FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/26のツイートまとめ 

boukenkyuu

井上尚弥の衝撃の112秒TKO3階級制覇の裏にあったテレビに映らないドラマ https://t.co/Wrzr7yyjrZ >その体重を聞いた瞬間いけると思った  体重を戻した程には コンディションは戻らないと言う事なのかだが
05-26 11:11

2.1m程度の短槍も 南北朝ー室町前期には有るかも知れぬし 此れのリーチはロングソード程度だろうから 此れの裏刃攻撃が有るならロングソードの裏刃攻撃に類似していると言う事は無いのかだが
05-26 11:34

https://t.co/8sTXuoyRcU 十二類合戦絵巻の兎が持っている様な大身槍の裏刃攻撃は ロングソードの其れに類似していると言う事なのかだが
05-26 12:00

https://t.co/vG565neYmc https://t.co/IfAeQoshOt こう言う明の鱗鎧も絵に有るだろうが 指揮官用であり 下に綿襖甲に有る大型の鉄札が入る可能性も有るのかだが
05-26 12:21

https://t.co/qHc76Rd9l2 左の銀の鎧を着ている者がそうだろうが 通常の兵は下の方に居る者の様に 綿襖甲が装備されると言う事なのかだが 中央に金の鱗鎧らしき物を装備する者も居るが 可成り高位の指揮官なのかだが
05-26 12:25

そうした金の鱗鎧が復元された例は今の所見ないが この種のパルティア騎兵が使うのに似た籠手も 宋時代には無いかも知れぬが 清の鎧の様に大きな袖が有る方が 弓に対する防御には向いていた可能性も有るのかだが
05-26 12:31

https://t.co/SwLIwIkexC 清の鎧の場合腹が出ていて矢への防御力が高く 籠手も手の甲が一部防護される例も有るのかだが ブーツにも装甲が仕込まれる例が有る訳だろうか
05-26 12:47

【ボクシング】井上尚弥にKO負けのマクドネル、体調は「最高の状態だった」  https://t.co/FoNDlysM9I >1番効いたのは左フック  低い位置からこうした高威力の物が出て来る事を 想定していなかった可能性も有るのかだが
05-26 13:14

清の騎兵も強力な満州弓で撃ち合う故に 明の鎧には無い様なそうした防御力が付加されたと言う事なのかだが
05-26 13:59

士鉄砲組には騎馬武者同様に 武家奉公人が付くのかも知れぬが 銃の装填迄はしてたのかだが
05-26 14:01

士弓組の奉公人は予備の矢を大量に携帯していた可能性は有るのかだが 彼等が白兵戦で使う槍も持っていた可能性は有るのかだが
05-26 14:11

下の17世紀の鎧も 兜はバイザー付きだが妙に軽いが 平均的な物なのかだが 3.7mmの胴は7.6kg程度だが 伊達政宗の草摺付き13kg・4mmの物より背面がかなり薄いのかだが https://t.co/KMSXSBK4K7
05-26 15:19

この時代の物でも15世紀のイタリア鎧に似て 左腕の装甲は右より強化されていると言う事なのかだが
05-26 15:21

https://t.co/Rse6L4Ov66 左の様なオランダ商船に積まれていた鎧の厚みは3/4鎧以下だろうから 雪下胴やこれと同程度の重量の和製南蛮胴より 耐弾性は無い可能性も有るのかだが 鎬構造では有る訳だろうか
05-26 15:35

https://t.co/GXSSUwtfqy 左の和製南蛮胴も重量は伊達政宗の胴と同程度の13 兜は4.5kgも有るが ヨーロッパの標準マスケット銃に近い 10匁間狭間筒を近距離で止められる可能性は有るのかだが 衝撃吸収用の満智羅等は装備していたのかだが
05-26 15:39

https://t.co/GBCTihehqa >胴の正面左よりの弾痕が銃弾の痕である城の狭間に据え付けて撃つ、大口径銃身の、いわゆる置き筒で撃たれたものらしく、弾痕は大きな窪みとなっている
05-26 15:49

https://t.co/xzRHJweMit これは13kg程度の胴なのかだが 欧の鎧も攻城戦時には確か胴前面に強化プレートが付けられていたから 10匁間筒程度では貫通はしなかった可能性は有るのかだが
05-26 15:50

https://t.co/9TeDChLCBp ティムールの重騎兵は一部 コートオブプレート時代の騎士程度の装甲は有るのかだが 1405年辺りの西欧の板金鎧装備の騎兵と 騎兵だけで戦っても ワールシュタットの様に弓で馬がやられる等して ティムールの騎兵が勝つのかだが
05-26 16:31

騎士もアルスフの様に障害物を利用しティムール兵の矢が尽きた後 騎兵突撃すると言う様な方向も有るだろうが 騎兵同士の白兵戦でも両手持ち槍でランスを弾かれる等して 敗北する可能性も有るのかだが 騎兵の物量差も有るだろうか
05-26 16:49

アンカラの戦いでは20万のティムールの兵が 12万のトルコ兵に勝利しているが 西欧軍全体でも12万のトルコ兵にさえ 勝てないと言う事なのかだが
05-26 17:11

https://t.co/hTbSXeOGKk ティムール騎兵のペルシャ的なこうした馬上槍術で 騎士が白兵戦でも太刀打ち出来ぬ可能性も有るのかだが
05-26 17:16

