FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

 

boukenkyuu

ステンレス小札自動製造装置と言うのも 平面の鉄板の切断と穴あけだけ行うなら そう高価で無く共作成出来る可能性は有るのかだが 室町期の小札の湾曲迄を自動作成出来るのかどうかだが
06-23 09:42

ナバスも最後は正面からやられているから 余裕が有れば正面からシュートを撃たれるコースも 消す必要は有ると言う事だろうか
06-23 10:09

“完璧な人間の体”はどんなもの? 英解剖学者が考えた姿はカンガルーのよう  https://t.co/Tig7RDjUhk 部分的にもこうした体をした宇宙人が 現実に存在する可能性も有るのかだが
06-23 10:31

https://t.co/dnor5B542d 左の様なロングソード等の左右の付け替えに フェイントが入る場合も有るのかだが 此れは付け替えると見せ掛けて付け替えない 或いは付け替えないと見せ掛けて付け替えると言う様な物と言う事なのかだが
06-23 10:51

フェイントを多数出して敵の意図を掴むと言う様な技も有るだろうが 此れに対し フェイントに対して偽の反応を出して 偽の意図を掴ませると言う様な物も有るだろうが 実戦では何処迄使われるのかだが
06-23 10:52

【魁】収集家厳選品 圧巻名作兜 江戸期保証品 変わり兜「八幡大菩薩」寿山作花押 前立木製 鉄黒漆塗転剣形変り兜 初お披露目品!!! https://t.co/TLEhwHfzAs 眉庇は何か江戸期の陣笠的だが 戦国期には無い形状なのかだが
06-23 11:57

□座間□鍬形前立 羽根前立 鎧兜部品  (検)武具・甲冑・鎧兜 https://t.co/qGHHI1nzGK この恐らく鷹類の羽は 鍬形中央部に装備されるのかだが
06-23 12:04

慶應◆武家伝来品 時代武具 鉄地漆塗頭成兜 三日月前立 日根野頭形兜 https://t.co/iNEnAGO9DV 兜鉢の後ろの方に穴が有るのは 前方向からの攻撃を考慮した故なのかだが 鎌倉期の騎射戦では後方からの攻撃も考慮しているから こうした物は無いと言う事なのかだが
06-23 12:10

イスラム系兵が戦場で二刀流をしている絵と言うのは 今の所見ないが 日本では大阪夏の陣図等に有るが 中国の場合は倭寇図巻だけなのかだが
06-23 15:28

1対1の戦いで二刀流を使う技法は日本には基本的に無いと言う事なのかだが 居合で途中から一時的にも2刀にして奇襲する形なら割に有るのかだが 奇襲後は1刀に戻る例も有るのかだが
06-23 15:33

イスラム兵も基本的にシミター・短剣・盾の装備だろうから 複数の敵に対処する場合は剣と盾を利用するのが基本なのかだが 槍が有る場合は槍+剣或いは盾と言う組み合わせも有るのかだが 中国兵の場合は腰刀+刀子の様な短刀なのかだが 槍が有る場合は槍+腰刀なのかだが
06-23 15:56

日本の場合でも大阪夏の陣図に槍或いは薙刀+刀を構えている描写が有るから 長物が有る場合に 多数の敵に対処する場合はそうした組み合わせの方が多いのかだが
06-23 15:59

長物+刀の場合は https://t.co/O8kzLjYFu9 大阪夏の陣図に有る様に 左で槍・薙刀 右で刀を持つのが基本なのかどうかだが
06-23 16:07

https://t.co/CYCe5HQU6b イスラム兵も槍2本を使用する例も有るが 長物の有る状況で多数の敵に対処する場合は 基本的に槍+盾或いはシミターが基本と言う事なのかだが こうした形は書かれているのかだが 槍+盾なら戦場を書いたミニアチュールにも有るだろうか
06-23 16:33

https://t.co/RgFlVvNT4I 日本の場合古くは太平記の平教経の様に 大薙刀と大太刀の二刀流が有るだろうが 鎌倉期では通常の騎馬武者は薙刀等は無いから 多人数に対する場合は刀+短刀の二刀流が主体だったのかだが
06-23 17:03

真柄直隆等の様に主武器が大太刀の場合 多数の敵に対する場合は大太刀+刀の二刀流が基本だったと言う事なのかだが
06-23 17:04

南北朝期の場合多数の敵に対する場合は 薙刀+刀が基本だったと言う事なのかだが
06-23 17:06

長物+刀の場合は 長物を前にして構えるのか 或いはその逆なのかだが
06-23 17:11

https://t.co/G3VLBA8ICI https://t.co/w4QPsaKOiT 歩者ならこうした手盾+長物等で 多数の敵に対処する場合も有るのかだが
06-23 17:12

長物と刀の同時利用は 多数の敵に対処する為の物なら 多数の敵に対している場合はどちらが前と言う事は無いと言う事だろうが 多数の敵が掛かって来るかも知れぬ状況で 短時間1名のみに対する場合は 片方が前に成る可能性は有るのかだが
06-23 17:23

備の列の隣の者がいきなりやられて これを倒した敵が前に出て自分を襲撃した場合は 脇差や短刀を居合抜きして対処したのかどうかだが その後後列の者が前に出られれば その者に対処させると言う事なのかだが
06-23 17:48

その後前の者と戦闘中に 短刀を鞘に戻す余裕等は有るのかだろうし 短刀と長物の二刀流で直前の敵に対処しつつ 後列の者と入れ替わり 短刀を鞘に戻した後 再度前の者と入れ替わると言う様な方向なのかだが
06-23 17:50

そうした状況でごぼう抜きで 長刀が片手抜刀されると言う様な事は 腕力の有る者等では有るのかだが 反応が遅れるリスクを考えて 脇差や短刀が抜かれるのが基本なのかだが
06-23 18:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10473-b26a9217