FC2ブログ

Category

2020.02

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  

06/04のツイートまとめ 

boukenkyuu

バナジウムを含む完全南蛮鉄(ダマスカス鋼)製の古刀が 最強の刀なのかだが 最高級品の刀がそう言う素材のみで作られず 日本の鉄のみで作られた物さえ恐らく有るなら 単純にダマスカス鋼が一番良いと言う訳では無いのかだが
06-04 10:23

中世欧だとインスブルックの鉄の評価が高いが ダマスカス鋼や中国の鉄には及ばないと言う事なのかだが
06-04 10:26

バナジウムを含むダマスカス鋼と 酸化チタンを含む赤目鉄を利用した古刀辺りが 一番良い物なのかどうかだが
06-04 10:27

複雑な立物は戦国期には無いと言う意見も有るが https://t.co/qH4kctmX4v 左の益田元祥の龍の前立は江戸期の物の様に複雑だが 左の肖像画は https://t.co/QTGpa3dXm5 1572-83年には書かれている様だから この時期にこうした物が既に有ったと言う事なのかだが
06-04 10:41

https://t.co/zrrQw1fDRt 後三年合戦絵巻の源義家の 大型の龍の立物と似た物は戦国期には有ったのかだが https://t.co/0xiG0i5LvO 左の上杉謙信の飯綱権現の前立も相当に複雑な物だが 遅く共1580年台には有ったと言う事なのかだが
06-04 10:50

https://t.co/sIBdYCLRIQ 戚継光の部隊も モンゴル系騎兵相手には日本刀が使われているが そうした物に対する為の大刀は何故か利用されていないが 倭寇図巻に有る様な恐らく対騎兵用の長柄フックも無いが
06-04 11:01

そうしたモンゴル系騎兵相手に 銃は余り役に立たぬと見て数は余り置いていないのかだが 日本の足軽の様に白兵戦突入後も至近距離で射撃をするなら そうした騎兵相手でも或いは使えると言う可能性も有るのかだが 槍と弓で装填迄の時間を稼ぎつつ 至近距離で銃を放ち続けると言う方向も有るのかだが
06-04 11:09

同じ事ばかり真実等と称して 延々と言う者に それは真実等では無く進化の袋小路だと言って 嘲笑する者も居ただろうが そうした物全てが進化の袋小路なのかどうかだが
06-04 11:18

川中島合戦図では 鉄砲・弓足軽の付近に騎馬武者が少数配置されるが 白兵戦中に彼等が下馬戦闘して 備の左右に移動した足軽を守りつつ 弓足軽が銃の装填中に射撃し 銃も至近距離で放っていたと言う事なのかだが 必要なら弓足軽の弭槍も防護に使われると言う事なのかだが https://t.co/3bTPXnWbj4
06-04 11:27

そう言う状況では弓・鉄砲足軽を防護している騎馬武者が優先的に狙撃される危険も有るだろうし そう言う素振りを見せている者が 優先的に狙撃されていた可能性も有るのかだが
06-04 11:29

賤ヶ岳合戦図の下の場面では 弓・鉄砲足軽の前に 彼等を防護する為に少数の騎馬武者が配置されていると言う事なのかだが https://t.co/2qNsG7qprm
06-04 11:36

必要なら恐らく白兵戦能力もそれなりに有る 士鉄砲組や士弓組が 直接槍や刀を振るう可能性も有ると言う事なのかだが
06-04 11:39

赤い線で囲った者は士鉄砲組 緑の線で囲った者は士弓組の可能性は 兜や具足からして 有ると言う事なのかだが そう言う物を意識して書かれた訳では無い可能性も有るのかだが https://t.co/bVXVxPJ7Uk
06-04 11:46

長篠合戦図でも 柵の外に居る銃兵には袖が有り 内側の銃兵には無いから 外に居るのは士鉄砲組の可能性も有るのかだが 彼等なら外に居ても柵に頼らず白兵戦に対応出来ると言う事だろうが 絵を派手に見せる為に中央の銃兵だけ袖が付けられたと言う可能性も有るのかだが https://t.co/NfV6ULonJ1
06-04 12:14

小牧・長久手合戦図だと 士鉄砲的に袖の有る者はそうで無い者の後方に居るが 袖の無い弓兵は何故かこの中には居ないが https://t.co/2Y9rZjIDm4
06-04 12:30

蒙古馬なら衝撃力は大した事も無いだろうし 乗馬突撃でも士鉄砲・士弓組と弭槍で 可成り対応出来る可能性は有るだろうが 400kg程度のペルシャ馬ならどうなのかだが
06-04 12:35

銃や弓も二列で放つと指物が有る場合邪魔に成ると言う意見も有るが 小牧・長久手合戦図ではそうした事をしているだろうが 座った鉄砲足軽の後方に士鉄砲組が立って射撃をしていたのかどうかだが
06-04 12:40

