FC2ブログ

Category

2018.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

06/12のツイートまとめ 

boukenkyuu

テニス等同様に体の一番大きい者が 最後勝ち上がっている訳では無いし キャスカ的な体格の者でも こうした大会で勝てる可能性と言うのは有ると言う事なのかだが
06-12 08:39

https://t.co/keDkRphaeh こう言う突進しながらの大男の撃ち込みには 密集陣形でスペースの無い戦場では 槍を利用しても何処迄対応出来るのかだが
06-12 08:41

体重と同じ重さの弓迄なら引けると言う意見も有るが 足軽が張力40-50kg程度の弓を引いていたと言う訳でも無いのかだが 体重200kgの者なら張力200kgの鉄弓を 果たして引けるのかだが
06-12 09:02

張力70kg台のモンゴル弓やロングボウなら 体重70kgの者なら引けるのかだが モンゴルの馬に乗る人間は 体重は平均70kg有るのかだが 鎧が重く無い者が多いから 機動性は阻害しないのかだが 鎧が重い者の馬の質は高く 部隊の機動性は維持されるのかだが
06-12 09:08

モンゴルの重騎兵には馬鎧が有る様な意見も有るが 古い絵では無いが ティムールの重騎兵には有る様だが 部隊の移動速度はモンゴル程では無いと言う事なのかだが
06-12 09:09

https://t.co/jwVcPQNkE0 leather aventail等と有るが 鎖の上に布や革が有る可能性も有るのかだが
06-12 10:08

https://t.co/F6O3Uoyj6z 革製の手足装甲は筋の有る只の革であり 篠は入らないのかだが 立涌紋のジュポン等も有るのかだが
06-12 10:17

筋が入る革は只の革では無く 革の外装の有るギャンベゾンと言う可能性も有るのかだが
06-12 10:19

https://t.co/li4uU6x0BR 左の様な筋の間が狭い物は ギャンベゾン的な物では無い可能性も有るのかだが
06-12 10:25

https://t.co/V0z3NdEY2t https://t.co/yasjijmoMr こう言う板札的な佩楯は 革と言う事なのかだが
06-12 11:41

https://t.co/V0z3NdEY2t オレンジ色的な毛が有る草摺も有るが こうした物は面頬の髭にも有っただろうか
06-12 11:44

古鉄矢尻 2個 https://t.co/gpy4seOERA 大型の物は打根用の鏃や 近接戦用の矢の鏃の可能性も有るのかだが
06-12 11:58

「非常識にもチャレンジ」が生んだ松坂の投球術  https://t.co/rggmC0E7AW >「打者の強いコースから少し動く球を投げる。  此れはカッター辺りを 放っているのかどうかだが スプリットやスライダー等の湾曲を 変化させている例等は有るのかだが
06-12 12:43

https://t.co/qHIha3FBCM ボタン付きのジュポンも 1334年に有るのかだが 紐で前が留められるジュポンも有るのかだが
06-12 13:00

https://t.co/X7fVCqoY9j 14世紀前期から有るかも知れぬ closed cuissesと言うのは後部にも板金が有る腿装甲なのかだが 下にはギャンベゾンや鎖は 関節部以外には軽量化の為無い可能性も有るのかだが
06-12 13:17

https://t.co/AosOAHWsIp スウェーデンのウェズビでコートオブプレートと共に出て来たこうしたラメラー鎧は 上にジュポンを装備する事無く着られた例は有るのかだが
06-12 13:39

騎士のクレストに有る花輪は https://t.co/f4Qh1GuMI1 左の様な騎士に渡される物と言う事なのかだが
06-12 13:48

https://t.co/SvTvCXLCqP 1270年頃に 肩や肘の板金は既に有るのかだが
06-12 13:53

https://t.co/4ymKSyQilt クレストが付いたバシネットの鎖部分には布が有るが グレートヘルムのクレストに付く日除けに似せた物なのかだが 現実にこうした物は戦場で多用されたのかだが
06-12 13:57

https://t.co/BRP1g3XIjq 中央の横線が入るバシネットは 兜鉢部分には布が被されているのかだが
06-12 13:58

https://t.co/vfDMumYkgj バシネットにグレートヘルム的な日除けが付く例も有るが 15世紀時点ではこうした物の実戦使用は無いと言う事なのかだが
06-12 14:09

