FC2ブログ

Category

2020.08

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  

06/03のツイートまとめ 

boukenkyuu

https://t.co/vac4fdB5xY これでは槍を構えた際の 前腕部の上の方は保護出来るのかだが https://t.co/CiA2CfuZVu 左の現実の物と同様の構造なのかだが https://t.co/Tk0F62x6QJ 乾隆帝の籠手は裏籠手にも装甲が有る様に見えるが 明と同形式の物なのかだが
06-03 10:38

https://t.co/AiV0yytOdw これも裏籠手が打撃されているが そうでは無い部分と何れの頻度が多いのかだが 小手で決着する比率と言うのは可成り低い様に見えるが 突きや胴は更に低いのかだが
06-03 10:46

https://t.co/UqmjcwAJ4l 剣道では小手が37%程度有るが 薙刀では面と脛が大半で 小手は突きや胴よりは多いと言う所なのかだが
06-03 11:06

雑兵物語に有る様に刀での兜の打撃は 騎馬武者でさえ回避している可能性も有るが 小手の決着が増える訳では無く 肩が打撃される率が増える可能性も有るのかだが 脛が有れば薙刀同様に 小手よりこちらが増える可能性は有るのかだが
06-03 11:09

ティムールも忍者に執拗に狙われれば アサシン等を利用して似た様な集団を作る可能性も有るだろうが 果たしてどうなのかだが 鎖鎌や手裏剣等のコピーも有り得るのかだが
06-03 11:34

https://t.co/zCHamdodR7 刀での戦いでも裏籠手に命中している例は有ると言う事だろうが 比率はどうなのかだが https://t.co/rCvjrFqNfJ
06-03 12:00

組打で短刀を受け流す際は 越中籠手や鎖籠手でも有用なのかだが 脇差で強打されればそれなりの打撃は受け得るのかだが
06-03 12:08

自ら情報迄流して 裏切ると見せ掛け 敵対勢力を最後迄牽制し続けると同時に 最後迄裏切らない事で信用や大義名分も得ると言う様な物も有ったかも知れぬが 何だっただろうか
06-03 12:22

明の片手剣の構えでは左側からの攻撃は裏籠手に命中するだろうが どちらが打撃される頻度が多いのかだが
06-03 12:47

実戦は6割が組討で決着していると言う事は 短時間の勝負では決着が付いていないと言う事かも知れぬし 腕等の装甲が重ければ疲労が増して そうした長期戦では不利と成る危険も有るのかだが
06-03 12:53

https://t.co/fF4HCr6Dhm 左では組討も有るが余り長時間戦っていないが 実戦では慎重な戦いが多く時間は掛かっていた可能性も有るのかだが
06-03 13:15

https://t.co/18lwKlpsi2 明騎兵も左の様な形で馬の速度を利用した斬撃が多いなら 互いにこうした横斬りをするなら裏籠手に当たる確率は低いのかだが とは言え槍から組討をする前に 刀に移行して戦う場合は止まっての打ち合いと成る可能性も高いのかだが
06-03 13:26

https://t.co/VkH6AzNAtn 梢子棍も左の戚継光の歩兵部隊の装備には無いのかだが 明が使用していると言う流星錘も無いし 大刀さえ無いだろうか
06-03 13:48

https://t.co/0zSazGr3BB 明騎兵も左等の絵を見ると 短剣らしき物は無いが https://t.co/MT0fHixHtq 左のフィギュアにも無い様だし 長刀でハーフソード的な事をして組討をしていたのかだが
06-03 14:22

https://t.co/aly6asfiPN イスラム系兵の場合は左のロスタムの様に 短剣が装備されていると言う事なのかだが 明騎兵は同様の位置に短剣は有るのかだが
06-03 14:39

下の古墳時代の日本の刀子の様な物が 明騎兵にも絵には書かれないが実際には装備されていた可能性も有るのかだが https://t.co/hPYrpLw5hR
06-03 14:42

同盟国が敵に襲撃されそうに成っている際に そうした情報を流し 自らは他方の敵に対処しているとして援軍を出さず 同盟国が兵力を裏切りに備えて分散した所を敵が攻撃し 敵と同盟国が消耗した後 救援と称して軍を派遣し敵を打倒 敵だけでは無く同盟国も実質支配と言う様な物も有るのかだが
06-03 15:24