ティムールの騎兵はペルシャ馬主体なのかだが スタミナは蒙古馬程には無いなら モンゴル軍程の長距離の行軍速度は得られない可能性も有るのかだが 明騎兵も精鋭部隊はペルシャ馬が居るかも知れぬが 同様に長距離の行軍速度は低下しているのかだが
06-04 12:50

何かが悪とされ消し去られなければ救われない・進化しない様な世界を作った者こそが 永遠に消し去られるべきだと言う様な者も漫画等には居るだろうが そうで無い世界が作れる目処と言うのは 最高レベルの宇宙人でさえ何処迄有るのかだが
06-04 13:09

とても古い兜の前立「鯉」! https://t.co/3nVT8jLViz 戦国期にこうした物は 果たして有るのかだが
06-04 13:31

加州清信朱銘 変り兜鉢 *兜鎧甲冑武士戦陣弓刀鞍鐙鍔目貫縁頭大名侍 https://t.co/NhF8h8znCZ 此れは何処迄 古い物なのかだが
06-04 13:33

植物が小型化し恐竜が絶滅した後も 巨大な体重20トン等のマンモスは存在していたから 恐竜絶滅の必然は有るのかだが 巨大肉食恐竜も海になら肉食性の体重5トンのシャチや 50トンのマッコウクジラが居るから ティラノサウルス程度の物が存在し得た可能性は有るのかだが
06-04 14:24

ティラノサウルスは体重20-30トンのアパトサウルスは確か攻撃していないし 象程度以下の物を攻撃していたなら アパトサウルス的な物が体重20トン程度に小型化しても 小型化する必然は無いのかだが
06-04 14:31

村から粗暴性等を理由に追い出されて 戦場で働き出世した者が 後で自分を疎んじた村の人間を親も含め倒しに行くと言う様な物も有っただろうが 現実にそうした事は起きたのかだが 自分に似た粗暴な者だけは助命されて味方に成ると言うパターンも有っただろうか
06-04 14:55

日本では大型の板金は作られないと言う意見も有るが https://t.co/dLCUzUpPx3 大阪陣で使われた車輪付き鉄盾の鉄板の厚さは 10cmも有るが 桶側胴の板札の様な小さい鉄板を組み合わせたのかどうかだが
06-04 15:15

https://t.co/IZ7uI2TIn7 >横11.5㎝、縦91㎝の細長い鉄板五枚を鋲で留めたものである。  小型の鉄盾に使われるこの種の細長い鉄板が 積層されていたと言う事なのかだが
06-04 15:18

西欧の場合水力ハンマーで大型の板金は15世紀後期には作成されていただろうが 日本には無かったと言う事なのかだが
06-04 15:20

https://t.co/KeRyeSiJTv 欧の鎧も1枚板とは限らぬだろうし 腹には動作性が有る物も有る訳だろうか 防弾を重視した17世紀にもこうした鎧は利用されている訳だろうか
06-04 15:25

腹の出た16世紀のアニマ鎧や3/4鎧の胴の分割されるタイプなら ランスは防げるのかも知れぬが 腹の出ていないフサリアの鎧はどうなのかだが
06-04 15:28

フサリアの場合はランスと対していないし パイクやトルコ的な槍は長いコピアでアウトレンジしていた故に 腹はコンパクト化して防弾に特化したのかだが
06-04 15:32

https://t.co/mXGqGjVrW4 フサリアの甲冑も鎬構造だろうし それなりに腹は出ている訳だろうが https://t.co/MoZ7HWuqRv 左を見る限り耐衝撃性はどうなのかだが
06-04 15:39

1備単位等の少数の兵力では高度に武装した村の攻略は容易では無いかも知れぬし 補給・休養の為と称して村に侵入した後 夜間等に襲撃を開始すると言う可能性も有るのかだが
06-04 16:34

https://t.co/oKgcrws1Qp 海洋でも顎の力が最強と言うプレデターXは45トン https://t.co/aEHrYGCbLH リオプレウロドンは50トン有ると言うが 20m等のイクチオサウルス類が居ると有るが 体長25mのシロナガスクジラの140トンよりは体重は無いのかだが 100トンは行くのかだが
06-04 17:30

そのイクチオサウルス類と言うのは https://t.co/mTxqVw73FB 左のシャスタサウルスだろうし 21m・75トンと言う所なのかだが
06-04 17:33

https://t.co/M1RCzgVOwf 左の近縁種のショニサウルス同様に 成体だと歯は無く シロナガスクジラ的にプランクトンを食すると言う事なのかだが 余り平たい口はしていないが
06-04 17:36

https://t.co/2A8RkGJc09 更に巨大な体長26mのイクチオサウルス類も2016年に発見された様だが 体重100トンは行くのかだが
06-04 17:40

https://t.co/Jm2ixb4AyI ティラノサウルスも死んだ肉を食べるだけなら 顎のパワー等は何処迄必要なのかだが 骨迄栄養とする為の物と言う事なのかだが
06-04 17:57

