FC2ブログ

Category

2019.09

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  

05/22のツイートまとめ 

boukenkyuu

時代武具 甲冑 変わり兜鉄地桃形兜蟹爪脇立鎧兜一式 検/日本刀武士 https://t.co/Xa8rbdXROz こうした斜めに線の入る胴は 戦国期に有るのかだが
05-22 09:39

バインド中の相手の動きを見て 敵の次の行動を察知と有るが バインド中の動きにもフェイントが入る可能性は有るのかだが https://t.co/KwGWGYtmRj
05-22 10:32

足軽の甲冑装備率は多く共半数程度と言う意見も多いが 士大将の護衛歩兵は甲冑は全員装備の可能性も有るのかだが 装備率は槍足軽は可成り多い可能性も有るのかだが 鉄砲足軽の腕の有る者は 前掛胴等が割に装備される可能性も有るのかだが
05-22 10:42

槍足軽も縦深は何列か有ると言う意見も有るし 具足が装備されるのは最前列のみと言う可能性も有るのかだが
05-22 10:44

鉄砲足軽も赤い前列の射撃の上手い者に前掛胴等が有り 後列の装填手には無いと言う可能性も有るだろうが 間に弓足軽が配置される可能性も有るだろうが 彼等は前掛胴等は有るのかだが https://t.co/nXsmSWN7U4
05-22 10:56

津軽屏風では鉄砲足軽は甲冑は皆装備されているが 弓足軽には必ずしも無いから 鉄砲足軽は精度の高い鉄砲足軽を恐らく優先的に攻撃するなら こちらの方に前掛胴が回された可能性も高いのかだが 現実に装備されたのは最前列の射手だけなのかだが
05-22 11:11

とは言え前掛胴では6匁筒を防げるのは 300m程度と言う事は無いのかだが
05-22 11:12

下の前掛胴には小鰭が有るが 基本的に此れの装備は無いのかだが 旗足軽は津軽屏風だと皆具足は有るが 現実にはどうなのかだが こうした前掛胴に外装式の指物固定装置が付けられた例も有るのかだが https://t.co/9NzwTIAmp6
05-22 11:26

加藤清正や立花宗茂の足軽には 胴は無いと言うが 旗足軽にも恐らく無く https://t.co/99OVr8EFZ2 指物は左の洛中洛外図に有る様な固定装置に装備されていたと言う事なのかだが
05-22 11:38

鉄砲足軽は胴は無く共 雨から火蓋を守ると言う鉄砲陣笠装備は多いのかも知れぬが 只の編笠等で代用される例も有るのかだが 弓足軽にはそうした物さえ無い例が多いのかだが
05-22 11:43

https://t.co/rR606QBjuv 脛当が装備される貸具足は 士大将の護衛兵が装備する物と言う事は無いのかだが 籠手は槍足軽なら前衛の物が装備する例は有るのかだが
05-22 11:50

貸具足の面頬は飾りでは無く 確実に装備された物なのかだが 士大将の護衛兵用の物なのかだが 鉄砲足軽用と言う脛当迄有る重装備の貸具足は実際は士大将の護衛兵用の物か 或いは精鋭部隊用の物なのかだが
05-22 11:53

津軽屏風だと 行軍中の弓・槍足軽は胴は無いが 鉄砲足軽には有るが 現実の甲冑装備率を反映してるのかだが https://t.co/Pm7cmhLtfB
05-22 12:26

津軽屏風の戦闘している鉄砲足軽も 胴は皆装備しているだろうが 現実には最前列の上手い射手だけ装備と言う事は無いのかだが https://t.co/M0gh0EL9Hc
05-22 12:35

家康の護衛歩兵には籠手・脛当は無いが 実際はどうなのかだが 長巻兵には胴は有るが 精鋭的な兵なのかだが https://t.co/X7pYES0RQk
05-22 12:45

籠手は有るが脛当は無い歩兵らしき者も書かれるが 果たして歩兵なのかだが https://t.co/mty0BZdEWO
05-22 12:47

甲冑を装備して戦闘する弓足軽もそれなりに書かれるが 余程弓が上手い者及び小頭以外は無い可能性も有るのかだが https://t.co/WD0Hz9OkGY
05-22 13:00

