FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

 

boukenkyuu

https://t.co/f60rpbhsQ8 >太刀対薙刀を使いながら小太刀を使う術  天道流にこうした物が有るが 備の列の隣の者がやられて 此れを倒した敵が自分を攻撃した場合の型の可能性も有るのかだが
06-24 08:23

パワードスーツでも 衛星等からの電源供給が成されれば 戦車を正面から撃破出来るだけの威力のレールガンは放てるのかだが 無いとしても1発程度なら 本体の電力を回せばどうなのかだが
06-24 09:02

銃夢のサイボーグが小口径だが高威力のレールガンを連発しているが 無人機からの電源供給が成されていただろうが 無人機を利用していない例も有っただろうが この際は連発はしていなかっただろうか
06-24 09:15

ザレム外の木星にはワームホールから大型動力炉の電源をサイボーグに供給する技術迄有るが そうした物は2200年でも出来るのかだが
06-24 09:19

https://t.co/ZnJ1X7JHKR MCS等を見る限り戦車の装甲防御力は無くなる可能性も有るだろうから 大した威力の無いレールガンや火砲でも 遠距離で無ければ撃破出来ると言う事なのかだが
06-24 09:23

甲冑の構造が全て機能で決まっているのかだろうし 西欧甲冑の胴や足先の構造も 服や靴のデザインの影響が有ると言う事だっただろうか 16世紀初期の開いた足先は靴のデザインの影響 16世紀後期の尖った腹部は服の影響と言う事だっただろうか
06-24 09:30

互いに相手が知らない技を持っており これを先に出した方が勝つというパターンも有るだろうが 雑魚と見る者にそうした物は 他者が見ているかも知れぬ状況で使うのかだが 雑魚と思っていたら雑魚では無く そうした者に逆に自分の知らぬ技を使われてやられるパターンも有るのかだが
06-24 12:27

戦闘開始直後にいきなりそうした相手の知らない技を出して勝利すると言うパターンは何処迄有るのかだが そうした技が偶然防がれた直後に 逆に自分の知らない技を出されてやられると言うパターンも有るのかだが
06-24 12:34

そうした状況と成っても 自分が先に出した技を敵が完全に防げていなければ 其のダメージの影響で攻撃力は低下し 戦闘不能と成る事迄は防げると言うパターンも有るのかだが
06-24 12:36

弱い者を狙い辻斬りをしていたかぶき者等の大太刀を 主人公が素手で奪い 此れでそのかぶき者の胴等を 市民の目の前で一撃で両断すると言う様な物も有ったかも知れぬが 一体何だっただろうか
06-24 14:20

一撃では倒さず 奪った大太刀の品質を確かめる為 様々な斬り方をして倒すと言う様な物も有ったかも知れぬが
06-24 14:29

命を助けられた者も武芸には興味が有り 自分を斬ろうとした刀を主人公が渡して 此れを使いこなさせると言う様な物も有ったかも知れぬが
06-24 14:36

https://t.co/iGx0I3s4HU >幕末には薩摩藩士の間で、江戸辻斬が流行したが、歩行しながら居合斬りをするため、相手は対応できず、警護を2人つけた幕臣ですら殺害された上に、全く表情に動揺がないので気づかれなかったことが『西郷隆盛一代記』に記されており、
06-24 14:44

かぶき者が持つ大太刀ではこうした居合斬りと言うのは 何処迄出来るのかだが
06-24 14:48

https://t.co/3tPFQRZYHi こう言う攻撃を試合では 今の所見ないが
06-24 15:46

16世紀の欧州軍船の大砲の射程は50m程度だろうが 75mで大型マスケット銃が飛んで来るだろうし 此れは安宅船でさえ止まらぬ可能性も有るだろうし 100m程度から火矢を放って炎上させると言うのが良いのかだが
06-24 17:54

棒火矢は75mでは恐らく直撃出来ないだろうし 火矢で銃砲撃を止めた後 接近して此れや焙烙玉を放ち止めを刺すと言う方向も有るだろうが 棒火矢は慶長期の登場と言う事なのかだが
06-24 18:03

銃では火矢を棒等で落とそうと言う者を 狙撃すると言う方向も有るだろうが 100mで揺れる船の上からでは 中々難しいのかだが
06-24 18:12

複数の関船等を用いて 同時多数の火矢を1隻の船に放てば 消火は困難と成ると言う事なのかだが
06-24 18:17

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10474-f7b1d67b