アロサウルスは軽量で機動性も高いから ステゴサウルスを攻撃したと言う事なのかだが ティラノサウルスもトリケラトプスの小さい個体は 攻撃した跡が有る様だが 果たして小さい物だけなのかどうかだが
06-04 18:00

https://t.co/DHJaDo8Aor >トルコ兵に対しては、フサリアは常に突撃を行った。イェニチェリの銃といえども、フサリアの突撃の前には全く意味を持たなかった。  イェニチェリ兵がニコポリスの様に馬防用の杭を打てば フサリアと言え共突撃は困難だろうが 砲撃戦に切り替えるのかだが
06-04 18:43

方円陣を組んだ日本軍がフサリアを下の様に 槍衾で幾らか衝撃力を止めつつ この後ろから乗馬した士鉄砲組や士弓組の銃や弓を連発して撃退と言う事は出来るのかだが 銃は徒の奉公人が足軽等の余った銃も受け渡して 短時間に連発すると言う方向も有るのかだが https://t.co/8OlDEU2EGT
06-04 19:09

フサリアの長いコピアを受ければ足軽の長柄槍でもアウトレンジされるだろうし 現実に有ると言う10m等の長柄槍を用意しつつ フサリアのピストルの射程に入る前に馬を狙撃すると言う方向が基本なのかだが
06-04 19:16

https://t.co/ZV6fVqcJe3 >戦国時代後期には10mにも及ぶ長槍を足軽部隊に配備していた戦国大名もあり、  此れは果たして何処の者なのかだが https://t.co/Otp8cr2s5e パイクでも8mの物なら フサリアを阻止出来ないのかだが
06-04 19:20

歩兵の背後から騎馬武者が弓を撃つ場面と言うのは 春日権現験記絵の下の様な場面なのかだが 射撃はしていないが射撃体勢では有るのかだが 戦国期の銃の時代では騎馬武者は銃でこうした事はしたのかだが https://t.co/r2jeZONdB3
06-04 19:28

https://t.co/pX29zuMHN9 https://t.co/n2NCT7AHAf 平治物語絵巻のこう言う陣形でも 歩兵の背後から乗馬した騎馬武者が矢を放つ事は 有り得ると言う事なのかだが
06-04 19:47

伊達政宗の22kgの五枚胴具足に 更に大袖や鎖の下シコロ等が付いた様な物なら 重量はどうなのかだが 長巻も5kgは有るのかだが 35kg超等と言う15世紀西欧のイタリア式鎧よりはましなのかだが https://t.co/6ct0QPxiLv
06-04 20:08

体力が無い者では越中的装甲として 胴に必要なら防弾用の前掛胴が追加出来ると言う様な物が 下馬戦闘では生存性は高い可能性も有るのかだが
06-04 20:11

此れに加え軽量な割に耐弾性が有るかも知れぬ https://t.co/LfoW9CWFQC 左の様な小星が装備された廻鉢でも装備する方向も有るのかだが
06-04 20:13

実戦は6割が組討で決着が付くと言うなら 乗馬戦闘でも短時間で勝負は付かず 鎧の重さによる疲労でやられる危険は有るのかだが
06-04 20:16

@Tintonkamakura 戦国期でも弓を撃ちまくって来る連中が相手なら 弓が完全に止まらないとしても重装備の方が良いのかどうかだが 耳川の島津軍は銃は余り使わず弓を放って突撃して来たと言うから そうした連中も1580年台なら 他にも居たかも知れぬが
06-04 20:28

@Tintonkamakura 1590年台でも明や朝鮮軍の弓でやられた者は多いだろうから 彼等相手なら重装備の鎧は割合使えた可能性も有るのかだが
06-04 20:31

@Tintonkamakura 1386年のゼンパハの戦いで スイス軍の馬へのハルバードの攻撃を避ける為に下馬戦闘したハプスブルクの騎士が 山岳地形で疲労してやられているが 山岳地帯でさえ矢を大量に放って来る明・朝鮮軍の様な相手なら 重装備の方が生残性は高く成る可能性も有るのかだが
06-04 20:41

@Tintonkamakura とは言え明・朝鮮軍相手には籠城戦・海上戦が主体と成ったから この際は城壁や盾板の防御が有る故に 鎧は重装化されなかったと言う事なのかだが
06-04 20:45

@Tintonkamakura 板佩楯なら足に密着している部分は少ないから 矢でやられ難いのかだが 鉄製佩楯も一部有るが 鉄であるから重い割に矢の防御力は無い可能性も有るのかだが
06-04 20:52

倒したい者に最大限協力し信用させた後 その者を暗殺し 敵対勢力やその者に余り協力的では無かった味方に暗殺の疑いを掛けると言う様な物も良く有るだろうが 裏切った事の無い名将等を部下として 倒したい者を更に信用させると言う様な物も有っただろうか
06-04 22:02

そうした名将が実は裏で野心を抱いており 自らが暗殺される等すると言う様なパターンも有っただろうか
06-04 22:03

極悪人でさえ完全に信用する様な表向きは聖人的な者が 極悪人さえもやらない様なえげつ無い方法で (表向きは特段悪人と見えない)極悪人を裏切ると言う様な物も有っただろうか
06-04 22:34

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10454-eedbedf2