足軽小頭も 脛当迄の装備は有るのかだが
05-22 13:05

https://t.co/ewXpwKv3r3 左の高崎藩の小頭具足には 脛当は無いだろうか
05-22 13:14

装甲の無い羽織装備の槍足軽等に 指物が外装される例は何処迄有るのかだが
05-22 13:44

士鉄砲組等も武田軍には居るが 白兵戦中にも射撃を行う兵なのかだが 備1つに3-5人 高精度の射撃が出来るそうした者が居るのかだが https://t.co/L8ilvayJ3w
05-22 14:08

弓侍と言うのも 白兵戦中にも矢を放つ兵なのかだが 高精度の強い弓が使用されている例も多いのかだが https://t.co/0zkDVKjb4o
05-22 14:12

士弓組だから皆騎射迄出来ると言う訳では 無いと言う事なのかだが
05-22 14:14

騎馬武者の弓を持つ兵は 足軽では無く武家奉公人なのかだが 前に居る若党と言うのは https://t.co/W1JRM9tFWG 武家奉公人では無く 足軽と徒侍の中間の者なのかだが https://t.co/yothVGS5qy
05-22 14:20

具足の無い足軽は指物は無く 羽織で敵味方を識別 具足が有る場合は羽織では無く指物が装備される例の方が多い可能性も有るのかだが
05-22 15:00

4の様な位置からも脇の隙間は 果たして突けるのかだが https://t.co/cIhu3kG9sb
05-22 15:10

この位置から肘の隙間を突く或いは 脇の隙間の腕の側を突くと言う様な方向も有るのかも知れぬが 鍔で防護される可能性も高いのかだが https://t.co/Dy7nCrzq1a
05-22 15:20

Scale Armor, Part 2 - Time to Shoot It! https://t.co/AYqaHHSb72 張力440kgのクロスボウも 20ゲージ(1mm)の鉄板を割に貫けないが 衝撃は受け鱗札の間に飛び込めば致命傷に成り得るのかだが ラメラーではこうした事は無い訳だろうか
05-22 15:40

アッシリアがラメラー甲冑を発明した後も スケイル鎧はローマ帝国や暗黒時代の欧でも使われたが コストがラメラーより安い故なのかだが
05-22 16:01

Jessica shows us some Ringen techniques! https://t.co/C6NRCxrs1i 初期ゴシック鎧を装備する者も居るが 現実の物は肩の円盤はやや小さく 首や腰部の装甲は板金製と言う事は無いのかだが 腰部装甲が鎖の例は15世紀前期の絵にも書かれるだろうか
05-22 16:13

https://t.co/c4AMLl0YAr  初期ゴシック鎧も左を見ると草摺は鎖の例も多いが ゴシック鎧同様に下馬戦闘を考慮した物なのかだが
05-22 16:20

https://t.co/w4gSWEyfUC 初期ゴシック鎧でもサレットが組み合わされている例が 1410年頃からも多いが 此れがゴシック鎧でも続いたと言う事なのかだが
05-22 16:25

https://t.co/6iVzrXRqro 右下の様な物がゴシック鎧に変化したのかだが 後ろに有る様なバシネット装備の例も未だ多いのかだが
05-22 16:30

https://t.co/T6ARioc2OK ゴシック鎧時代でも 古い角ばった形質を残した物は有るだろうし 16世紀でも一部こうした例は有っただろうか
05-22 16:44

鍔を上に上げられて 下方向に余り突けなくされる可能性も有るのかだが
05-22 17:11

サレットの下部の隙間を突く技と言うのは 何処迄使われたのかだが
05-22 17:50

https://t.co/ll8gtJRqXc 1420年にサレット+頬当が有るのかだが 草摺はゴシック的では無いが
05-22 18:12

盾も基本的に使われているから 古い時代の物なのかだが 初期ゴシック鎧とこうしたサレット・頬当の組み合わせは有るのかだが
05-22 18:15

基本的に最後に勝つ為にのみ動くが その間自己が犠牲と成らぬ範囲で 世界を面白くしようと動こうと言う者も漫画等で居たかも知れぬが 現実にそうした者は居るのかだが
05-22 18:27