「⑧当世具足の二具(佩楯・脛当)」黒漆塗り鎧兜甲冑鉄砲隊火縄銃古式銃武具骨董面頬胴袖籠手草摺り前立日本刀太刀短刀脇差小札合当理鉄製 https://t.co/XgKTZ9T3IP 脛当の篠が 妙に湾曲しているが 曲がった訳では無いと言う事なのかだが
06-03 15:42

https://t.co/9TeDChLCBp 左のティムールの重騎兵の籠手の手の部分は 板金では無いだろうかし シミターの鍔は横方向は保護されないなら 刀を滑り込ませて打撃されると ダメージを受ける危険も有るのかだが
06-03 16:27

https://t.co/Lj9NpwCaa5 左のティムールの肖像画の様に 手の部分に余り装甲の無い例も この種の籠手には多い様に見えるが
06-03 16:32

https://t.co/yChHfoGptJ 騎士のこの種の非ミトン籠手の指も 当たる場所に拠っては同様の事に成るだろうし 14世紀前期迄は鎖の籠手も多いだろうか
06-03 16:36

https://t.co/1je6YlwviW 14世紀前期だと こうした鎖の籠手も依然多いと言う事だろうか
06-03 16:39

https://t.co/gBUc7i9Lq0 左のミトン籠手の親指は 補強されている方かも知れぬし 通常の籠手と変わらない様な物も多い様に見えるが 果たしてどうなのかだが 15世紀後期に盾が廃れた時代以降の普及なのかだが
06-03 17:05

https://t.co/RgI7UToLHx 左の物も含め親指部分は https://t.co/ZOW5eLKEgR 左のBattle of the Nationsの籠手程は 防御力は無い物も多いのかだが
06-03 17:12

https://t.co/9xkyTUzDKi ゴシック鎧だとミトン籠手の比率は少なく ミトン籠手も親指部分は余り補強が無い様に見えるが
06-03 17:18

https://t.co/ydMQSZ40Cs マクシミリアン鎧はイタリア式がベースであるから ミトン籠手は多い様に見えるが 親指部分の強度は余り無い物が多い様に見えるが
06-03 17:27

https://t.co/NAHcnaMZiA マクシミリアン時代だと左の様な鍔が横にも出た剣が出現し ミトン籠手が銃の運用で消えた後も こうした剣は有ると言う事なら 親指を上から打撃するのは困難と言う事なのかだが
06-03 17:32

https://t.co/amcim3RXxT 片側だけ鍔が横に出ている バスタードソード等も1510年に有るから これはミトン籠手の親指部分を保護する為の物と言う事なのかだが
06-03 17:57

太刀や打刀程度なら割に補強されたミトン籠手の親指部分は保つかも知れぬが 15世紀の騎馬武者の主力武器の大薙刀を受ければ厳しいと言う事は無いのかだが 剣の鍔が横に出ている時代のマクシミリアン鎧でも ランスを両手持ちとして下馬戦闘したら 鍔の保護は無い訳だろうか
06-03 18:22

大薙刀も持ち方に拠っては鍔の保護を それなりに受けられると言う事だろうか
06-03 18:26

https://t.co/nDZUibC1iX 明の甲冑を模した物も Battle of the Nationsに有るのかだが 再現度は今の所余り高くは無い様だが
06-03 19:19

管槍にも管部分に鍔が有るだろうが 戦国期の使用率はどうなのかだが
06-03 19:53

https://t.co/8sTXuoyRcU 十二類合戦絵巻の大身槍には御手杵の様に 鍔が有ると言う事なのかだが 刀身が薙刀程度の長さの有る物なら付けられるのかだが
06-03 20:01

槍相手なら柄に剣を滑らせて手を斬る技が 西欧剣術にも有ったかも知れぬが 剣相手では何故か見ないだろうか
06-03 21:08

https://t.co/EBYWWx4c88 片手持ち剣だとこう言う形で 裏籠手がやられる可能性も有るのかだが
06-03 21:42

https://t.co/Lj9NpwCaa5 印やイスラムで使われる左の籠手も https://t.co/6IR2FWAnYi 関節部にはやや隙間が有ると言う事だろうか
06-03 21:55

https://t.co/lpcf0RMCu1 トルコの16世紀の騎兵の場合はこの部分にも鎖は有るが ティムールの重騎兵ではどうなのかだが
06-03 21:56

https://t.co/lH0SGKTWNQ 左の絵では鎖が有る様に見えるが 現実の物ではどうなのかだが
06-03 22:04

https://t.co/gScsIVq9DF ティムールにやられたトクタミシュの類似の鎧では この部分に鎖は無いが
06-03 22:07

https://t.co/ITvp1xQIpq >トクタミシュの子供のひとりは、タンネンベルクの戦いで知られるジャラールッディーン(英語版)である。  此れはポーランド側での参戦の様だが 上の様な鎧を来た兵がタンネンベルクで大量に居たのかだが
06-03 22:48

https://t.co/cbtPdkSgSz >この戦いにはトクタミシュ・ハーンの息子ジャラール・アッディーン(英語版)とその側近たちが指揮するタタール人の騎乗射手の部隊1000人が参加していた。  と有るから重騎兵は余り居なかったのかだが
06-03 22:56

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10453-8d8c68ff