FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/29のツイートまとめ 

boukenkyuu

そうした古い帽子兜や古頭形兜は 士大将の護衛歩兵の貸具足に回され 槍足軽には無いか 殆ど回らない可能性も有るのかだが
05-29 11:32

https://t.co/9TeDChLCBp 3のティムールの旗手の胴鎧は 草摺同様コートオブプレートや最上胴的な装甲が仕込まれている可能性も有るのかだが こうした物はブリガンダイン的な鎧や鎖よりは少ないのかだが
05-29 11:37

江戸期では有るが角元が有る古頭形兜が 貸具足の兜に改造された例が有るから 戦国期にも有るかも知れぬが https://t.co/5VHvInKrY8
05-29 12:00

騎馬武者用の胴は重いので 古い物でも士大将の護衛歩兵や足軽には回らない可能性も有るのかだが
05-29 12:06

歩兵の装甲も 薄くて安い最上胴や 古い歩兵用の皮包の胴が 関ヶ原辺り迄は可成り残っていた可能性も有るのかだが
05-29 12:09

皮包胴や最上胴の前掛胴や腹当的な物と言うのも有るのかも知れぬが 何処迄使われたのかだが
05-29 12:16

歩兵用の革包胴の皮の色は 革の縅糸の色程には有るのかだが 麻布で包まれた物等は有るのかだが
05-29 12:24

Georg von Leckendorf (1444) https://t.co/VEFEbm2FSX こう言う円形では無い脇のペサギュは 15世紀後期には消えたのかだが
05-29 12:56

https://t.co/xLSleGLNrU 1280年にこんな足甲が有るのかだが ティムールの騎兵にも似た様な物が有るが 第九回十字軍等で戦った イスラム的な鎧が参考とされた可能性も有るのかだが
05-29 13:04

https://t.co/qYLp4ig581 こちらも同時期の像かも知れぬが 果たして当時の物なのかだが
05-29 13:07

https://t.co/Db9nSfYIM5 同時期の英に迄もこうした物が有るのかだが
05-29 13:08

https://t.co/HU7s2Kil8K 1282年にこんな腕鎧は無いと言う事なのかだが
05-29 13:09

https://t.co/2tjGQY3jkS こうした最初期の腕装甲は 西欧独自の物なのかだが
05-29 13:16

https://t.co/nTkP0wAwaA  14世紀の欧にも陣笠的な兜が有るのかだが ケトルハット的な物なのかだが 果たして何処迄使われたのかだが
05-29 13:57

https://t.co/zxDyx9nrrT  こう言う紋の書いた板には鉄板が仕込まれる例も有る様だが こうした大型の物はどうなのかだが
05-29 14:06

https://t.co/vR3SAzhb6n 初期の腕鎧とそうした板が併用される例も有るが 未だ板金の籠手は無い段階でなのかだが
05-29 14:07

https://t.co/YeyXVAf6yX この肩の板は湾曲しているが こうした物が肩甲や腕鎧に変化した可能性は有るのかだが
05-29 14:09

https://t.co/PogAIeqMYM 盾の紋は 日足紋に似ているが 十字架を模した物では無いと言う事なのかだが
05-29 14:21

https://t.co/gjgQ6aWEpK 左は鎖の上に紋が有るのでは無く ギャンベゾンの様な物の上に有るのかだが
05-29 14:31

https://t.co/hphrsrCz0k この籠手は板金では無いと言う事なのかだが
05-29 14:41

https://t.co/S9cdS4jpsi 1330年でもこうした肩の板が使われているのかだが
05-29 14:43

https://t.co/n7x39Xfx08 1334年頃にはこうした板金的な籠手も 出現していると言う事なのかだが
05-29 14:46

https://t.co/r3Q2XUyRUr 肘には篠的な物が入っているのかだが
05-29 14:57

https://t.co/8btiaRGKYp この籠手の手首部分は板金なのかだが https://t.co/Wlz3fNGOx9 同時期の此れは分割された板札が利用されているのかだが
05-29 15:03

https://t.co/mZWvvuLccd 1340年頃でも手足に板金が無い様な者も居るし 金の有る騎士以外はこうした者も多かったのかだが
05-29 15:05

1370年頃に張力440kg等の鉄製クロスボウが登場した後は 金の無い騎士も手足には板金が装備された可能性も有るのかだが 胴はコートオブプレートの侭と言うのも1390年辺り迄は多いのかだが
05-29 15:14

コートオブプレートの侭の者も装甲を重ねる等して 対処していた可能性は有るだろうが 重いので腹の膨れた板金鎧に移行したと言う事なのかだが
05-29 15:19

鉄製クロスボウの出現が無ければ 銃が大量に使用される迄は腹の膨れた板金鎧は出現しておらず 手足の板金装備率もそう高くは無かった可能性も有るのかだが
05-29 15:52