ティムールの20万とアンカラで敗北後のトルコ軍残党を全て合わせれば 兵力は40万以上は行くかも知れぬし 此れに勝てる地上戦力は 当時恐らく存在しないと言う事なのかだが 明・朝鮮水軍等が日本に逃れて日本軍と共同で海上戦闘でもしない限り阻止は難しいのかだが
05-26 17:40

ティムールが矢傷で病死しなければ 明征服に5年も掛からない可能性が有るなら 次は日本に攻めて来た可能性も有るだろうが 投降した明軍主体で100万等の兵力が動員された可能性は有るのかだが
05-26 17:47

ティムールも病死せず共寿命は有るだろうし 明・朝鮮水軍残党等の協力等も有れば 5年程度粘っている内にティムールが寿命で死んで 難を逃れると言う可能性も有るのかだが
05-26 17:50

元寇時と比べ日本軍騎兵の白兵戦能力は大太刀や大薙刀装備で増しており 小具足等も増えただろうし 元寇の様にティムールの本隊が来ず明・朝鮮兵が主体なら 数年保ち堪える事は単独でも可能なのかだが
05-26 17:56

ティムールの地上軍はヨーロッパ征服に向かい 日本には水軍力の有る明・朝鮮軍が攻めて来る可能性も有るのかだが
05-26 18:01

明がやられる前に 日本の足利義満に援軍要請を出す可能性も有るだろうが 10万等の大兵力が送られる可能性は有るのかどうかだが https://t.co/bNgCG2tl0X 足利義持は明には否定的だから 1408年以降は軍は引かれた可能性も有るのかだが
05-26 18:09

ティムールの40万等の大兵力に対抗する為に 10万以上の日本軍が派遣された可能性は 明を重視している足利義満なら有り得るのかどうかだが 水上や城を利用しない限り何処迄抵抗は出来るのかだが
05-26 18:20

足利義持が侵略的なティムールの大陸支配を危険と見て 義満死去後も兵を維持する可能性は有るのかだが そうでは無く共斯波義将に説得され1410年迄なら 兵を維持する可能性は有るのかだが
05-26 18:27

https://t.co/9TeDChLCBp ティムール重騎兵も綿襖甲的装甲が主体なら 室町初期騎馬武者の大薙刀や大太刀を防ぐ様な装甲は無いだろうし 下馬戦闘では槍を切断されて斬り込まれる可能性も有るのかだが 槍の打撃技は有るのかだが
05-26 18:33

https://t.co/sVTWJKf6Pr 明軍も最低でも50万は動員出来るだろうが 何処迄抗戦出来るのかだが ティムールがトルコ軍残党やモンゴル系部族を加え同程度の兵に成れば 勝算は無いと言う事なのかだが
05-26 18:43

https://t.co/JW7JRlsvlO 左の片倉重綱の雪下胴には 巨大な袖が有るが 大袖が有る例は果たして有るのかだが https://t.co/5AGTvLDqLN
05-26 19:48

攻城戦時のみ大袖が装備された可能性は 他の具足同様に有るのかだが 伊予札や板札の大型の袖が装備される例の方が多い可能性は有るのかだが
05-26 19:51

@Tintonkamakura 1570年台の最初期の雪下胴なら 大袖が付加される例も多かった可能性は有るのかだが 果たして何処迄使われたのかだが
05-26 20:04

@Tintonkamakura https://t.co/qH4kctmX4v 左の益田元祥の肖像画は 1580年頃以降の物かも知れぬが 現実にこうした大袖が有ったのかどうかだが
05-26 20:14

南北朝期以降刀の湾曲が基本的に少なく成る傾向に有るのは 下馬戦闘の多用で乗馬した騎馬武者が全速で対向して刀を撃ち合う事が無くなった故なのかだが 追撃時逃げる歩兵に乗馬騎兵が刀を切り下ろす程度の相対速度なら 湾曲は余り必要無いと言う事なのかだが
05-26 20:49

1405年辺りなら 騎馬武者の乗馬戦闘も割に有るのかだが 騎射が出来る者は減っているのかどうかだが ティムールの弓騎兵にやられるから そうした騎兵戦と言うのは序盤で断念される可能性も有るのかだが
05-26 20:58

明軍は総兵力100万・騎兵10万程度 ティムールは総兵力50万・トルコ・モンゴル系の者を入れれば騎兵20万程度は有り得るのかだが 派遣される日本軍は総兵力10万・騎兵1万と言う所が限度なのかだが
05-26 21:38

ティムールの兵に城に入り込ませた後 忍者が火を付ける等して指揮官を倒すと言う事は何処迄出来るのかだが ティムール暗殺迄は果たして出来るのかだが アサシン等に狙われた事は有るのかだが
05-26 22:31

夜間ティムールの陣地に 風魔忍者や太平記の畑時能の様に侵入し火を放ったり 防備の薄い場所を太平記の犬獅子の様な忍者犬で探し奇襲攻撃と言う事等は出来るのかだが
05-26 22:36

夜間そうした忍者でティムールの陣地に火を放ち混乱させた後 秘密裏に移動していた騎兵中心の大兵力を突撃させ 重要指揮官やティムールを討ち取ると言う事は出来るのかだが 何度も使える手では無いのかだが
05-26 22:47

夜間とは言え明の10万等の騎兵で 奇襲攻撃と言うのは何処迄出来るのかだが
05-26 22:49

https://t.co/YZzJ2tujPz サルフの戦いでは後金軍が6万の騎兵で夜間奇襲攻撃をしているが 10万の明騎兵で同様の事は可能なのかどうかだが
05-26 23:11

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10445-5e653ae8