ系弓でも1-2秒に1本は矢を達人なら放てるが 張力はどうなのかだが
07-02 13:49

https://t.co/pv9yXPZOqQ 馬上でもほぼ同じ様な速度で 射撃をしているが 弓を持つ手で矢も持つと言う技法は現実に使われたのかだが 細密画では今の所見ないが
07-02 14:01

https://t.co/PWxFFwRBLh 日本の場合は 大阪夏の陣図に 右手に矢を2本保持する例が有るが https://t.co/LFITOWaQug 此れは取り矢であり 打根での接近戦を想定しての物と言う事なのかだが 片方は果たして打根なのかだが
07-02 14:26

https://t.co/eWDpaeyPRl 左の様に2本取り矢をしている場合は 接近戦で打根を2本手で持つ為共思えぬし 少なく共1本は矢の速射を想定しての物の可能性は有るのかだが
07-02 14:29

或いは打根を2本持ち 片方は投擲をし 片方は持って白兵戦と言う事を想定している可能性も有るのかだが
07-02 14:31

或いは通常の矢を速射用に持っている例も有るかも知れぬし 余裕があれば3本右手には常に矢をリロードして持っておき 余裕が無い場合は3本連射後 袖で防御しつつ1-3本矢を持ってから反撃と言う事が行われた可能性は有るのかだが
07-02 14:38

https://t.co/UokOmYP8vi 左手に2本矢を持つ絵も有るが 此れは通常の矢であり連射用と言う可能性も有るのかだが
07-02 14:41

https://t.co/u0FQ1QhpMN >頬付の位置を鼻に近い所に改めたのは印西先生だったと言われています。日置弾正の右手の位置は乳の辺です。それは鉄砲の狙い方の影響を受け,矢線と目線を近くして誤差を少なくしたのだ、という研究報告があります。   精度の向上は果たして何処迄有るのかだが
07-02 14:54

太平記に指に鎖が有る籠手が有るなら 同時期に足先に迄鎖が有る脛当も有る可能性は無いのかだが
07-02 15:20

二人武者絵等の甲懸は 足先全体は覆わないが https://t.co/wbdmH66RGD 左の明の足装甲の影響の可能性は有るのかだが 足先全体を覆う物も指に鎖の有る籠手同様に 少数は有る可能性も有るのかだが
07-02 16:04

https://t.co/gkFq73P2NF >江戸初期の戦国合戦図では こうした大型の前立を装備して戦闘をしている場面も有るし 絵柄は津軽屏風に似ているから 大阪陣前成立の可能性も有るのかだが https://t.co/Xs4rQlQCuw
07-02 16:36

少なく共鎌倉期や南北朝期の鍬形と同程度のサイズの物が 戦闘時に外されていたのかどうかだが
07-02 16:39

https://t.co/TxmfX8j5gw 大阪夏の陣図の左の場面に有る前立は そうした余り大きくは無い物だろうか
07-02 16:49

下の大阪冬の陣図でもそうした前立を装備して戦闘しているが 足軽の陣笠も上に割に長い物が有るなら 同程度に上の長い変わり兜・烏帽子形兜等が実戦使用されていても 問題は無いと言う事なのかだが https://t.co/UDGRKHYRvd
07-02 16:57

大阪夏の陣図でも上に長い烏帽子兜を装備して戦闘しているらしき兵が書かれるし 上にかなり長い陣笠を装備する足軽も書かれるが https://t.co/1HDjDMyAkM
07-02 17:15

https://t.co/PWxFFwRBLh こう言う上に長い前立を装備して 射撃をしようとしている騎馬武者も大阪夏の陣図に書かれるし 白兵戦に成る前に此れは果たして外していたのかだが
07-02 17:19

津軽屏風でも直接戦闘はしていないが最前線に居る騎馬武者が 上に長い兜を被っているだろうか https://t.co/RWtILRJJfw
07-02 17:31

https://t.co/mVIJVnCIJz >「こういう大人数の戦では、敵味方がはっきりわからなくなり、紛れ込んだ敵の為大将が犬死にする事が間々あるものなのだ。そういう紛れ込んだ曲者に、大将が誰かわからぬようにするのも又大切な事なのだぞ?」
07-02 17:41

とは有るが 加藤嘉明の軍も味方を敵と識別し易くする工夫は最大限していたのかだが そうした物にも偽装して敵が紛れ込む危険を考慮し 自身は地味な鎧を着ていたと言う事なのかだが
07-02 17:43

一切の批判を許さない様な独裁者等では無く 臆病で無能な他者等が何を言おうと 自分は永遠に倒せないから良いとして 自由に物を言わせる様な支配者と言うのも漫画等には居たかも知れぬが 現実の宇宙には存在するのかだが
07-02 18:15

https://t.co/kndmfNigu3 こうした近くから 突然矢を放たれれば装甲が無い場合どうなのかだが 足軽も隊列の後ろからの射撃は無いが 横からは有ると言う事だろうか
07-02 19:32

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10483-9be1439e