FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

 

boukenkyuu

https://t.co/eSYuOjEf8q 左は元和年間の洛中洛外図だが 虎皮の引敷等は戦場で使われたのかだが 色分けされた天風指物も戦国期に有るのかだが
06-29 09:49

https://t.co/SbcQQph6Tw 賤ヶ岳合戦図に 木菟形兜の様な物が有るが 果たしてどうなのかだが
06-29 11:15

https://t.co/CYTXhImGE8 祇園祭礼図屏風に有るこの巨大な弓には  弭槍的な刃が有るのかだが
06-29 11:23

https://t.co/4yJwh9odd6 左も祇園祭礼図屏風だが 鹿の頭らしき前立が有るのかだが 角は本物利用の可能性は有るのかだが 戦国期にこうした物は有るのかだが
06-29 11:34

https://t.co/hLUbnMtYlG 寛永期の祇園祭礼図屏風には https://t.co/1n39agfSSt 17世紀には無いと言う四幅袴らしき物が書かれる様にも見えるが 通常の袴を上に上げていると言う事かも知れぬが
06-29 11:43

ヴィンランド・サガでは重装備の兵は 動きが鈍ってやられるとして叩かれていただろうが 装甲が無ければ特に近距離からの飛び道具でやられる危険は有るだろうが 西欧では近距離の射撃は余り無いのかだが ニードルボドキンは近距離で放たれていたのでは無いのかだが
06-29 15:14

ヴィンランド・サガでもアシェラッドが割に近距離からの飛び道具でやられているだろうが ギャンべゾンを着ていればニードルボドキン的な矢で無ければ耐えただろうし 動きもそう鈍るのかだが ニードルボドキンでもギャンべゾンを2重とすれば 鉄製クロスボウで無い限り可成り耐えるのかだが
06-29 15:18

14世紀後期以降の板金鎧なら 鉄製クロスボウに対しても強いだろうが 脚部はギャンベゾンは無い様にも見えるが 板金で滑ってダメージが軽減される例も多いのかだが 14世紀後期では腿部がギャンベゾン+皮の例も有るだろうが 耐久性はどうなのかだが
06-29 15:24

17世紀前期の川中島合戦図に 陣羽織と指物を恐らく同時に装備している兵が書かれるし 大阪冬の陣図にも母衣と陣羽織を同時装備する騎馬武者が書かれているから 大阪陣或いは其れ以前でも 指物が陣羽織と同時装備されていた可能性は有るのかだが https://t.co/UC2S2ExNFl
06-29 17:14

上の場面では陣羽織と大袖が同時装備されている様にも見えるが 1580年以降では現実に有るのかどうかだが
06-29 17:18

下の場面では謙信・信玄共に陣羽織と大袖は同時装備と言う事なのかだが 長篠合戦で使用の陣羽織が出ているから 1570年台にこうした格好は有り得るのかも知れぬが 60年台に陣羽織や鎧の上の胴服は有るのかどうかだが https://t.co/XM7Xeny4JX
06-29 17:24

1550年台には西欧の海戦用甲冑と共に 恐らく陣羽織の原型の南蛮服が入っていたなら 川中島合戦時の60年台にも陣羽織は有るかも知れぬし 大袖と陣羽織の同時装備も有り得たのかどうかだが
06-29 17:26

https://t.co/c7hHQjeVBH 朝鮮軍陣図屏風にこうした横長の槍印も有るが 何処迄使われたのかだが
06-29 17:32

https://t.co/Hi7s2htyd7 槍か指物か解り難い物も有るが 果たしてどうなのかだが
06-29 17:34

https://t.co/z2m4gAWCzH 両鍵槍の鍵中央部に 槍印が有るのかだが
06-29 17:36

https://t.co/rfptDPpD28 こう言う房は槍印なのか 或いは鞘に付随する物の可能性も有るのかだが
06-29 17:40

https://t.co/1TAMn5m2by 左には大型の槍印が有ると言う事なのかだが 指物では無いと言う事なのかだが
06-29 17:51

賛否集まるポーランド戦西野采配の真相に迫る https://t.co/cXk1MaRwz9 >コロンビアだってセネガルに追いつかれ、日本がポーランドに追いつきでもしたら、グループステージ敗退が決まるのだ。コロンビアも意地でも1-0の逃げ切りを図るだろう。 こうした事を考えて 他力に頼ったと言う事なのかだが
06-29 18:16

https://t.co/OMjt6HoV0G 岡崎は軽症との事だが 万一重症であれば終盤の前線からのディフェンス力が低下する危険は有った訳だろうか
06-29 18:33

https://t.co/UbpKaYMHbe 左は旗的な物が付いた 槍印が有るのかだが
06-29 18:41

https://t.co/qasmp5XLGu 2本共此れは 槍なのかどうかだが
06-29 18:55

https://t.co/Bnzq59LIIu こう言う槍印の構造が良く分からないが 3本の短冊状の物が 槍印を付ける輪に付いているのかだが
06-29 19:02

https://t.co/qo5QVOyX1d 大型の槍印的な物は 鞘的な物に付随する物では無いだろうが 2本共槍なのかどうかだが
06-29 19:08

https://t.co/I5MPzIxrZS 絵に有る3つに別れた槍印は 中央の物に似た構造なのかだが 右の2枚重なった物と似た構造で 3つ重なっていると言う可能性も有るのかだが
06-29 19:37

下位の騎馬武者がヤクの毛の有る槍印等は使用していたのかだが 短冊状の単純な物は 持槍足軽の槍にも有った可能性は有るのかだが
06-29 19:39

https://t.co/cWuaUCWWOe 左には両鍵槍が有るが 朝鮮軍陣図屏風は従軍絵師が書いた物なら 1597年時点で既に有ったのかだが
06-29 20:34

鞘等が同一規格に見える両鍵槍は騎馬武者用では無く 持槍足軽の物と言う事なのかだが この時点でも関ヶ原の様に持槍の8-9割が鍵槍なのかだが
06-29 21:46

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10480-9fb815e2