佩添の太刀は 実戦用の物は小太刀かも知れぬし 長い物は威儀用かも知れぬが 緊急時には新田義貞が矢を防いだ時の様に抜刀され得るのかだが
06-12 15:07

一方で太平記の長山遠江守の様に 刃長150cmの大太刀が2本携行される事も有るが 此れは両方共実戦用かも知れぬし 南北朝期なら実戦用の通常の太刀が2本携行される例も有るのかだが
06-12 15:09

大太刀と佩添の通常の実戦用太刀が 装備されると言う例も有るのかだが https://t.co/NH0PGjH5tZ 太平記で悪源太が 大太刀と足利尊氏の佩添の太刀(此れは威儀用だろうが)を装備した例は有るだろうか
06-12 15:25

https://t.co/QokyhgBjTq こう言うスパイクが多数付いた甲冑は 現存するのかどうかだが
06-12 17:08

https://t.co/F8BRu2uhJZ 1254年にファルシオンの護拳が有るのかだが 護拳では無い可能性も有るのかだが
06-12 17:28

https://t.co/pnlYRpvUbv こう言う球状メイスも 古い絵には割に書かれないだろうか
06-12 17:34

武装した村の略奪には 騎馬武者は何処迄関わるのかだが 足軽や奉公人の数が少なく それなりの損害が出ると見た場合は 支援をする可能性も有るのかだが
06-12 17:45

https://t.co/8oEEe3OOAT こうした旗は 14世紀に迄有るのかだが
06-12 18:20

全身に南蛮鎖を装備すれば 日本の通常の鏃なら貫通しないだろうが 南蛮鎖の入る籠手・脛当・佩楯・具足下・下シコロを装備し 上に防弾性の高い胴や兜を装備した様な例は有るのかだが
06-12 18:38

https://t.co/PG866L297S グレートヘルムの内部の兜に こうした穴の空いた兜鉢が使われる例も有るのかだが
06-12 19:13

https://t.co/CF92P653vX この種のゴーデンダックを 騎士が使う例は果たして有るのかだが
06-12 19:31

https://t.co/81nz8S4BJl 鎧の熱対策が重要な状況で この種のhavelock(日除け布)が多用されていないのは どう言う事なのかだが
06-12 21:09

https://t.co/bmLHMqBojx 似た様な色の兜の髪を模した毛も 有ると言う事だろうか
06-12 21:19

清の綿襖甲には模様が入る物が多いが 明の綿襖甲では騎兵の物では見ないが https://t.co/RcL1WpNSwC 左は綿襖甲では無いと言う事だろうが 綿襖甲は明では高級品では無いから模様は基本的に入らず 清ではそうでは無いから模様が入る例も有るのかだが
06-12 21:37

https://t.co/ZAHrsPKCIq 左の歩兵の綿襖甲には模様が有るし https://t.co/xVFhicvzNC  左の模様の有る現物は騎兵の物の可能性も有るのかだが
06-12 21:40

https://t.co/UKuQFPm4nm 籠手の家地も模様が入る例も有るが 可成り高位の者で無いと金色以外の模様は無いのかだが
06-12 21:50

https://t.co/PAUiXj2GpG 高級品では無い筈の綿襖甲を装備する騎兵も 兜には飾りが有り 籠手の家地に模様も入るが
06-12 22:03

日本最強の斬撃武器は https://t.co/Lzjq4BVdwM 左の安積彦五郎の刃長242cmの大薙刀なのかだが 大長巻も有ると言うが どの程度のサイズなのかだが
06-12 22:22

打撃武器なら武田信玄の木槌の付いた持槍(此れは3m程度か)或いは 3.6mの金砕棒が有ると言う意見も有るが 内部は木製としても こちらの方が威力は上の可能性も有るのかだが
06-12 22:28

全金属製の金砕棒と言うのは 2m程度の物が最大なのかだが 太平記の240cmの金砕棒は 全金属製では無いと言う事なのかだが
06-12 22:54

武田信玄の木槌の付いた槍の木槌の位置は 鍵槍の鍵の有る位置と同様なのかだが 枝付きの穂先が付いた物も有るのかだが
06-12 23:04

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10462-893d82e4