途中で最後に勝つ事より主人公を最後に勝てぬ迄も 強い敵に正面から勝たせる等して目立たせる事を優先すると言うパターンも有るだろうか
05-22 18:27

https://t.co/zOhIA3Xcle 1370年にサレットは既に有るのかだが 頬当は1410年以降の登場なのかだが
05-22 18:40

https://t.co/Dp553JNuYz 1430年頃のサレットが有るが 此れ以前の物は現存するのかだが
05-22 18:58

https://t.co/vDsDdk52eD サレットも初期の物は横が余り開いていないと言う可能性も有るのかだが
05-22 19:03

アーメットの下部も固定式では無いなら 隙間から突きは入れられたかも知れぬが
05-22 19:25

https://t.co/YjxWklES5R アーメットの首部も 隙間は有るにしても 狭い例は多いのかだが
05-22 19:27

https://t.co/g68qNgKesZ グレートバシネットの首部にも前書いた様に 隙間が有ると言う事だろうか
05-22 19:39

https://t.co/xeWXFDXY06 マクシミリアン兜の首部にも前書いた様に隙間は有るが 下からは突き難い位置に有るだろうか 以後に出て来たフィールドアーマーも同構造の物が多いのかだが
05-22 19:41

https://t.co/WcuqVtoItQ 左のアルトドルファーの絵の様に ランスがそうした首の隙間に飛び込む可能性は 横に逸れるから低いと言う事なのかだが
05-22 19:49

https://t.co/9c0SqmXvjR 左の様なフルヘルメットの首部の隙間は有るだろうが https://t.co/gPwuQjk4R6 左の様なタイプでは無いと言う事なのかだが 前者の方が多いが この時代には実戦使用は https://t.co/oy376jnPKp 左の様な首下に隙間の有るバーゴネットが大半なのかだが
05-22 20:01

https://t.co/pza9UmUhhm 左の様なバーゴネット装備の騎銃兵が 1540年以降は数が多く https://t.co/qL9U3n2PS9 左の様な槍騎兵は1590年辺りで西欧からは消えたと言う事だっただろうか
05-22 20:06

https://t.co/pxMtZVrmFt こう言う完全鎧的甲冑も割に書かれるが 1540年辺りで実戦使用は無いのかだが
05-22 20:09

https://t.co/iMXrbLysn2 左の3/4鎧装備の槍騎兵はバーゴネット装備では無いが 果たして何処迄居たのかだが
05-22 20:20

https://t.co/wn5yna7dGo 17世紀のこうした鎧の首下部も隙間が有るが 騎兵が剣を使う事は仏とスウェーデン以外は西欧では余り無いのかだが
05-22 20:32

こうした首への斬撃は板金鎧の兜には通用するのかだが ゴシック鎧の頬当以外の首が固定されていないタイプの物なら 腕力が有れば一定の衝撃は与えられるのかだが https://t.co/GesNFxz260
05-22 21:00

そうした非固定式の頬当の上からの斬撃なら パワーが有れば脳に衝撃を与えて動きを鈍らせ その間に隙間を突いたり組み伏せる事は可能と言う事なのかだが ゴシック鎧でもバイザーや兜鉢を打てば同様の事に成るのかだが
05-22 21:06

頭以外であれ強打されれば 一瞬なら動きは鈍り得ると言う事だろうか
05-22 21:32

フェイントを入れてから打撃に弱い部分以外でも良いから強打して 一瞬動きが鈍った所を隙間を突くか 組み伏せると言う様な方向も有るのかだが
05-22 21:36

鎧だけでは無く武器や盾を強打する事でも 同様の効果は得られ得るのかだが
05-22 21:40

そう言う剣速を利用した戦い方で無いと 打刀の1刀では大型の鍔が有りハーフソードの柔軟性の有るロングソードには不利かも知れぬが 2刀なら通常の打ち合いでも勝てる或いは優位に出来る可能性は有るのかだが
05-22 21:52

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://boukenkyuusha.blog72.fc2.com/tb.php/10441-41c18cae