FC2ブログ

Category

2019.12

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

 

boukenkyuu

https://t.co/SyeHqjkywl ツヴァイハンダーやハルバードも 単独では無くパイクに支援されて斬り込んでいる例が多いのかだが
06-30 09:31

https://t.co/5HhlblrbRg ドッペルゾルドナーなら単独で斬り込んでいる例も 書かれては居るだろうか
06-30 09:33

日本の場合は騎馬武者が前衛だが 騎馬武者が長柄槍に支援されて 突入と言うのは果たしてしているのかだが 騎馬武者もドッペルゾルドナーやハルバード兵より数が多いなら 此れに同時に踏み込まれればパイク兵は手を焼く可能性も有るのかだが
06-30 09:36

騎馬武者も2列目迄なら後列の槍の支援も 大阪夏の陣図を見る限り限定的ながら有り得るのかだが 後列の足軽の長柄槍迄前を支援する事は有り得るのかだが
06-30 09:38

持槍足軽の場合 十文字槍は高価なので装備は無いのかだが 鍵や木槌の装備なら有り得るのかどうかだが 複雑な石突や槍印等も無いのかだが 柄の装飾は螺鈿程度なら入る例は有るのかだが
06-30 10:50

https://t.co/DxD9iECsaY 2つに分かれた槍印も 可成り長い物が有るのかだが
06-30 11:21

https://t.co/aHoiCyLrOL 一番右の大きな房の有る物は 指物では無く槍の可能性は有るのかだが 槍印にしては巨大かも知れぬが
06-30 11:38

https://t.co/LnS9pKa8xe 左の虎の尾の付いた指物に見える物は 槍と言う事は無いのかだが
06-30 11:47

https://t.co/Hi7s2htyd7 右の房飾りは https://t.co/AyLGQajiIU 左の日本の文献の中国の槍の物に似ているが 同種の物が使われていたのかだが
06-30 14:55

https://t.co/wAb06mILVw 左の明の枝の一部付いた槍の房飾りとは 可成り違う様に見えるが
06-30 15:07

https://t.co/GDE78VK1rn 別の文献なら 朝鮮軍陣図屏風に有るのと類似の物も書かれるが
06-30 15:08

https://t.co/PAUiXjkhhe この三叉槍の場合も 房と言うより袋状の物が有るだろうか
06-30 15:14

https://t.co/rysXj93f7s 房飾りと槍印が同時に付いている様に見える槍も書かれるが 付く位置はどうなのかだが 槍印は胴金部分 房は口金下部に有るのかだが
06-30 18:30

房飾りは胴金上部から出ている様にも見えるが 果たしてどうなのかだが
06-30 19:02

房飾りでは無く鳥毛が出ている様にも見えるが 鷹の羽根や雉等の尾が付く例は有るのかだが
06-30 19:04

https://t.co/p4aTZjdC0X こうした金梨地の鞘が室町末期に有るなら 槍や薙刀の柄は刀の鞘に類似するなら 金梨地の物も戦国期に有ると言う事なのかだが
06-30 20:26

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10481-563d00f9