そうした経緯で銃が増えて来たら 日本の様に手足に板金が余り使われぬ侭 胴の装甲のみが膨れて分厚く成っていた可能性も有るのかだが 15世紀後期辺りで水力ハンマー等の整備が進めば3/4鎧の様に手足に部分的に施される板金鎧は 割に量産され普及した可能性も有るのかだが
05-29 15:57

https://t.co/OwkLy9NRdJ ブライテンフェルトでスウェーデン軍が皇帝軍騎兵を撃退した際は 砲の支援は受けていたのかだが 散弾の射程外の様に見えるが 歩兵の銃撃での支援も有ったのかだが
05-29 16:18

https://t.co/eZHf3lg4Fj 本隊のティリーの騎兵撃破時も 砲兵や歩兵の支援は有ったのかだが
05-29 16:20

皇帝軍騎兵もピストルで馬を遠距離から撃ちまくれば スウェーデン軍騎兵に可成り損害は出せる様にも見えなくも無いが 少数に突入されても剣でやられていたのかだが
05-29 16:22

黄瀬川の戦いでは風魔忍者が200人投入された様だが アサシンがこうした大人数で城や陣地に侵入し暗殺等と言うのは有ったのかだが
05-29 17:47

ティムール軍にも手銃はそれなりに有るのかだが 太平記に出て来たひしぎ竹を上に装備した垣盾なら 至近距離で無ければ止まる可能性も有るのかだが
05-29 17:51

魔術師マエケンが奪三振マシンに。秘密は「技」と「力」のバランス。  https://t.co/VPB7LvtyXp >メジャーの打者は対戦回数が少ない頃はボール球も振ってくるが、対戦を重ねるほどにボール球を振らなくなる。  此れはデータを見ての 物なのかどうかだが
05-29 18:06

>「アメリカの方がストライクゾーンが広いって聞いていたけど、こっちの方が無茶苦茶ゾーンは狭い(笑)。  人種差別でストライクゾーンが変わる等とイチローが言っていたが 此れは関係無いと言う事なのかだが
05-29 18:12

>動かすボールが減り、フォーシームに帰還。 https://t.co/gEuqcjzsYg MLBでも36%は4シームであり https://t.co/G35HHrb0xp 少し前に高めの4シームが流行していた訳だろうか
05-29 18:13

明軍ならこの種の銃は大量に有るのかも知れぬが 早合も無いなら発射速度は無く 射程も50mも無いなら 野戦で騎兵を撃退する事は何処迄出来るのかだが 籠城時に重装備の兵を撃退するのには役に立つのかだが
05-29 18:27

「日本代表に必要な選手」香川が3位、本田は8位 https://t.co/OLMQfYKEBK 素人的な者が選んだと言う割には 後ろの方の選手が上位に居るが 現代サッカーでは守備のセンターラインが一番重要なら 川島・吉田・長谷部と言った所なのかだが
05-29 18:37

https://t.co/EmPy7Rj04e >太田道灌は、騎馬足軽を編成しています。もっとも自作農の半農半士のものですが。 関東でも1405年頃には こうした者は居ないのかだが ひしぎ竹装備の盾を運搬していた様な馬足軽は居るのかだが
05-29 19:04

ヴィンランド・サガでバイキングの盾が遠距離からクロスボウで撃ち抜かれているが 革で補強されているし 通常サイズの物ではヘイスティングズ等でも貫通はしていないと言う事なのかだが 城からの射撃で貫通していたから バリスタの様な巨大な物なら貫通すると言う事なのかだが
05-29 20:17

クロスボウはフランクの城から放たれた物だっただろうが フランク王国にバリスタ等は有るのかだが
05-29 20:26

バイキングには二刀流は有ると言う意見も有るが 主人公の様な短剣2本逆手持ち等は有るのかだが 片方が剣を受けられる程度の小剣の順手持ち 片方がナイフ格闘の様な超近接戦用の短剣の逆手持ちと言うのが 妥当な所なのかだが
05-29 20:59

手練の者も弓では割に簡単にやられている場面も有るが ギャンベゾンが有ればニードルボドキン的な鏃が無ければ防げると言う事は無いのかだが 11世紀初期でニードルボドキン的な鏃は有るのかだが
05-29 21:14

https://t.co/hCF1vXuCMh 遅く共10世紀後半には西欧でもギャンベゾンは 有ると言う事なのかだが
05-29 21:16

https://t.co/btI5AZTPpQ ロングボウ兵の様な腕力の無いバイキングの小さい丸木弓程度なら ニードルボドキンでさえそう深手は負わない可能性も有るのかだが
05-29 21:19

https://t.co/E1sSjrsYpy バイキングも張力45kg程度迄のロングボウも有り 合成弓も数は無いかも知れぬが有ると言う事なのかだが
05-29 21:44

眼帯の有るバイキング等も良く書かれるが https://t.co/25rPXKyNXH 左の眼帯の有る16世紀の人物アナ・デ・メンドーサの肖像画も古い物では無いと言う事だっただろうから 眼帯の形状等は分からぬ訳だろうか
05-29 22:16

https://t.co/cYMMlA6H0N この明軍の盾なら 自らの手銃を防げる可能性は有るのかだが 後方の四角い盾は兎も角 前方の円形の物は籐製だから 或いは止まらない可能性も有るのかだが
05-29 22:47

https://t.co/WK13qbsUwW 左の盾も同様の物かも知れぬが 手銃を防ぐ厚みは果たして有るのかだが
05-29 22:50

https://t.co/7GcNwnW7k6 左の結城秀康の肖像画では 脇差に迄尻鞘が有る様にも見えるが 戦国期にこうした例は有るのかだが
05-29 23:02

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10448-22fcb3af